植物

2024/05/09

キバナノコマノツメ

 黄色い花を咲かせるスミレで、北海道では山地から高山帯に分布する。花の径は10~15mmほどで、唇弁には紫褐色の条がある。葉は円く浅い鋸歯がある。和名はこの葉の形が馬の蹄に似ていることからつけられた。

Dscn3745

2008年6月4日 北海道十勝地方

 

2024/05/08

ウスバスミレ

 針葉樹林帯で見られるスミレで、葉は円形で浅い鋸歯があり、薄くて柔らかい。花は白色だが、唇弁には紫色の条がある。上の2弁は後方にそっくり返る。草丈は5~8センチくらい。

P6070014

2021年6月2日 北海道十勝地方

 

2024/05/07

シロスミレ

 湿った草地などに生え、草丈は10~15センチくらい。葉はへら状で長く、葉身より長い葉柄を持つ。径2センチほどの白い花を咲かせ、唇弁には紫色の条が入る。また、側弁の基部には毛が生える。

P5260058

2022年5月26日 北海道十勝地方

 

2024/05/06

ツボスミレ

 草丈は5~20cmほどで、5月~6月頃に径1センチほどの小さな白い花をつけるスミレ。唇弁には紫色の条があり、側弁の基部には毛が生える。別名ニョイスミレ。

P5250013

2022年5月25日 北海道十勝地方

 

P5270011

2023年5月27日 北海道十勝地方

 

2024/05/05

エゾノタチツボスミレ

 タチツボスミレの仲間だが、直立する地上茎があり草丈が20~40cmほどになる大型のスミレ。白~薄紫の花を咲かせる。

P1090178

2019年5月24日 北海道十勝地方

 

2024/05/04

イソスミレ

 海岸の砂地に生育するスミレで、青紫の花を咲かせる。葉は厚みと光沢ある。海岸の砂浜の減少によりイソスミレの生育地も減っており、絶滅が懸念される。日本固有種。

P1030612

2012年5月13日 北海道石狩地方

 

2024/05/03

スミレ

 スミレという和名のスミレで、道端や草地などで見られる。青みがかった紫色の花を咲かせる。葉はすべて根生葉で、細長い。

P1030576

2012年5月13日 北海道石狩地方

 

2024/05/02

サクラスミレ

 直径25mmほどの大きな花をつけるサクラスミレ。花弁の先が桜にようにへこむことからサクラスミレの和名がつけられたという。淡紅紫色の花をつけるが、花の色には変異があるようだ。側弁の基部には白い毛が生える。

P1070857

2017年5月18日 北海道十勝地方

 

2024/05/01

オオタチツボスミレ

 タチツボスミレが咲く頃に、タチツボスミレに似た藤色の花を咲かせるが、オオタチツボスミレは花の距(後方に突き出ている袋状の突起)が白いのが特徴(タチツボスミレの距は紫色)。

P5260017

2020年5月26日 北海道十勝地方

 

2024/04/30

タチツボスミレ

 道端などで見かけるごくありふれたスミレだが、オオタチツボスミレとよく似ている。タチツボスミレの花の距(花の後方に突き出ている袋状の突起)は紫色をしているが、オオタチスボスミレは白い。また、タチツボスミレの花柄は葉のつけ根あるいは根元からでるが、オオタチツボスミレの花柄は茎頂またははのつけ根から出て根元からは出ない。

P5200002_20240430204401

2023年5月20日 北海道十勝地方

 

より以前の記事一覧

フォト

twitter

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ