« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月17日 (土)

「美味しんぼ」批判こそ差別であり目的は言論封じ

 福島の鼻血のことなどを取り上げた漫画「美味しんぼ」への批判がマスコミでも取り上げられているが、鼻血と被ばくの関係については多くの人が指摘している。チェルノブイリの事故でも鼻血を出した人が多かったという事実があるし、福島も同じだ。鼻血が増えたという事実は歴然としてある。被ばくが関係していないというのなら疫学調査をして証明すべきだが、批判者は誰もそれをしていない。

 【チェルノブイリでは避難民の5人に1人が鼻血を訴えた】2万5564人のアンケート調査で判明(DAYSから視る日々)

福島県双葉町で鼻血「有意に多い」調査 「避難生活か、被ばくによって起きた」 (J-CATニュース)

 上記の記事で紹介されている論文は以下。

水俣学の視点からみた福島原発事故と津波による環境汚染(大原社会問題研究所雑誌)

 なお、福岡の子どもが福島の8倍も鼻血を出したという山田真医師の調査も報道されている。しかし、これは小学校の保健室にいる養護教員からの聞き取り調査であり、どうみても疫学的調査と言える代物ではない。

福岡の子ども、福島の8倍も鼻血を出す? 小児科医が調査、理由は「わからない」 (J-CATニュース)

 「美味しんぼ」作者の雁屋哲さんはご自身のブログで「私は自分が福島を2年かけて取材をして、しっかりとすくい取った真実をありのままに書くことがどうして批判されなければならないのか分からない。」と書いているが、事実を書いたことがなぜ批判されねばならないのだろう。

 双葉町は「美味しんぼ」の鼻血を出す描写などに対し「福島県民への差別を助長する」として小学館に抗議をした。

 福島の原発事故以来、「風評」とか「差別」という言葉が頻繁に使われるようになったが、言葉の用法を誤っているとしか思えない。辞典では以下のようになっている。

風評:世間であれこれ取りざたすること。また、その内容。うわさ。「―が立つ」

差別:1 あるものと別のあるものとの間に認められる違い。また、それに従って区別すること。「両者の―を明らかにする」 2 取り扱いに差をつけること。特に、他よりも不当に低く取り扱うこと。「性別によって―しない」「人種―」

 雁屋さんが描いたのは、取材に基づいた事実であり、うわさではないので「風評」には当たらない。では、福島で鼻血を出す人が増えたという事実は「福島県民への差別」につながるのだろうか? もし、鼻血が出た人を他者が不当に低く取り扱うようなことがあれば差別といえるだろうが、果たして誰が何のためにそんな扱いをするというのだろう?

 福島では多くの子ども達が甲状腺がんを発症しており、被ばくが関係している可能性が高い。多くの人たちはこの事実を深刻に受け止めて心を痛めたり加害者に怒りこそ抱いても、被害者を差別したりはしないだろう。もし鼻血を出したという事実を理由に福島の人たちを差別するような人がいるのならば、そんな意味不明の差別こそ問題にしなければならない。

 今回の抗議は、結局は被ばくによる健康被害が生じると不都合な人たちによる言論封じであり、そのために「風評」や「差別」という言葉を利用しているに過ぎない。また、汚染された福島で暮らさざるを得ない人々は、大変な不安やストレスにさらされている。だから、不安になるような情報に対して過敏に反応し、バッシングに同調してしまう人もいるのだろう。

 福島では被ばくや健康被害について語ることはタブーになっていると聞く。どうやら事実を語ると叩かれてしまうという状況があるらしい。ご自身の原因不明の体調不良をブログに綴っていた「ぬまゆ」さんもブログを非公開にしてしまったが、福島では自分の体調や症状を語ることすら困難になっているのだろう。本当のことを言う人が叩かれるのであれば、それこそ真実を語る人への「差別」である。ところが、本当のことを言うと「差別を助長する」というのだから、アベコベではないか。

 私は日本にはびこる「ムラ社会」的な同調意識こそ、差別の温床だと思っている。多くの人はその場に漂う同調圧力によって周りの人に合わせてしまう傾向があるし、批判などを恐れて本音を言わないことが多い。多数意見に合わせていれば、まず自分が批判されたり攻撃されたりすることはないからだ。

 しかし、これは多様な意見や個性を否定することに他ならない。日本人の多くが、無意識のうちに同調圧力によって差別を助長しているといっても過言ではないと思う。被ばくによる健康被害を懸念する人に対し「福島に対する差別だ」と言う人がいるが、福島では被ばくを懸念したり健康被害を訴える人たちに対して差別がまかり通っていると認識すべきだ。

 今回の鼻血をめぐる問題で、双葉町が作者の雁屋さんではなく版元の小学館に抗議をしたというのもおかしな話だ。雁屋さんに抗議をしても漫画の販売を止められないからこそ、版元に圧力をかけたとしか思えない。

 「美味しんぼ」一時休載へ 「表現のあり方を今一度見直す」と編集部見解(産経新聞)

 なお、この記事ではあたかも批判によって休載に追い込まれたかのように感じられるが、実際にはシリーズの区切りごとに休載しているらしい。なんとも誤解を招く書き方だ。

 https://twitter.com/asozan_daifunka/status/467324623927791616 

 もう一つ指摘しておきたいことがある。この記事で立命館大名誉教授の安斎育郎氏の以下のコメントが掲載されている。

この中で、立命館大の安斎育郎名誉教授(放射線防護学)は、1シーベルト超の被曝(ひばく)をしなければ倦怠感は表れないが、漫画で第1原発を見学した際の被曝線量ははるかに低く、倦怠感が残ったり鼻血が出たりすることは考えにくいと指摘。「率直に申し上げれば、『美味しんぼ』で取り上げられた内容は、的が外れていると思います」「200万人の福島県民の将来への生きる力を削(そ)ぐようなことはしてほしくない」と訴えた。

 安斎氏の原発事故後の発言に関して私は以前から疑問を感じていたが、このコメントを読んで明らかに被ばくによる健康被害を過小評価していると思った。しかも、実際に倦怠感があったり鼻血が出た人が有意に多かったという調査結果を無視した意見だ。安斉氏の放射能リスクに関しては高岡滋氏が批判的な見解を述べているが、高岡氏の指摘はもっともだと思う。

 安斎育郎氏の放射能リスクに関する諸見解について(togetter)

 今年は原発事故から3年目。甲状腺がんをはじめとした健康被害の急増が懸念される時期に突入した。今回の騒動で、いよいよ被ばくによる健康被害に対する言論封じが本格的に始まったと感じざるを得ない。この国は、どんどん自由に物が言えないようになっていくだろう。大事なのは同調圧力に負けずに主張していくことだと思う。

2014年5月16日 (金)

鮮やかな柿色が美しいカタオカハエトリ

 5月11日、道南方面に出かけた際に川端ダム(夕張郡栗山町)に立ちよった。北海道では春に成体が見られるクモは限られているので、5月頃はそれほど熱心にクモを探すことはないのだが、ふとダムを取り囲んでいる鉄柵が気になった。橋の欄干などではクモがよく見られるからだ。

 赤い錆止めが塗られた鉄柵を目で追っていくと、案の定クモが次々と目に入ってきた。イナヅマハエトリ、ウスリーハエトリ、アマギエビスグモ・・・。そして、Euophrys属らしい地味な小型のハエトリグモの♀幼体(下の写真)。

P10505761

 このハエトリは何だろうかと思っていると、すぐ近くに鮮やかなオレンジ色の脚をしたハエトリグモが現れた。カタオカハエトリEuophrys kataokai Ikeda 1996の雄だ。体長は3ミリほどしかない(下の写真)。

P10505772 P10505813


 カタオカハエトリが北海道にも生息していることは知人からもらった標本で知っていたが、実は生きたカタオカハエトリを見たのは初めてだった。オレンジ色の脚や触肢が美しいだけではない。第1脚の先端には黒い毛が密生しており、その目立つ第1脚をしきりに振り上げるしぐさが何とも可愛らしい。しばし見とれてしまった。

 さらに驚いたのは、近くに何頭ものカタオカハエトリがいたのだ。私が見ていた鉄柵はほんの2、30メートルの程度の範囲なのだが、雌雄合わせて10頭以上はいた。一度にこんなに沢山のカタオカハエトリが見られるとは、なんとも幸運だ。しばし幸せな時を過ごした。(この感覚は、たぶんクモや昆虫好きの人でないと分からないだろう)。

 ところで、カタオカハエトリは1971年に八木沼健夫氏によって宮城県産の雄が日本新記録種Euophrys frontalis(Walckenaer 1802)として報告された。この報告では図や説明はないのだが、1977年に採集者である片岡佐太郎氏が雌雄の形態や図を記載している。しかし、後にこれは誤同定であることが判明した。また、本種はカキイロハエトリEuophrys herbigrada(Simon)とされたこともあったが、これも誤同定で、1996年に池田博明氏によってEuophrys kataokaiとして新種記載され、和名はカタオカハエトリが採用された。

 一方、北海道からは本物のEuophrys frontalis(Walckenaer 1802)が記録され、こちらの和名はウデグロカタオカハエトリとなった。後に東北からも記録され、カタオカハエトリと同様に北海道と本州に分布する。

 両者の雌は非常に良く似ており外観だけでは識別は極めて困難なのだが、雄では色彩が全く異なる。カタオカハエトリは脚や触肢がオレンジ色で第1脚の先端に黒色毛があるが、ウデグロカタオカハエトリの脚はオレンジ色をしておらず第1脚が黒色で、触肢には白色毛がある。もし片岡氏や八木沼氏がE. frontalisの雄のカラー図版や写真を見ていたら、同定を誤ることはなかっただろう。両種の違いについては以下を参照していただきたい。

日本のネオンハエトリなど微小なクモ(Jumping Spider Study Center of Japan by Hiroyoshi IKEDA.)

 このような経緯から今ではカキイロハエトリという和名はほとんど使われないが、雄の鮮やかなオレンジ色はまさに熟れた柿の色であり、個人的にはカキイロハエトリという和名のほうがしっくりくる。

2014年5月 9日 (金)

嫌がらせと意見・批判は区別して対処を

 ネット上でこんな記事を見つけた。

日本の社会がゆっくりと息苦しくなっていくメカニズム(誰かが言わねば)

 筆者の「ふとい眼鏡」さんは、日本の若い世代はインターネットやSNSでたくさんの人と薄く広い友人関係を築いていて、インターネット上の世界と現実の世界がひとつになっているために、ネットで袋叩きにされることを異常なまでに恐れているという。そして、このような息苦しい状態を放置すれば、戦中のような誰も本音を言えない世の中になるのではないかと懸念する。この状況を少しでもマシにするには、若者達に「すでに攻撃されている人を一緒になって攻撃する」ことが恥ずべき行為でなさけないことを理解してもらうことが重要だとの意見だ。

 この記事を読んでなるほどと思う一方で、なにか違和感が残った。子どもの頃からインターネットがある状態で育った世代は、たしかにネットでのつながりを重視している。常にスマホを手にして誰かとつながっていないと落ち着かないらしい。しかし、いわゆる「嫌がらせ」と「意見や批判」をきちんと分けて対処できれば、ネットでのつながり自体はそれほど恐れることではないのではなかろうか。

 匿名性の高い媒体においては「嫌がらせ」や「袋叩き」があるのは当たり前と考えるべきだ。ブログのコメント欄の炎上といった事態は、管理人の対処でどうにでもなる。嫌がらせが多くて煩わしいのならばコメント欄を閉じればすむことだし、承認制にしてもいい。嫌がらせコメントはまじめなコメントと容易に区別がつくし、相手を疲弊させたり炎上させることが目的なのだから相手にしないのが原則だ。こういうコメントに対していちいち怒って反応していたら挑発に乗ったと同然だし、相手はさらにつけこんでくるだろう。

 ツイッターも同様で、匿名で罵詈雑言を浴びせるような人は相手にせず、目ざわりなら黙ってブロックすればいい。実名で他者に罵詈雑言を浴びせる人はごく少数だし、そういう人は自分で自分の品位のなさをさらけ出しているも同然だ。

 炎上目的のネットの嫌がらせは大半が匿名によるうっぷん晴らしで、実名をさらさないからできるのだ。これに対し、学校でのいじめは教室という外部と隔離された場所で行われ加害者もはっきりしている。質がそもそも違うのだから、学校でのいじめと同一視して怯える必要はないだろう。

 ちょっとやっかいなのは、いわゆる「工作員」と考えられるような情報操作タイプのコメントだ。一見もっともらしい反論をして突っかかってくるのだが、論理で対抗できなくなるとやがて罵詈雑言になり馬脚を現す。私のブログにも工作員らしき者のコメントがたまにあるが、工作員と分かれば相手にしないのが賢明だ。

 そのような「嫌がらせ」や「情報操作」とは別に、異論や批判的意見を書き込む人もいる。匿名か否かに関わらず、自分の意見や感想を率直に述べたり、具体的に根拠を示した異論・反論・批判は「嫌がらせ」ではない。開かれた場で自分の意見を主張する以上、異論・反論があるのは当然と考えるべきだ。もし異論や批判を読みたくないのならば、コメントを閉鎖すればいいだけのことだ。ツイッターで意見を言ってくる人もいるが、返信の義務や責任はないのだから、対応が面倒なら言わせておけばいい。

 また、自分と異なる意見を「間違い」と断定して自分の意見を執拗に押しつけてくる人は「課題の分離」ができていないのだから、相手にしないほうがいい。

 フェイスブックのコメントも同じで、賛同の意見だけとは限らない。実名が原則のフェイスブックの場合は責任を持って意見を書き込むわけで、嫌がらせ目的でコメントをする人が多いとは思えない。異論や批判意見を書かれるのがどうしても嫌なら無理してフェイスブックに参加する必要もないだろう。

 「ふとい眼鏡」さんは、SNSで広いつながりを持っている10代や20代の若者は、炎上などの失態が知り合いに広く共有されてしまうことを恐れているという。しかし、自分のブログでの炎上のコントロールは可能だし、「ネットでの炎上は匿名による嫌がらせ」という認識を持っているなら、炎上することは失態でも恥ずかしいことでもない。

 実名が基本のSNSで、もし個人のプライベートな失敗や失態を話題にして嘲笑うような人がいるならば、そんな人との繋がりは解除したほうがいい。そういう人権侵害をする人はやがて皆から敬遠されていくだろう。また、匿名性の高いSNSには安易に手を出さないほうが賢明だとも思う。

 どちらかというと中高年の人たちは、「嫌がらせ」と「意見・批判」の違いをきちんと理解してSNSを上手く使いこなしている人が多いのに対し、若者の場合は神経質になりすぎてSNSに振り回されているという気がしてならない。SNSを上手く使いこなせるかどうかは、「他者が意見をいう権利は尊重するが、嫌がらせは相手にしない」というメリハリのある態度がとれるかどうかの違いではなかろうか。

 そもそも誰もが利用できるインターネットは学校の教室のような閉鎖空間ではないし、自分の意志で参加するものなのだから、参加しないという選択肢だってある。強制されているわけでもないのに、他者の評価や嫌がらせに怯えつつ広く浅いつながりにしがみつく必要性がどれほどあるのだろう。広く浅くつながっていなければ安心できないというのは、思い込みではなかろうか。ネットでのつながりを異常なほどに意識してしまうことの方がむしろ問題のように思う。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

フォト

twitter

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ