« シロオビフユシャク | トップページ | チャバネフユエダシャク »

2023年11月20日 (月)

クロオビフユナミシャク

 翅が退化しているフユシャク類の雌としては翅が長く、体長よりは短いものの黒い帯を持つ翅がある。ただし、飛ぶことはできない。幼虫の食餌󠄀植物はブナ科、カバノキ科、バラ科、カエデ科など多岐にわたる。写真の個体は体長約12mm。シャクガ科。雄の写真は未撮影。

Pa210010

雌 2022年10月21日 北海道十勝地方

 

« シロオビフユシャク | トップページ | チャバネフユエダシャク »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シロオビフユシャク | トップページ | チャバネフユエダシャク »

フォト

twitter

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ