« アマギエビスグモ | トップページ | チクニエビスグモ »

2023/08/07

タカネエビスグモ

 アマギエビスグモが北海道から九州まで広く分布するのに対し、タカネエビスグモは北海道と本州の山地に生息する。背甲は全体的に黒っぽく(中央部が淡色になることもある)、1対の明瞭な黒褐色の縦帯があるアマギエビスグモとの識別点になる。雌の腹部は、写真のように白っぽいものから、黒褐色斑があるものまで変異が多い。アマギエビスグモ同様、山野の植物上で見られる。体長は雌が3~4mm、雄が3mm前後。カニグモ科。

P7070021

雌 2022年7月7日 北海道十勝地方

 

P6020005

雄 2020年6月2日 北海道十勝地方

 

« アマギエビスグモ | トップページ | チクニエビスグモ »

クモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アマギエビスグモ | トップページ | チクニエビスグモ »

フォト

twitter

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ