« ツイッターのアカウント凍結について思うこと | トップページ | ルリマルノミハムシ »

2022/10/08

リンゴコフキハムシ

 全身真っ白なこの甲虫は体に白い粉をまとっているだけで、この粉がとれてくると黒い地色が見えるようになる。成虫になったばかりの時は黒色で、その後白い粉をふいて真っ白になり、次第に粉がとれてまた黒くなっていくようだ。真っ白だとよく目立つのだが、この粉にはどんな意味があるのだろう? リンゴを食べることから名付けられたようだが、食草はリンゴなどバラ科植物に限らず幅広い。体長は7mmほど。別名リンゴサルハムシ。

P7110011

2021年7月11日 北海道十勝地方

 

« ツイッターのアカウント凍結について思うこと | トップページ | ルリマルノミハムシ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ツイッターのアカウント凍結について思うこと | トップページ | ルリマルノミハムシ »

フォト

twitter

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ