« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月31日 (日)

クマタカが庭に

 私の居住地は山間部なので、庭仕事をしているとクマゲラのキョロキョロキョロ・・・という鳴き声が聞こえることもあるし、オジロワシやオオワシが上空を飛んでいることもある。都会の人から見たら羨ましい環境かもしれない。

 今日はカラスが騒がしいと思ったら、どうしたことか庭の木にクマタカが止まっていた。クマタカは上空を飛んでいるのをたまに見ることがあるが、庭にきたのは初めて。警戒心の強い猛禽がこんな人家の近くにきたことにちょっと驚いた。こうして近くで見るとさすがに大きくて迫力がある。

P1310002

 

 

2021年1月29日 (金)

コカメノコテントウ

 コカメノコテントウは体長4mm前後の小型のテントウムシ。よく似た種にヒメカメノコテントウがあり斑紋だけでは区別が困難のようだ。識別ポイントは歩脚の腿節に黒色部があるのがコカメノコテントウで、ないのがヒメカメノコテントウ。写真を撮ったときは腿節の色まで確認しなかったのだが、横から撮った写真を拡大してみると、腿節が黒っぽく見えるのでコカメノコテントウだと思う。良い写真が撮れなかったので、次に出会ったらもう少しマシな写真を撮りたい。

P72900311

P72900262

2020年7月29日 北海道十勝地方

 

 こちらはコカメノコテントウの幼虫だと思うのだが、間違っていたら教えて欲しい。アブラムシを食べている。

P80900283

2020年8月9日 北海道十勝地方

 

2021年1月28日 (木)

カメノコテントウ

 カメノコテントウは体長が10mm前後の大型のテントウムシ。東京に住んでいた子どもの頃、図鑑に載っていたこの大きくて魅力的なテントウムシ憧れていたが、東京では見かけることはなかった。成虫、幼虫ともにクルミハムシやドロノキハムシの幼虫を食べるとのことで、クルミやドロノキがないところでは見られないのだろう。実際に目にすると、やはり1センチもあるテントウムシはなかなか迫力がある。

 以前、7月に大雪山の緑岳に登ったとき、山頂でカメノコテントウを多数見たことがある。高山帯なのでもちろん近くにオニグルミもドロノキもない。なぜ高山帯に群れているのかと不思議だった。

 

P10803301

2017年11月2日 北海道十勝地方

 

2021年1月25日 (月)

ウンモンテントウ

 ウンモンテントウは体長7~8mmのテントウムシ。上翅の黒斑の周囲がクリーム色に縁どられ、胸部にはM字型の特徴的な黒斑がある。本州だと山地性のようだ。

 

P10901801

2019年5月25日 北海道十勝地方

 

2021年1月24日 (日)

ヒメアカホシテントウ

 ヒメアカホシテントウはアカホシテントウと同じように黒地に2つの赤い斑点があるが、大きさはずっと小さくて3.5~4mmほどのとても可愛らしいテントウムシ。カイガラムシを食べる。

 

Pa1900151

2020年10月19日 北海道十勝地方

 

2021年1月21日 (木)

アカホシテントウ

 黒い地に輪郭の不明瞭な赤い斑紋があるアカホシテントウ。全体に光沢があって、なかなか美しい。体長は6mm前後。

P90700011

2020年9月7日撮影 北海道十勝地方

 

2021年1月17日 (日)

オオアオゾウムシ

 オオアオゾウムシは体長が12~15mmほどの緑色のゾウムシ。前胸と上翅の縁が黄緑色の美麗種。

P7200055

2020年7月20日 北海道上川地方

 

2021年1月15日 (金)

リンゴヒゲボソゾウムシとトゲアシヒゲボソゾウムシ

 散歩をしているとしばしば見かける緑色のゾウムシ。1種類だと思っていたが、写真を撮るようになってから2種いることが分かった。リンゴヒゲボソゾウムシ(リンゴヒゲナガゾウムシとアオヒゲボソゾウムシが同種とされ、リンゴヒゲボソゾウムシという名になった)と、トゲアシヒゲボソゾウムシ(旧ミヤマヒゲボソゾウムシ)。なんだかややこしい。

 リンゴヒゲボソゾウムシは脚が褐色だが、トゲアシヒゲボソゾウムシは黒っぽい。どちらも体長は6~8mmほど。

P10902391

リンゴヒゲボソゾウムシ 2019年5月30日 北海道十勝地方

 

P62300113

トゲアシヒゲボソゾウムシ 2020年6月23日 北海道十勝地方

 

2021年1月13日 (水)

ムネビロイネゾウモドキ

 昨年は何度か橋の欄干でムネビロイネゾウモドキを見かけた。ドロノキを食べるので、河畔のドロノキ周辺に多いのだと思う。体長7mm前後。

P62400281

2020年6月24日撮影 北海道十勝地方

 

Pa1100462

2020年10月10日撮影 北海道十勝地方

 

2021年1月11日 (月)

マツアナアキゾウムシ

 マツアナアキゾウムシは体長10mm前後の黒っぽいゾウムシ。点刻は深く明瞭で、上翅には淡褐色の斑紋がある。針葉樹林に生息。


P6100004

P6100006

2020年6月10日撮影 北海道十勝地方

 

2021年1月 9日 (土)

クワヒョウタンゾウムシ

 クワヒョウタンゾウムシは体長7mm前後の茶色いゾウムシ。上翅の間室が隆起しているのが特徴。さまざまな植物の根を食べるので害虫として知られている。「札幌の昆虫」(木野田君公著 北海道大学出版会)によると北海道では単為生殖とのこと。

Pb0300521

2011年11月3日撮影 北海道十勝地方

 

2021年1月 7日 (木)

クロカレキゾウムシ

 切り株の上にいたクロカレキゾウムシ。体長5~6mmほど。上翅のV字型の白斑がよく目立つ。

 

900071

2020年6月9日撮影

 

2021年1月 5日 (火)

アイノシギゾウムシ

 これまでに撮った動植物の写真を少しずつ紹介していきたいと思う。まずは甲虫から。

 アイノシギゾウムシは体長3.5~4mmほど(口吻を除く)の小さなゾウムシ。ハンノキの雄花に産卵するとのこと。昨年は散歩で何回かであった。

Pa0800351

2020年10月8日撮影

 

Pa0800362
2020年10月8日撮影

 

Pa2800133
2020年10月28日撮影

 

2021年1月 2日 (土)

ブログタイトルの変更

 新年ということもあり、ブログのタイトルを変えてみた。ブログ開設が2007年5月なので、今年の5月で14年になる。最近は更新ものんびりだが、マイペースで更新したいと思っている。

 昨年はマクロ撮影のできるコンパクトデジカメ(オリンパスTough TG-6)を購入したこともあり、散歩がてら昆虫やクモの写真を撮るようになった。なかなか良い写真が撮れないが、今年も気長に続けていきたい。気を付けていなければ見過ごしてしまうような小さな昆虫やクモたちの世界は奥深く興味がつきない。そんな昆虫やクモの写真も少しずつ紹介していきたいと思う。

 それにしても、生き物たちの減少が著しい。この数十年でどれほどの生物多様性が失われてしまったのかと思うと言葉がない。人類は富と利便性のためにかけがえのない自然環境を壊し収奪してきた。資本主義を終わらせないと地球環境は持たないし人類も終わる。その前に人々は方向転換ができるのだろうか? そんなことをどうしても考えてしまう今日この頃だ。

 

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

フォト

twitter

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ