昆虫

2022年10月 5日 (水)

ルリオトシブミ

 体長3.5mmほどのルリオトシブミの仲間。とても小さいこともあり良い写真が撮れなかった。ルリオトシブミかナラルリオトシブミのどちらかだと思うが、この仲間は同定がかなり難しいらしい。ルリオトシブミのホストはイタドリ、カエデ、コナラとされ、ナラルリオトシブミのホストはコナラ、ミズナラ、クリ、アベマキ、シデとされている。写真の個体はオオイタドリにいたのでルリオトシブミとした。

P5210035

2022年5月21日 北海道網走地方

 

2022年10月 3日 (月)

ヤホシゴミムシ

 橙褐色の綺麗な色彩をしたゴミムシで、上翅に4対の黄白色の斑点がある。ゴミムシの多くは地表性だが、本種は樹上性で、蛾の幼虫など小昆虫を食べるという。体長は10mm前後。

P1080884

2018年10月25日 北海道十勝地方

 

2022年10月 1日 (土)

ムネアカクロジョウカイ

 黒い体に赤い前胸背板が目立つジョウカイボンの仲間。前胸背板の前縁は黒く、触角の第3節は第2節の2倍以上ある。体長は8~10mmほど。

P6270016

2021年6月27日 北海道十勝地方

 

2022年9月29日 (木)

ミヤマクビアカジョウカイ

 ジョウカイボン科の甲虫だが、良く見られるジョウカイボンやアオジョウカイより小さく、数もあまり多くはない。体長は9mm前後。色彩はジョウカイボンに似るが、全体的に黒っぽいものもおり変異が大きいようだ。

P6210017

2022年6月21日 北海道十勝地方

 

2022年9月28日 (水)

ミドリオオキスイ

 ミドリオオキスイは散歩で時々見かけるとても綺麗な甲虫。写真の個体は銅色をしているが、個体によっては緑がかっているものもいる。上翅にある4つの黄白色の斑点がよく目立つ。体長は8mm前後。

P9130011

2022年9月13日 北海道十勝地方

 

2022年9月27日 (火)

マルガタゴミムシ属の一種

 胸部と上翅との間にくびれがなく丸っこい形をしたゴミムシで、金属光沢がある。触角は基部から3節が褐色、歩脚も脛節から先端まで褐色をしている。写真の個体は体長8.5mm。マルガタゴミムシかニセマルガタゴミムシのどちらかだが、外見では区別ができないためにマルガタゴミムシ属の一種としておく。

P6030030

2021年6月3日 北海道十勝地方

 

2022年9月25日 (日)

マメコガネ

 胸部は緑色、上翅は緑に縁どられた褐色の綺麗なコガネムシ。体長は10mm前後。成虫はマメ科植物の他さまざまな植物の葉や花を食べ、幼虫は植物の根を食べるため害虫として嫌われている。日本固有種だが、アメリカに侵入して大発生し、ジャパニース・ビートルと呼ばれて恐れられている。

P7140013

2021年7月14日 北海道十勝地方

 

2022年9月23日 (金)

マダラホソカタムシ

 トドマツの伐採木の切り口にいた体長5mmほどの小さな甲虫。もし切り口ではなく樹皮の上にいたら見落としていたに違いない。調べたところ、マダラホソカタムシのようだ。地味な色彩だが、なかなか味わい深い斑紋をしている。樹皮に擬態しているのだろう。

P6150040-2

2022年6月15日 北海道十勝地方

 

2022年9月22日 (木)

ホソナガコメツキダマシ

 ナガコメツキダマシと似ているが、前胸背の中央の縦溝が明瞭なこと、上翅の斑は黄褐色で赤味を帯びないことなどからホソナガコメツキダマシと同定した。ただし、あまり自信はない。触角が櫛状なので雄。体長は7mm。

P6150011-2

2022年6月15日 北海道十勝地方

 

*同定が間違っている場合は教えていただけると幸いです。

 

2022年9月19日 (月)

ホソチビオオキノコ

 和名のホソチビオオキノコは、細長くて小さいオオキノコムシという意味だと思う。写真の個体は3.5mmほどで、確かに小さい。頭部と胸部および歩脚は黄褐色~橙褐色で上翅は黒色をしており光沢がある。また上翅には縦に並んだ点刻がある。

P6280015

2022年6月28日 北海道十勝地方

 

より以前の記事一覧

フォト

twitter

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ