昆虫

2021年5月 6日 (木)

ミヤマヒラタハムシ

 今日は風が強くクモも昆虫もあまり見られなかったが、ミヤマヒラタハムシを見つけた。クルミハムシによく似ているが、良く見ると歩脚と触角の一部が黄褐色をしている。体色には変異があり、写真の個体は銅色だが、緑藍や金緑のものもいる。体長は6~7mm。食草はハンノキ類。確かに見かけた場所はケヤマハンノキが沢山あるところ。

P5060010

2021年5月6日 北海道十勝地方

 

2021年4月25日 (日)

コブハサミムシ

 草地を歩いていたコブハサミムシ。翅の先端部が黄褐色をしており、体長は15mmくらい。ハサミムシの仲間は雌が卵を保護する習性があるが、コブハサミムシは卵から孵化した仔虫が母親を食べてしまうことで知られている。クモではカバキコマチグモが同様の習性を持つ。写真は雄。

P4240009

2021年4月24日 北海道十勝地方

 

2021年4月19日 (月)

ミヤマオオハナムグリ

 体長20mm前後のハナムグリ。色彩は銅色や緑がかった銅色で、小さな白斑がある。この個体は家の中に入ってきたもの。たぶん、煙突から侵入したのだと思う。我が家では煙突から時々ハナムグリが入ってくる。

P1080596

2018年6月27日 北海道十勝地方

 

2021年4月 8日 (木)

アオハナムグリ

 光沢のある緑色に小さな白斑を散りばめたアオハナムグリ。普通種だがとても美しい。体長は15~19mm。花に飛来して花粉を食べる。

P1080015

2017年7月16日 北海道十勝地方

 

2021年4月 2日 (金)

アオウスチャコガネ

 アオウスチャコガネは体長10mm前後のコガネムシ。全体的に地味な印象のコガネムシだが、体色はかなり変異があるとのこと。それにしてもコガネムシの触角は可愛らしいと思う。

P6240002

2020年6月24日 北海道十勝地方

 

2021年3月28日 (日)

アオジョウカイ

 アオジョウカイは上翅が黒味がかった青や青緑のジョウカイボン。前胸は中央が黒で、両側が黄褐色をしている。体長はジョウカイボンと同じくらいで15mm前後。本種も林縁などで普通に見られる。

P6140022

2020年6月14日 北海道十勝地方

 

2021年3月25日 (木)

ジョウカイボン

 ジョウカイボンはカミキリムシに似た外見をしているが、ジョウカイボン科の甲虫で翅は柔らかい。肉食性で体長は15mm前後。普通に見られるが、以前より数が減ったように思う。

P6140023

2020年6月14日 北海道十勝地方

 

2021年3月15日 (月)

ルリハムシ

 緑色に輝くとても美しいハムシ。ハンノキ類を食べる。私の散歩コースにはケヤマハンノキが多いこともありよく見かける。体色は緑色の他に藍色や銅色があるが、よく見かけるのは緑色のもの。体長7~8mmほど。

P1080160

2017年7月27日 北海道十勝地方

 

2021年3月 5日 (金)

アザミオオハムシ

 アザミオオハムシはハムシとしてはかなり大きく体長が10mm前後。アザミやフキなどを食べる。上翅には4条の隆起した筋がある。写真の個体は産卵前のお腹が大きく膨れた雌。アザミオオハムシに限らず、ハムシの雌は産卵前になると驚くほどお腹が大きく膨れ上がる。

Pa170002

2020年10月17日 北海道十勝地方

 

2021年3月 3日 (水)

ヨモギハムシ

 ヨモギハムシは体長8mm前後のずんぐりとした体形のハムシで、主にヨモギを食べる。写真の個体は秋に地面を歩いていたもの。色彩は青藍色や銅色など変異がある。

Pb030010

2020年11月3日 北海道十勝地方

 

より以前の記事一覧

フォト

twitter

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ