クモ

2023年2月 3日 (金)

コオニグモモドキ

 コガネグモ科コオニグモモドキ属。北海道では平地から山地まで普通に見られるクモだが、本州では山地に生息する。コロンとした腹部に1対の突起がある。コガネグモ科のクモだが網らしい網を張らず、夜に糸を一本張ってそこにぶら下がり獲物がくるのを待つ。昼は植物の枝葉などに止まっているが、近くに獲物がくれば捕えて食べるようだ。体長は雌が4~5mm、雄が3~4mm。

P7040038

雌 2021年7月4日 北海道十勝地方

 

P6110003

雄 2021年6月11日 北海道十勝地方

 

2023年1月30日 (月)

ナカムラオニグモ

 コガネグモ科ナカムラオニグモ属。草地や河川の周辺など開けた環境に生息する。草間などの他、橋の欄干など建造物に垂直円網を張り、その一端に葉や茎などを折り曲げて袋状の住居をつくる。体長は雌が10mm前後、雄が8mm前後。北海道では平地から山地まで普通に見られる。以前、サハリンに行ったときもあちこちで本種を見かけた。

P1000324

雌 2009年6月28日 北海道十勝地方

 

P1090148

雄 2019年5月24日 北海道十勝地方

 

2023年1月19日 (木)

カラフトオニグモ

 コガネグモ科カタハリオニグモ属。樹木の枝葉間や草間に垂直円網を張る。北海道では普通に見られる種。腹部の色彩・斑紋には変異が多い。写真の個体は1枚目が最も普通に見られるタイプ。2枚目はキマダラ型。体長は雌が6~9mm、雄が4~5mmほど。

P1070688

雌 2016年6月29日 北海道十勝地方

 

P7160007

雌 2021年6月22日 北海道十勝地方

 

P7130023

雄 2021年7月13日 北海道十勝地方

 

2023年1月17日 (火)

ムツボシオニグモ

 コガネグモ科ムツボシオニグモ属。腹部が黄色~淡い黄緑色をしたクモで、腹部後方に2~3対の黒斑が並ぶ。葉の表面や葉陰などに小さな円網を張る。北海道ではアキタブキの葉に網を張っているのをよく見かける。良く似た種にトガリハナオニグモがいるが、個体数は非常に少ない。体長は雌が5~8mm、雄が4~5mm。

P1070963

雌 2017年6月9日 北海道十勝地方

 

P6060029

雄 2020年6月6日 北海道十勝地方

 

2023年1月16日 (月)

カラオニグモ

 コガネグモ科オニグモ属。橙褐色をした小型のクモで、色彩には変異がある。写真では分かりにくいが、雌は腹部の後方が上に突出しているのが特徴。樹木や草本に小さな円網を張る。体長は雌が3.5~6mm、雄が3~4mm。

P1070646

雌 2016年5月28日 北海道網走地方

 

2023年1月12日 (木)

ヤミイロオニグモ

 コガネグモ科ヤミイロオニグモ属。樹木の枝葉間や草間などに円網を張る。色彩には変異があるが、腹部前方の心臓型の斑紋が特徴。非常によく似た種にオオクマヤミイロオニグモがおり、同定には注意が必要。体長は雌が5~6mm、雄が4mmほど。北海道から九州まで広く分布する。

P6200017-2

雌 2022年6月20日 北海道十勝地方

 

2023年1月10日 (火)

ホシマメオニグモ

 コガネグモ科オニグモ属。「CD日本のクモVer.2022」では北海道、青森県、群馬県、長野県、愛知県、岡山県で記録されている。北海道では平地から山地まで生息。本種によく似た種としてマメオニグモ、キタマメオニグモ、ヤミイロオニグモ、オオクマヤミイロオニグモがいるが、私の居住地ではホシマメオニグモが最も目に付くように感じる。ところが、ネット検索しても画像が見当たらない。雄成体は5~6月、雌成体は5~8月に出現する。雌は色彩に変異があるが、雄は全体的に黒っぽい。体長は雌が5~7mm、雄が3~4mm。

P1070643

雌 2016年5月28日 北海道網走地方

 

P6030063

雄 2020年6月3日 北海道十勝地方

 

2022年12月24日 (土)

ニシキオニグモ

 コガネグモ科オニグモ属。腹部に複雑な斑紋がある美しいクモで、腹部下面には赤と黄色の斑紋がある。樹間などに円網を張り、夏から秋に成熟する。写真の雌は産卵後の個体。体長は雌が12~18mm、雄が10mm前後。

Pb020003

雌 2020年11月2日 北海道十勝地方

 

P9090005

雄 2020年9月9日 北海道上川地方

 

2022年12月20日 (火)

イシサワオニグモ

 コガネグモ科オニグモ属。腹部はオレンジ色で白い斑紋があり、歩脚は明瞭な環紋をもつ美しいクモ。頭胸部の正中に黒条がある。色彩には変異があり明るいオレンジ色をした個体から、写真のように褐色の強い個体まで見られる。

P1000708

雌 2009年8月7日 北海道十勝地方

 

P8120015

雄 2022年8月15日 北海道十勝地方

 

2022年12月18日 (日)

キバナオニグモ

 コガネグモ科オニグモ属。体形はアカオニグモとよく似ており雌の腹部は大きく丸い。北海道では平地から山地まで広く分布するが、本州では青森県と長野県で記録があるだけで極めて稀。草地や林縁などに生息し草間や枝間に円網を張るが、人家の軒先などに網を張ることもある。体長は雌が20mm前後、雄が10mm前後。

P8230033

雌 2020年8月23日 北海道十勝地方

 

P7260016

雄 2021年7月26日 北海道十勝地方

 

より以前の記事一覧

フォト

twitter

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ