« エゾタヌキ | トップページ | ハミスジエダシャク »

2023/12/26

ウスジロエダシャク

 フトフタオビエダシャクに似ており同定が難しいが、本種の方が小型。また、前翅の外横線は後縁に対してあまり斜傾しない。幼虫は広食性で、様々な植物の葉を食べる。写真の個体は前翅長13mm。シャクガ科。

P7260032

2022年7月26日 北海道十勝地方

 

« エゾタヌキ | トップページ | ハミスジエダシャク »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エゾタヌキ | トップページ | ハミスジエダシャク »

フォト

twitter

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ