« エルモンドクガ | トップページ | ツマモンヒゲナガ? »

2024/06/13

ウスベニヒゲナガ

 今頃の季節になると、驚くほど長い触角を持った小さな蛾に出会うことがある。ヒゲナガガの仲間だ。黄色い亜外縁斑が放射状になっていることから本種と同定した。写真の個体はコンロンソウで吸蜜する雄。雌の触角は雄ほど長くない。前翅長は9mm前後。ヒゲナガガ科。

P6080035

2021年6月8日 北海度十勝地方

 

« エルモンドクガ | トップページ | ツマモンヒゲナガ? »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エルモンドクガ | トップページ | ツマモンヒゲナガ? »

フォト

twitter

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ