« 2024年6月 | トップページ

2024年7月

2024/07/18

キタウンモンエダシャク

 今までキタウンモンエダシャクは見たことがなかったのだが、今年はよく目にする。蛾も年によって発生数がかなり異なるようだ。翅は全体的に暗い色彩をしており横線も黒いが、外縁にそって褐色の帯がある。また、腹部背面に白いラインがありよく目立つ。幼虫はヤナギ類を食べる。前翅長は23mm前後。シャクガ科。

P7090011

2024年7月9日 北海道十勝地方

 

2024/07/17

コスジシロエダシャク

 遠くから見ると白いシャクガに見えるが、近づいて見ると白い地に3本の淡い黄褐色の横線があり、翅全体に灰色の短線が散らばっている。雄は、前翅後縁の毛が黄褐色になる。幼虫の食餌󠄀植物はカバノキ科。前翅長は15mm前後。シャクガ科。

P7170021

雌 2024年7月17日 北海道十勝地方

 

2024/07/16

ネグロトガリバ

 前翅がこげ茶色と灰白色に染め分けられた特徴的な斑紋を持つ美しいトガリバ。幼虫はクルミ科の葉を食べる。前翅長は24mm。カギバガ科。

P7120001

2024年7月12日 北海道十勝地方

 

2024/07/15

足るを知る

 斎藤幸平さんの「人新世の『資本論』」はベストセラーとなりかなりの部数が売れたようだ。とは言うものの、やはり大多数の人たちが今も資本主義を支持し、経済成長を支持しているのが現実だろう。つい先日も、脱成長を批判する投稿をX(旧ツイッター)で見かけた。

 

 いったいなぜ、そんなに資本主義や経済成長に頼りたい人が沢山いるのだろうか? ソ連や中国の社会主義がダメだったから資本主義しかないと思っている人も多いのかもしれないけれど、だからといって経済成長を続けなければならない理由にはならない。ちなみに斎藤幸平氏は、「20世紀に社会主義を掲げた国の実態は労働者のための社会主義とは呼べない単なる独裁体制にすぎなかった。それは資本家の代わりに党と官僚が経済を牛耳る『国家資本主義』だったのです」と「ゼロからの『資本論』」で書いているが、私もその通りだと思う。

 

 私たちの住む地球は、人類によって大きく破壊されてしまった。原生林は次々と伐採され、湿地は埋め立てられ、人の手の加わっていない自然はどんどん無くなっている。自然破壊に伴って多くの生物が絶滅したり絶滅の危機に立たされて生物多様性が破壊されている。

 

 海も陸地も大気も化学物質で汚染され、その汚染物質を体内に取り込んだことで生物も汚染されている。私たち人間は紛れもなくこの地球上の生態系の一員であり、自然環境がなければ生きていけない。自然によって生かされている存在だ。そして、すでに人類の危機は始まっている。それなのに、経済成長、経済成長といって自然を破壊し、環境汚染を続け、自然を蝕んできた。経済成長とはいずれ自分達の首を絞める行為に他ならないのに、なぜそんなに経済成長に捉われてしまうのだろう?

 

 それは「足るを知る」という精神を忘れてしまったからではなかろうか。

 

 長く生きていて実感するのは、人が生きていくために必要なものはそれほど多くはないということ。しかし、次から次へと物をつくりだしては捨てるという資本主義によって、私たちは不要なものまで大量に所有するようになってしまった。私自身も例外ではない。少しずつ物の整理をしてきたが、なぜこれほど物を溜めてしまったのかと思う(もらいものが多いのだが)。

 

 そんな生活に慣れた結果、「毎日同じ服を着ているわけにはいかない」とか、「新しい機種が出たから買い換えよう」というような思考になってはいないだろうか?

 

 人の欲とは際限がないもので、店先に素敵な衣類が売られており金銭的に余裕があれば衝動買いをしてしまうこともあるだろう。しかし、その結果は大量の衣類を所有することになり、古い(といってもまだまだ十分に着られる)ものを処分するようなことになってしまう。私たちの生活はこうやって資本主義によって大量に作り出された「商品」に振り回されている。

 

 しかし、欲しい物を手に入れることができたところで、嬉しいのははじめのうちだけで、大抵はすぐに「もっといい性能のものが欲しい」「新しい製品が欲しい」という欲望が湧いてきて際限がない。そして、物質的な豊かさが、人の幸福感と結びついているわけではない。お金を持っていれば安心感はあるかもしれないけれど、しかし、お金持ちが幸福とは限らないし、質素な暮らしをしていても精神的に安定して幸せな人は沢山いるだろう。むしろ、精神的に安定している人こそ、物に執着しないのではないかと思えてくる。

 

 狩猟採集生活をしている民族は今も少数いるが、まさに「足るを知る」という生活を続けている。もともと生物というのはそういう暮らしをしてきたからこそ現代まで生き延びてきたはずだ。

 

 「脱成長」というと、「江戸時代の生活に戻る気か?」と言い出す人がいるが、何も今の利便性をすべて手放して昔の生活に戻れなどとは言っていない。本当に必要なものだけを生産し、生み出した商品はできるだけ平等に分けてなるべく長く使うような社会に転換していけばいいだけだ。もちろん簡単ではないけれど、そういう方向転換をしない限り、地球は持たない。

 

 人類は、もういい加減にこのことに気づいていいのではないか? 資本主義に毒された人たちに必要なのは、まさに「足るを知る」という精神だと思う。

 

2024/07/13

サラサエダシャク

 まるでチョウのように翅を閉じて止まっているシャクガがいた。まずは閉じた状態の裏側の写真を撮り、その後、翅の表側を見たいと思ってちょっとつついてみたが、どうしても翅を開いてくれない。家に帰って調べると、サラサエダシャクと分かった。そして、ネット上の写真も翅を閉じているものが圧倒的に多い。このエダシャクは翅を閉じて止まるのが通常の変わり者のようだ。幼虫はブナ科、クルミ科、バラ科など様々な樹木の葉を食べる。前翅長は14mm。シャクガ科。

P7120018

2024年7月12日 北海道十勝地方

 

2024/07/12

コエゾゼミの羽化

 エゾハルゼミの声が聞かれなくなるとコエゾゼミが鳴き始め、いよいよ夏も盛りの季節になる。今朝の散歩ではコエゾゼミの羽化を見ることができたので、その様子を紹介したい。およそ1時間で翅はほぼ伸びきったのではないかと思う。羽化したての淡いエメラルドグリーンの翅は何とも美しい。

 

5時32分 見つけた時。

P7120015

 

5時52分

P7120047

 

6時8分

P7120062

 

6時36分

P7120100

2024/07/11

フトオビヒメナミシャク

 擦れて斑紋が不明瞭だが、前翅には黒い内横線と外横線があり、内横線の内側には濃褐色~黒褐色の帯、外横線の外側には赤褐色の帯がある。幼虫はマツ科の球果を食べるそうだ。前翅長14mm。シャクガ科。

P7010009

2024年7月1日 北海道十勝地方

 

2024/07/10

キスジハイイロナミシャク

 灰色の地に褐色と黒の横線をもつナミシャクで、特に褐色の横線が目立つ。前翅長は10mmほど。シャクガ科。

P7010006

2024年7月1日 北海道十勝地方

 

2024/07/09

カバイロアシナガコガネ

 とても特徴的な斑紋がある褐色のコガネムシ。体には粉がついていて、はがれると斑紋が不明瞭になるらしい。この写真では分かりづらいが、後脚がかなり長い。写真の個体は体長9mm。コガネムシ科。

P7080039

2024年7月8日 北海道十勝地方

 

2024/07/08

ヒョウモンチョウに寄生したヤドリバエ

 6月18日のこと、ヒョウモンチョウと思われるチョウの蛹を見つけた。つついてみると、ピクピクとよく動く。子どもの頃からチョウの蛹を見つけると持ち帰るのが好きだった私は、「まあ、このあたりでよく見かけるヒョウモンチョウが出てくるのだろう」と思いつつも持ち帰ってみた。いい歳をして、子どものようなことをやっている。

P6180025

 

 ぶら下がっているタイプの蛹はぶら下げておかないとうまく羽化できないので、プラスチック容器の蓋に接着剤で止めてぶら下げておいた。ところが、持ち帰って1、2日経ったら蛹を触っても動かなくなってしまった。何か嫌な予感。

 

 23日の朝に容器を見ると、10mmくらいの蛆虫が容器の中をうごめいている。やはり寄生されていた。蛹が動かなくなった時点で、チョウは死んでしまったのだろう。幼虫が容器の中をしきりに動き回っているので、これは土に潜って蛹になるタイプではないかと思い、容器の底に浅く土を入れてみると、すぐに潜ってしまった。

P6230007

 

 そして7月5日の朝、大きなハエが羽化していた。大きさは12mmほど。種名は分からないががヤドリバエのようだ。

P7050058

 

 子どもの頃にアゲハチョウの幼虫をよく飼育した。蛹からチョウが羽化するのを楽しみにしていたら、ある日、飼育容器の中をハチがブンブンが飛び回っていてびっくりしたことがある。その時にチョウにハチが寄生することがよくあるのだと知った。宿主のチョウは気の毒だが、自然の摂理なので仕方ない。寄生をするハチやハエも、自分の子孫が生き残れるように必死なのだろう。

 

 こちらは羽化に失敗したヒョウモンチョウ。蛹になる場所が悪かったのだろう。まだ生きていたが、蛹から抜け出ることができてももう翅は伸びないので飛ぶことはできない。当たりまえだけれど、野鳥などに食べられず、寄生もされず、羽化にも失敗せずに無事に成虫になり優雅に飛び回るチョウは、ごく一部にすぎない。

P7070004

2024/07/07

コヨツメアオシャク

 前翅、後翅それぞれに一つずつ白く縁どられた褐色の斑紋をもつ、緑色の綺麗なシャクガ。写真の個体は触角が櫛歯状なので雄。幼虫はズミやヒサカキ、タラノキなど様々な植物を食べるようだ。前翅長は10mm前後。シャクガ科。

P7060072_20240707211701

2024年7月6日 北海道十勝地方

 

2024/07/05

バラシロエダシャク

 白い地に黒い帯と斑紋があるエダシャクで、斑紋は個体によって濃淡や大きさに変異があるようだ。幼虫はバラ科植物の葉を食べる。写真の個体は前翅長15mm。シャクガ科。

P7020019

2024年7月2日 北海道十勝地方

 

2024/07/04

ヨツメヒメシャク

 翅の地色は淡いベージュで、前翅と後翅にそれぞれ一つずつ灰褐色の輪で囲まれた白点がある洒落た感じのヒメシャク。寒地に生息する蛾。幼虫はカバノキ科の植物を食べる。前翅長は11mmくらい。シャクガ科。

P7010016

2024年7月1日 北海道十勝地方

 

2024/07/03

香害という公害

 我が家には香料の入った製品はほぼない。私が香料に過敏で匂いで体調を崩してしまうために、香料の入った製品を買わないようにしているからだ。洗濯や台所用の洗剤は香料無添加の粉せっけん、洗面所やお風呂の固形石鹸も香料無添加、シャンプーは湯シャンなので使わない。トイレの洗剤の匂いがきつくて辛かったが、これはクエン酸に変えることで解決した。化粧はほぼしないが、稀に化粧をするときは香料無添加のもの。化粧水は精製水ににがりを入れたにがり化粧水を使っている。

 

 子どもの頃は洗剤などに含まれる香料はさほど気にならなかったが、次第に香料で具合が悪くなるようになった。たとえば電車の中での化粧品の匂い。若い頃は電車で通学、通勤をしていたが、女性専用車は化粧品の香りが充満していて気持ちが悪くなるのでなるべく避けていた。決定的に香りがダメだと悟ったのは、若い頃に入っていた合唱団の公演のとき。化粧をした女性の集団の中でライトを浴びているうちに頭痛と吐き気に襲われて立っていられなくなり、そっと舞台の袖に引っ込んだ。

 

 今は北海道の片田舎に住んでいて人混みにはほとんど行かないので、こうした香りによる被害はほぼなくなったが、それでも外を歩いていて少しだけ開けた窓から室内干しの柔軟剤の匂いが漂ってくるだけで、足早に通り過ぎる。柔軟剤がいつ頃から流行り始めたのか覚えていないが、柔軟剤の匂いは香料過敏症の人にとっては強烈で、一刻も早くその場から離れたくなる。

 

 恐らく柔軟剤が登場してからだと思うが、それまで以上に匂いで体調を崩す「香害」を訴える人が多くなったように思う。柔軟剤には香り成分を閉じ込めるマイクロカプセルが用いられていることが関係しているのだろう。マイクロカプセルを衣類に付着させ、香りをより長く維持しようということのようだが、当然、人がそれを吸い込むことになる。

 

 柔軟剤の香りが好きな人にとってはその香りが心地よいのかもしれないが、香りに過敏な人は頭痛や吐き気などで大変なことになる。実際に、外出できなくなってしまう人もいるという。ある人にとっては心地よくても、一部の人にとっては害悪でしかない。それに、今は心地よいと思っている人も、日常的に大量の化学物質を吸い込んでいることに変わりはなく、健康にいいわけがない。今は大丈夫でも、そのうち何等かの悪影響が出てくるのではなかろうか。匂いに過敏な人は「炭鉱のカナリア」なのだから、過敏症の人が増えてきているということは、「このままだと危険」だと警告していることに他ならない。

 

 衣類に香りがなければ困るなどということは決してない。一部の人の好みのために、有害な化学物質をまき散らして他者の健康を害するのであれば、公害でしかない。なぜそこまでして衣類に香りをつけようとするのか、私にはさっぱり分からない。

 

 国が洗剤や柔軟剤などへの香料の添加を禁止すればいいだけの話なのだが、なぜか一向にそのような方向に向かわない。多くの人がマイクロカプセルという化学物質を吸い込んでしまっていることの危険性を認識するべきだと思う。

 

 洗剤や柔軟剤、化粧品などに含まれる香りが好きな人がいるのは分かるけれど、すでに「公害」となっている以上、使用を慎んでほしいと痛切に思う。

 

2024/07/01

リンゴツノエダシャク

 黒いくっきりとした内横線と外横線があり、内横線の内側と外横線の外側には赤褐色の帯がある。幼虫は広食性で、バラ科、ブナ科、ヤナギ科、ニレ科などさまざまな植物を食べる。写真の個体は前翅長26mm。シャクガ科。

P6290013

2024年6月29日 北海道十勝地方

 

« 2024年6月 | トップページ

フォト

twitter

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ