« シギカニグモ | トップページ | アヅマカニグモ(アズマカニグモ) »

2023/08/29

チュウカカニグモ

 日本に産するカニグモ属の中では最大の種で、北海道では平地から山地まで普通に見られる。和名はシナカニグモからカラカニグモ、さらにチュウカカニグモへと改称された。雌は個体により色彩に変異(濃淡)がある。雄も大きくがっしりとしており、同定しやすい種。ただし、カニグモ属の種は外見が良く似ているものが多いので、同定の際は生殖器の確認は必須。体長は雌が8~13mm、雄が6~8mmほど。カニグモ科。

P6050013

雌 2021年6月5日 北海道十勝地方

 

P6140004

雄 2021年6月14日 北海道十勝地方

 

« シギカニグモ | トップページ | アヅマカニグモ(アズマカニグモ) »

クモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シギカニグモ | トップページ | アヅマカニグモ(アズマカニグモ) »

フォト

twitter

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ