« 隠される健康被害 | トップページ | 「原発ホワイトアウト」が描き出した利権構造 »

2013年11月19日 (火)

御用学者考-江守正多さんは御用学者か

 ツイッターで地球温暖化に関わるやりとりをする中で、江守正多さんが原発反対を言わないから御用学者というような主張をする人がいた。そこで、いわゆる御用学者について考えてみたい。

 御用学者とは「はてなキーワード」によると、「おもに権力者・権力側に迎合し、調査結果などを権力者ないし依頼者に都合の良い方向に導き出す学者。省庁の審議会に招かれその省庁の進める方針に従った意見を述べる、等々、御用学者の活躍の幅は広い」と書かれている。では、具体的にはどうだろう。

 私は動植物に関心があり自然保護にも関わっているが、もちろん環境問題に関しても御用学者がいる。自然破壊の主たるものはダムや道路工事など大型公共事業による開発行為だ。御用学者と言われる人たちは、そうした公共事業の事業者が設置する審議会、検討会、委員会などの委員となり自然環境への影響について意見を述べる。もちろん彼らは自然破壊を安易に是認はしない。しかし、たとえば希少植物があれば移植をしなさいとか、希少猛禽類が生息していれば繁殖期を避けて工事をしなさいなどと条件をつけて結果として事業にゴーサインを出すのである。

 このような事業者が設置する委員会の委員になる人がすべて御用学者というわけではない。時には事業に反対する意見を言う研究者もいる。しかし、そのような人が委員として再任されることはない。

 では、こうした御用学者の個々の研究が捏造や恣意的操作をしているのかといえばそうではない。環境破壊を伴う事業では環境アセスメントが行われるが、この調査をするのは研究者ではなくコンサルタント会社(アセス会社)である。そしてコンサルタント会社こそデータの恣意的操作などを行って事業者に都合のよい報告書を出すことをしばしば行う。御用学者はそれを見逃すのである。

 御用学者と言われる人たちの中には、環境保全を謳う団体に関わっていることすらある。建前は環境保全を口にしてはいても、また自分でデータの操作などはしなくても、行政の設置する委員会等で行政の意向を汲んだ発言をするのだ。

 原発の敷地にある活断層の判断に関わって注目された研究者として渡辺満久さんがいる。彼は日本では複数の原発敷地内に活断層があると指摘している。しかし、彼は原発には肯定的な立場だ。原子力は使ってもいい、使うべきだ、という立場でありながら、活断層があるようなところに原発を建てるべきではないと主張している。

 「原発と活断層~その実態を聞く」活断層の専門家・東洋大学教授渡辺満久氏(みんな楽しくHappyがいい)

 彼は決して反原発ではない。しかし、だからといって彼が研究者として間違ったことを言っているとか、多くの地質の研究者とは異なる見解を独自に主張していると言う人は聞いたことがない。脱原発派の人で渡辺さんが御用学者だという人はいるだろうか?

 活断層問題で御用学者と言われるのは、明らかに電力会社の側に立ち、活断層ではないと主張するような研究者だ。

 福島の原発事故以前から反原発を唱えている物理学者として槌田敦さんがいる。たしかに彼は権力者におもねるようなことはなく御用学者の要素はまったくない。しかし、槌田氏の主張する「気温の上昇が原因で、二酸化炭素の増加はその結果」という主張には多くの人が疑義を呈している。

 つまり、槌田氏の言っていることは数年の時間スケールにおける気温と二酸化炭素の相関関係であり、長期的に見れば二酸化炭素の増加が気温の上昇に先だっているという主張だ。反原発を主張する人の見解が必ずしも正しいとは言い切れない。

 以上のように、環境やエネルギー等の政策に対する研究者個人の見解と、その研究者が御用学者であるか否かは全く関係がないのである。

 また、研究費が国から出ているから御用学者だという見方もあるようだ。しかし、そんなことを言えば国立大学の教員や国立の研究機関に所属する研究者はみな御用学者ということになってしまう。しかし、実際にはそんなことはない。確かに国から研究費を得ていれば国の意向に反する研究はしにくいという事情はあるだろう。しかし権力者と迎合しない研究者も間違いなくいる。また、データの操作や捏造までする研究者は例外的な存在に過ぎないだろう。それがバレたなら研究者生命に関わるのだから。

 こういった事実にも関わらず、地球温暖化問題に限っては、原発に反対している研究者は御用学者ではないが脱原発をはっきり言わない人は御用学者だと思い込んでいる人が多いように見える。

 少なくとも江守正多さんに関して、私は御用学者といえる根拠を見出すことはできない。

 地球温暖化はたしかに原発推進派に有利に働く。しかし、地球温暖化が事実であろうとなかろうと、原発推進派は原発の再稼働に向けて邁進するに違いない。なぜなら、原発の稼働そのものが利権を生みだすのだから。原子力の専門家とてすべてが御用学者になるわけではなく、原発の危険性を唱える人たちは何人もいる。原発推進のためにわざわざ世界の気象学者を御用学者に仕立てて地球温暖化を捏造しているとはとても思えないし、そんなことは不可能だろう。

« 隠される健康被害 | トップページ | 「原発ホワイトアウト」が描き出した利権構造 »

原子力発電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/53991606

この記事へのトラックバック一覧です: 御用学者考-江守正多さんは御用学者か:

« 隠される健康被害 | トップページ | 「原発ホワイトアウト」が描き出した利権構造 »

フォト

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ