昆虫

2024/05/21

キクイゾウムシの一種

 体長4mmほどの小さな細長いキクイゾウムシ。ちょっと変わった外見をしていて、初めはゾウムシ科とは分からなかった。この仲間は写真では同定ができない上、未記載種もかなりあるらしい。ということでキクイゾウムシの一種ということまでしか分からない。ハンノキコブキクイゾウムシまたはマツコブキクイゾウムシの可能性が高いのではないかと思うが、同定は不可能。ゾウムシ科、キクイゾウムシ亜科。

P5200008

2024年5月20日 北海道十勝地方

 

2024/05/20

ウスキモモブトハバチ

 今日は、まるでスズメバチのような黄色と黒の大型のハチを見つけた。大きくてなかなか迫力があるが、近づいて見るとスズメバチではない。翅は4枚あるのでスズメバチに擬態したアブでもない。良く見ると触角の先端が膨らんでこん棒状になっている。家に帰って調べるとコンボウハバチ科のモモブトハバチの仲間だと分かった。北海道に生息しているモモブトハバチはキイロモモブトハバチ、カラフトモモブトハバチ、ウスキモモブトハバチの3種だが、脚の色や腹部の模様から、ウスキモモブトハバチだと思う。体長は20mmくらい。エゾマツなどの花粉が飛散する季節のために、体中に花粉が付いている。

P5200019

2024年5月20日 北海道十勝地方

 

2024/05/19

キンケクチブトゾウムシ

 今日は、冬のあいだ室内の窓辺に置いていたゼラニウムの鉢を外に出したのだが、植木鉢の受け皿に黒っぽいゾウムシがいるのに気が付いた。室内にゾウムシの成虫? ということで写真を撮り調べてみると、キンケクチブトゾウムシというヨーロッパ原産の外来種であることが分かった。北海道では1993年に見つかり、北海道ブルーリストにも載っている。飛ぶことができないのだが、一体いつ入り込んだのだろう?
 ゼラニウムの鉢は、毎年、5月下旬頃に外に出して、寒い時期は室内に取り込んでいる。室内にはほかに植物の鉢植えはない。ということは、昨年屋外に出したときに成虫がゼラニウムの鉢(土や枝葉など)に産卵し、最近になって羽化したのではないかと思う。
 体長は11mmほどで、上翅には黄褐色の斑点がある。写真を拡大してみると、この斑点は毛の塊であることが分かる。また、雌が単為生殖をして増えるという。ちょっと厄介な外来種のようだ。

P5190011

2024年5月19日 北海道十勝地方

 

2024/05/18

アカヒゲドクガ

 灰白色のドクガ。前翅の前縁(内横線と中横線の間)に黒い環状紋があるのが特徴。幼虫はブナ科の樹木の葉を食べる。写真の個体は前翅長30mm。ドクガ科。

P7080001

2022年7月8日 北海道十勝地方

 

2024/05/17

リンゴドクガ

 雌は全体的に白っぽく、雄は2本の横線の間が濃色になることが多い。脚や胸部は毛でおおわれてモフモフしている。前翅長は20mmほど。幼虫は広食性で、バラ科のほかにヤナギ科、ブナ科、クルミ科、マメ科などの様々な樹木の葉を食べる。幼虫の姿も特徴的で、色彩も白、黄、ピンクなどがありなかなか美しい毛虫。ドクガ科。

P6260013

2023年6月26日 北海道十勝地方

 

P8220022

幼虫 2021年8月22日 北海道十勝地方

 

P9230002

幼虫 2021年9月23日 北海道十勝地方

 

2024/05/12

マツオオエダシャク

 前翅には内横線、中横線、外横線の3本の黒褐色の横線があり外横線は鋸歯状。また、中横線と外横線は後縁で接近する。幼虫は広食性でマツ類やイチイなどの針葉樹のほか、バラ科やブナ科などの葉を食べる。前翅長は20mmくらい。シャクガ科。

P8260022

2022年8月26日 北海道十勝地方

 

2024/04/27

ナカグロホソキリガ

 散歩コースにある建物の壁に止まっていたナカグロホソキリガ。全体的に淡灰褐色の地味な色をした蛾だが、前翅後縁寄りの中央あたりに黒褐色の斑紋がある。成虫で越冬し晩秋と早春に見られるという。写真の個体は前翅長約20mm。ヤガ科キリガ亜科。

P4260019

2024年4月26日 北海道十勝地方

 

2024/04/24

ナカスジシャチホコ

 前翅の上(前方)半分がグラデーションのある茶色で、下(後方)半分が淡灰褐色をしており、中央に多角形のこげ茶色の斑紋がある。特徴的な斑紋のシャチホコガで同定に迷うことはない。幼虫はバラ科植物を食べる。前翅長は20mmくらい。シャチホコガ科。

P6300007

2022年6月30日 北海道十勝地方

 

2024/04/22

ハイイロシャチホコ

 和名の通り、全体的に灰色で、前翅には黒い条がある。幼虫の食餌󠄀植物はカエデ類。写真の個体は前翅長20mm。シャチホコガ科。

P7130007

2022年7月13日 北海道十勝地方

 

2024/04/21

カエデシャチホコ

 黒い外横線を境に、内側はこげ茶色、外側は淡い灰褐色をしたシャチホコガ。内横線は淡色で大きく波打つ。幼虫はカエデ類やトチノキの葉を食べる。前翅長は20mmくらい。シャチホコガ科。

P7250027

2022年7月25日 北海道十勝地方

 

より以前の記事一覧

フォト

twitter

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ