« 利便性追及は人類を滅ぼす | トップページ | 増えすぎた人間 »

2014年6月23日 (月)

オダマキの花の色

 一昨年、友人が「珍しい白花のミヤマオダマキの種子があるから播いてみない」と言って、小袋に入れた種子をくれた。友人の家の庭には普通の紫色のミヤマオダマキの他に、白い花をつけるミヤマオダマキがあり、その種子をとっておいたというのだ。

 さて、この種子から育つオダマキはみんな白色の花を咲かせるのだろうか? それとも紫色の花をつける株もあるのだろうか? そう思いながら昨年その種子を播いた。そして、今年になって花をつけた。

 結果を咲きに言ってしまうと、20株ほどのオダマキのうち14株が花をつけたのだが、すべて白色だった。私は内心、紫色の花を咲かせる株もあるのではないかと思っていたので、ちょっと意外だった。

P10506481

 たいぶ前のことなのだが、西洋オダマキの種子を播いたことがある。種子の袋には紫や黄色、赤、白などカラフルな花の写真がプリントされており、花が咲くのを楽しみにしていた。オダマキは種子を播いた年には花をつけず、2年目に花を咲かせるのだ。

 2年目にようやく花が咲いたのだが、下の写真のようなカラフルとは程遠い地味な淡色の花しか咲かず、なんともがっかりしてしまった。

P10506492

 このオダマキはとても丈夫で、種子がこぼれてあちこちから芽を出した。そして、一昨年、濃い紫色の花を咲かせる株が現れたのだ。おそらく眠っていた紫色の遺伝子が発現したのだろう。

P10506513

 さらに今年は、ミヤマオダマキのように紫と白の二色の花をつける株が現れた。

P10506524

 だから、今年咲いた白花のミヤマオダマキも種子繁殖をくり返していたなら、そのうち紫色のミヤマオダマキが出現するかもしれない。

« 利便性追及は人類を滅ぼす | トップページ | 増えすぎた人間 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/56587484

この記事へのトラックバック一覧です: オダマキの花の色:

« 利便性追及は人類を滅ぼす | トップページ | 増えすぎた人間 »

フォト

twitter

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ