« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »

2023年10月

2023年10月30日 (月)

コロナ騒動で学んだこと

 4年近くに及ぶ新型コロナ騒動を振り返ってみて、良かったことなどほとんどないと感じるけれど、学ぶことは沢山あった。そんなことを書き留めておきたいと思う。

 

・マスコミは平気で嘘をつき人々を騙す洗脳装置
 コロナ騒動が始まった当初から現在に至るまで、マスコミはコロナが怖い感染症であり、ワクチンは有効であると言い続けてきた。しかし、実際にはワクチンを打つたびに感染は拡大し、超過死亡が増え、出生数が減った。ワクチンは効果がないどころか死者や病人を増やし少子化に拍車をかけた。
 高齢者は接種率が非常に高いが、その大半はテレビやマスコミが重症化しやすい高齢者に接種を勧めたことで打ったのだと思う。マスコミは「陰謀論に騙されるな」と注意喚起し、厚労省のサイトに誘導したが、それも真実を隠すための洗脳だったとしか思えない。
 テレビも新聞も人々を騙す洗脳装置でしかなかった。マスコミの情報を鵜呑みにしてはいけない。

 

・国も専門家も医師会も信じてはいけない
 厚労省や専門家の言っていたことも嘘だらけだったし、それをマスコミが垂れ流したことで多くの薬害が生じてしまった。役人も専門家も自分の保身が第一であり、国民の命より利権が大事であることがよく分かった。医師会も毒でしかないコロナワクチンを推奨し続けた。国と一体になった医薬業界の闇が浮き彫りになった。

 

・医師(ごく一部の医師を除く)はワクチンのことなどろくに知らないし、お金のために行動する
 コロナワクチンはごく短期間の治験しかしておらず中長期的なリスクが全く分からないことは誰にでも明らかだった。またmRNA製剤は過去に一度も成功していなかったのに、多くの医師が何の疑いもなく接種を勧めた。ワクチンのことについて知らないし、知ろうともしない。そんな医師に勧められて打ち、亡くなってしまった人達がどれほどいたことか。そして、接種事業でかなりの利益を上げた。多くの医師は遺伝子ワクチンのことについて調べもせず、病院や自分の利益を優先するのだと悟った。

 

・空気感染するウイルスにはマスクも消毒も意味がない
 日本は世界で最もマスクの着用率が高く、着用期間が長く続いている国だ。それにも関わらず、何度も感染の波を繰り返した。RCTでもマスクの効果は認められていない。マスクの隙間からウイルスはダダ洩れだし、マスクは不潔で雑菌だらけ。手指消毒も免疫力を低下させただけだった。

 

・多くの人は自分の頭で考えて行動しておらず、簡単に洗脳される
 コロナ騒動、ワクチン接種強要のおかしさに早くから気づいた人は、結局、マスコミにも専門家にも医師にも、そして周りの人達にも影響されず、自分で調べたり自分の直感でおかしさに気づいて接種を拒否した人だった。たとえ職場などで強要されても抵抗したり仕事を変えたりして拒否した。「反ワク」「陰謀論者」などと罵られても動じなかった。しかし、そんな人は国民の2割ほど。
 海外では大半の国が3回くらいでこのワクチンのおかしさに気づいて接種を止めたが、日本人は6回、7回と打つ人もいる。日本人の洗脳の深さと同調の強さを実感した。

 

・コロナワクチンに反対している人の中に、mRNA推進派がいる
 mRNAコロナワクチンに反対している人たちは、ワクチンによる薬害をこれ以上増やしてはならないと考えている人だとばかり思っていた。しかし、mRNAコロナワクチンには反対でもmRNA製剤には肯定的な人達が一定程度いることが分かってかなり衝撃だった。mRNA製剤にはDNAが混入するという致命的欠陥があることが明らかになったが、それでもmRNA製剤の開発や研究に期待する人達は、「反対派の中に紛れ込んだ賛成派」だと思う。これを見抜いてこのような人達と対峙できなければ、薬害は終わらない。利権がうごめく世界では必ず工作員のような役割の人がいる。コロワク反対だからといって、頭から信用してはならない。

 

・自分に備わった免疫力が一番であり、ワクチンについては総検討が必要
 コロナ騒動やワクチン禍を通じて感じたのは、自分に備わった免疫力こそ最も優れたものであるということ。
 ワクチンといっても様々なものがあるが、そもそもそれらのワクチンが本当にリスクよりベネフィットの方が大きかったのかも疑問に思うようになった。たとえば、新生児のワクチン接種回数と死亡率には正の相関があるという(こちら参照)。また、ワクチン接種本数の増加に伴って自閉症が増加しているという(こちら参照)。ワクチンにはさまざまな有害物質が使われており、そうした物質による悪影響が接種してから何年、あるいは何十年も経ってから分かることもあるだろう。ワクチンの総検討が必要だと思うようになった。
 それと同時に、人々の免疫力についても問題がありそうだ。コロナ騒動で、ビタミンDや亜鉛、マグネシウムなどのビタミンやミネラルが免疫力と大きく関わっていることを何人もの方が指摘していた。日焼け防止のために日光に当たるのを避ける人が増えた。これではビタミンD不足になるのも当然だろう。農薬や化学肥料を多用するようになってから農地の地力低下が進み、農作物に含まれるミネラルの含有量が低下した。現代人の多くはビタミンやミネラル不足によって、免疫力が低下しているのではないかと思う。私もサプリメント摂取やマグネシウムオイル塗布(マグネシウムの経皮吸収)を始めた。
 安易にワクチンや薬に頼るのではなく、まずは自分の免疫力を高める努力をする。そして、医薬品は最小限に留めるのが健康のために最も大事なことだと思う。

 

・世の中には誠実で信頼できる人が必ずいる
 コロナワクチンの危険性を説明しても陰謀論だと言って全く耳を傾けない人がとても多いし、そのような人達の大半は自分の判断が誤りだと判明しても誤りを認めようとしない。打ってしまったら、リスクなど考えたくもないのだろう。しかし、世の中にはそんな人たちばかりではない。接種、非接種に関わらず、このワクチンの危険性に気づいて声を挙げ続けている人たちがいる。他者の命や健康を考えて無償で行動している人たちがいる。X(ツイッター)でも、そんな人達と知り合いになれた。投げやりになったり悲観的になったりするのではなく、信頼できる人達が知恵を絞り力を合わせていくことで、少しはこの狂った社会を変えられるのではないかと思う。

 

 WHOは2024年5月の世界保健会議でワクチン接種や隔離、マスク着用などの義務化を可能にする「パンデミック条約」に向けて動いている。ワクチンも隔離もマスクも今回のコロナ騒動で無意味なことが明らかになった。私たちは、コロナ騒動の教訓を生かし、二度と同じ過ちを繰り返さないようにしなければならない。WHOのパンデミック条約に反対し、WHOからの脱退を訴えていく必要があるだろう。

 

 パンデミック条約については我那覇真子さんのこちらの記事を参照していただきたい。

 

"パンデミック条約" ワクチン、隔離など義務化を可能にするIHR国際保健規則改正 インタビューパート2 

 

【10月31日追記】
「自分に備わった免疫力が一番であり、ワクチンについては総検討が必要」を追加しました。

 

2023年10月28日 (土)

ヒメサザナミスズメ

 道路の上でだいぶ弱っていたヒメサザナミスズメ。擦れていて斑紋が明瞭ではないが前翅の白点が目立つ。サザナミスズメと良く似ているが、本種は腹部下面に黒い斑紋がないことで区別できる。写真の個体は前翅長22mm。スズメガ科。

P6180001

2022年6月18日 北海道十勝地方

 

2023年10月26日 (木)

ヒメヤママユ

 当地では大型の蛾はあまり見ないが、ヒメヤママユは夏の終わりから秋にかけて見られる大型の蛾の一つ。色彩に変異があるが、オリーブ褐色とワイン色の組み合わせはなかなか美しい。前翅と後翅にそれぞれ1対の目玉模様があるが、静止していると後翅の眼玉模様は前翅に隠れて見えないことが多い。幼虫の食草はブナ科、バラ科、カエデ科、ニレ科、クルミ科など多岐にわたる。前翅長は43mm前後。ヤママユガ科。

P9210047

雄 2022年9月21日 北海道十勝地方

 

Pa080006

雄 2021年10月8日 北海道十勝地方

 

2023年10月24日 (火)

ウスズミカレハ

 散歩から帰ってきたら玄関ドアに止まっていたウスズミカレハ。秋に出現する蛾で胸背と脚はモフモフの毛に覆われている。全体に黒褐色の地味な色彩だが、白い斑点が印象的。食草はサクラやハンノキなど。前翅長は約18mm。カレハガ科。

Pa160015

雄 2020年10月16日 北海道十勝地方

 

2023年10月23日 (月)

アカタマゾウムシ

 何回か見かけていたがすぐに種名が分からず未同定フォルタに入れておいたゾウムシの一つで、先日アカタマゾウムシだと分かった。コロンとした体形の可愛らしいゾウムシだが、ヤチダモの害虫だという。ヤチダモは当地には沢山ある。体長は5mm前後。ゾウムシ科。

P1080342

2017年11月2日 北海道十勝地方

 

2023年10月22日 (日)

オオニジュウヤホシテントウ

 散歩をしていたら手すりに大きめのテントウムシがいるのが目に付いた。当地では初めて見るオオニジュウヤホシテントウだった。上翅には毛が生えていてツヤがあまりない。ウリ科植物を食べるというが、このあたりにある野生のウリ科植物はミヤマニガウリくらいしか思い浮かばない。ミヤマニガウリはそれほど多くはないので個体数が少ないのだろうか。体長は6~8mm。写真の個体は8mm。テントウムシ科。

Pa040031

2023年10月4日 北海道十勝地方

 

2023年10月20日 (金)

キハダカニグモ

 散歩から帰ったら家の壁に小型の黒っぽいカニグモの雄がいるのを見つけた。キハダカニグモだった。キハダカニグモは北海道ではあまり多くないようで、これまで居住地周辺で見たことはなかった。和名の通り、樹幹に生息し、樹皮に似た体色をしている。体長は雌が4~8mm、雄が4~6mm。カニグモ科。

Pa070020

雄 2023年10月7日 北海道十勝地方

 

2023年10月19日 (木)

チビサラグモ

 森林に生息するサラグモで、地表近くの低い場所にシート網を張るために、自然状態では背面からの写真がどうしても撮れない。写真の個体は倒木の脇に網を張っていたもの。体長は4~5mm。サラグモ科。

P6100054

雌 2023年6月10日 北海道十勝地方

 

2023年10月18日 (水)

オオハエトリ

 種名の通り大型のハエトリグモで、壁や塀などの人工物や樹木の幹などで見られる。色彩は地味だが、樹皮によく似ており隠蔽色なのだろう。体長は雌が10~13mm、雄が8~10mm。ハエトリグモ科。

P5260011

雌 2020年5月26日 北海道十勝地方

 

P1070844

雄 2017年5月18日 北海道十勝地方

 

2023年10月17日 (火)

マガネアサヒハエトリ

 当地では良く見るハエトリグモで、草本や樹木の枝葉上を徘徊している。図鑑では色彩変異が大きいとされているが、当地で見かけるのは写真のようなタイプばかり。体長は雌が5mm前後、雄が4mm前後。ハエトリグモ科。

P1060622

雌 2015年5月26日 北海道十勝地方

 

P6060019

雄 2020年6月6日 北海道十勝地方

 

2023年10月15日 (日)

マダラスジハエトリ

 マダラスジハエトリは散歩コースの渓流にかかる橋の欄干でよく見かけるのだが、何故か雌や幼体ばかりで、ここで雄の成体を見た記憶がない。やや大型のハエトリグモで、腹部の斑紋が特徴的。雌雄で色彩・斑紋が異なり、雄の腹部は中央に黒条があり側方は灰白色のコントラストが鮮やかな色彩。体長は雌が9~10mm、雄が8~9mm。ハエトリグモ科。

Pa080009

雌 2020年10月8日 北海道十勝地方

 

2023年10月12日 (木)

ホオジロハエトリ

 草原や林縁などの開けた環境に生息する。私は長野県の霧ヶ峰でしばしば見かけており、本州では高原のクモという印象が強い。北海道では個体数は多くない。雄は頭胸部に一対の白斑がある。体長は雌が6~7mm、雄が5~6mm。ハエトリグモ科。

P1000414

雌 2009年7月4日 北海道釧路地方

 

2023年10月10日 (火)

ネコハエトリ

 普通種と言われるが、北海道ではそれほど多いという印象はない。私の居住地ではウススジハエトリやイナズマハエトリの方が遥かに普通。色彩や斑紋には変異があるが、雄はかなり黒っぽい。雄同士を戦わせる「ホンチ」という遊びで知られる。体長は7~8mm。ハエトリグモ科。

P6170002

雌 2022年6月17日 北海道十勝地方

 

P6010051

雄 2020年6月1日 北海道十勝地方

 

2023年10月 9日 (月)

タテジマハエトリ

 体は黒褐色で、背甲に2本、腹部に3本の淡褐色の縦条があり他種との区別は容易。日本では北海道からのみ記録されているが、個体数は少ない。裸地など開けた環境に生息する。体長は5mm前後。写真の個体は幼体。ハエトリグモ科。

P6250032

幼体 2021年6月25日 北海道十勝地方

 

2023年10月 8日 (日)

キレワハエトリ

 あまり良い写真ではない上、幼体の写真しかない。全体的に黒っぽく艶がある小型のハエトリグモ。地表や草本の上などを徘徊する。体長は3~4mm。ハエトリグモ科。

P1070676

幼体 2016年5月29日 北海道留萌地方

 

2023年10月 6日 (金)

モンシロコゲチャハエトリ

 私がこのクモを見かけるのはいつも建物の壁。散歩コースの途中にある建物の壁では毎年モンシロコゲチャハエトリが見られる。ここは、建物の周りに「犬走り」といわれる砂利が敷かれ、その周りは開けた草地になっている。そんな環境を好むのだろうと勝手に思っている。色彩や斑紋は雌と雄でほぼ同じ。体長は雌が4~5mm、雄が3~4mmほど。ハエトリグモ科。

P6140044

雌 2022年6月14日 北海道十勝地方

 

P6050036

雄 2020年6月5日 北海道十勝地方

 

2023年10月 5日 (木)

シラホシコゲチャハエトリ

 雄は体長2~3mmのとても小さなハエトリグモだが、黒い体にくっきりとした白い斑紋があり、頭部は赤褐色をしていてとても美しい。雌は雄よりやや大きいが、雄のような目立つ斑紋はない。裸地や礫地など開けた環境の地上に生息する。ハエトリグモ科。

P6080012

2021年6月8日 北海道十勝地方

 

2023年10月 4日 (水)

キタヒメスジハエトリ

 体長2mmほどの小型のハエトリグモで、小さい上に地表近くに生息していることもあり見落とされている可能性もある。私は壁や手すりでしか見つけていない。腹部に波状の斑紋がある。北海道の他に長野県、群馬県から記録がある。ハエトリグモ科。

P6090039

雌 2021年6月9日 北海道十勝地方

 

2023年10月 3日 (火)

イワテハエトリ

 雌の写真は撮っておらず、雄のみ。黒っぽい体に白色毛が目立つ小型のハエトリグモ。ヤガタハエトリとよく似ているので、同定には生殖器を確認する必要がある。体長は3~4.5mm。北海道と本州に分布。ハエトリグモ科。

P6230003

雄 2020年6月23日 北海道十勝地方

 

2023年10月 2日 (月)

イナズマハエトリ

 手すりの定番のハエトリグモ。雌は腹部に稲妻のような斑紋があり、雄は黒い体に白い斑紋が目立つ。なぜか手すりとか壁など人為的な環境でばかり見る。毎日のように見かけるのだけれど、雄の写真はボケ写真しかなかった(汗)。今度もう少しマシなのを撮影しておきたい。体長は雌が5~6mm、雄が4~5mm。ハエトリグモ科。

P5150001

雌 2020年5月15日 北海道十勝地方

 

P1080838

雄 2018年10月4日 北海道十勝地方

 

« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »

フォト

twitter

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ