« クスサン | トップページ | 新型コロナワクチン後遺症患者の会と民主的組織運営について »

2023/09/01

不思議な形の謎の繭

 散歩道にある柵の杭に、何かついているのが目に留まった。最初はゴミかと思って素通りしようとしたのだけれど、ちょっと気になって引き返し、まじまじと見た。

 

P8310010

 

 15mmくらいの長さで、糸でしっかりと固定されている。突起があって何とも不思議な形をしているけれど、蛹ではなさそう。とすると繭だろうか?

 

 そこでツイッター(今はXという名称になってしまったが)で教えを乞うてみたところ、さっそく教えてくださった方がいた。コブガ科で、リンガ亜科の繭ではないかとのことだった。

 

 リンガ亜科のガはボート型(舟形)の繭をつくるそうだ。ちょっと調べてみると、リンガ亜科の繭の写真を掲載しているサイトがあった。

 

 こちらではクロオビリンガ(またはアカオビリンガ)の繭の写真があるが、二つの突起がある。私の写真のものとは形が異なるが、雰囲気は似ていてなるほどと思う。

 

クロ〔アカ〕オビリンガ(1):黄色と黒の幼虫

 

 こちらにはカマフリンガの繭の写真がある。

 

カマフリンガ*揚州・成虫・繭

 

 カマフリンガの繭にも二つの突起があるが、私の写真のものとは違う。

 

 当地でよく目にするリンガ亜科のガといえば、ハネモンリンガだが、ハネモンリンガの繭の写真はネット検索では出てこない。結局、謎のままだが、リンガ亜科の繭であることは間違いないように思う。

 

 どなたか分かる方がいたら、教えていただけると幸いです。

 

« クスサン | トップページ | 新型コロナワクチン後遺症患者の会と民主的組織運営について »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クスサン | トップページ | 新型コロナワクチン後遺症患者の会と民主的組織運営について »

フォト

twitter

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ