« クロオオハナカミキリ | トップページ | 未曾有の薬害にどう立ち向かうべきか »

2022年10月28日 (金)

クロマルケシキスイ

 倒木の樹皮に黒くて丸っこい小さな甲虫がいた。触角の柄部と歩脚跗節は赤褐色。写真を拡大してみると頭部や前胸背に微細な点刻がある。また上翅には点刻列があり、点刻列の間には微細な点刻があるのでクロマルケシキスイだと思う。体長は4mmほど。キノコに集まる。

P8050042

2022年8月5日 北海道十勝地方

 

« クロオオハナカミキリ | トップページ | 未曾有の薬害にどう立ち向かうべきか »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クロオオハナカミキリ | トップページ | 未曾有の薬害にどう立ち向かうべきか »

フォト

twitter

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ