« 信じがたいほど深刻な福島の子どもの甲状腺検査結果 | トップページ | タクシードライバーになったノルウェー首相 »

2013年8月22日 (木)

海を殺す東京電力

 福島第一原発の汚染水の問題がいよいよ表面化してきた。もちろん、汚染水の処理や保管が大変なことになるのは原発事故の当初から分かっていた。地下水の汚染も然り。小出裕章氏は事故の直後から「地下ダム」の建設を提唱していたが、東電は聞く耳を持たなかった。

 トラックの荷台に置いた仮設の配電盤がネズミでショートして停電したのも、仮設をいつまでも放置したことに起因している。東電を見ていると、事故処理にお金をかけることを避け、何もかもその場しのぎで「仮」のまま対処してきたためにどんどん状況が悪化し、手がつけられない事態に陥っているとしか思えない。

 そもそもこれほどの大事故を東電だけで対処するのは無理だったのではないか。そのことを分かっていながら、政府は黙認した。事故処理能力がない東電になぜ任せ続けるのか。それは、外部の者が関われば、いままで隠してきた不都合な事実が知られてしまうからではなかろうか。大事故を起こした企業の自己保身のために事態がどんどん悪化し、世界中が大変な迷惑を被っている。

 ところで、タンクからの汚染水の漏えいは、汚染水の保管や管理が行き詰っているという極めて危機的な状態を意味している。新聞報道によると、タンク保存されている汚染水は33万トンで、そのうちの22万トンがボルト締めの仮設タンクに入れられているという。このタイプのタンクは350基もあるそうだ。

 20日に、およそ300トンの高濃度汚染水が漏出したとのニュースがあったが、これで仮設タンクからの汚染水漏れは5回目である。しかも今回は漏えい個所が確認できず、漏えいは続いているという。ダダ漏れ状態だ。しかも今日(22日)の報道によると漏れた汚染水はすでに海に流れてしまったという。

 他のタンクもいつ水漏れがあってもおかしくない。次々と漏れていったら大変なことになる。もっとも危険なのは大地震に襲われることだろう。地震の揺れそのものでもタンクに負荷がかかれば水漏れの原因になりえるだろうし、地盤が沈降あるいは隆起するなどしても漏えいが生じるだろう。

 このタンクに保管されている汚染水は、溶けた核燃料の冷却に使ったあと放射性セシウムなどを除去した水だが、その濃度がまた半端ない代物だ。ストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質は1リットルあたり8千万ベクレル含まれているという。新聞記事ではタンク周辺の汚染水の水たまりの上50センチで最大毎時100ミリシーベルトだと書かれている。

 しかし、100ミリシーベルトというのは正確ではないらしい。以下参照。

NHK嘘報道-福島汚染水漏れで放射線の放射線量は100ミリシーベルト/時 実際は高すぎて測れない(めげ猫「タマ」の日記)

 どうやら100ミリシーベルト以上というのが正確なようだ。もし線量が高すぎて測れないということなら、いったいどれくらいの線量なのだろう。考えただけでもゾッとする。こういう汚染水が増えつづけていて、とりあえずはタンクを増やしていくしかないというのが現状だ。

 とにかく福一の敷地内ではこのようなきわめて高濃度の汚染水がタンクから漏れ出して地面にしみ込んだり、海に流れている。海側に作った壁の上からも汚染水が海に流れこんでいる。福一一帯が汚染水漬けといっても過言ではないだろう。予想はされていたものの、大変な事態だ。

 汚染水の漏えい問題に関しては以下のページのまとめが分かりやすい。

放射性汚染水漏れはくいとめられるのか(原発なしで暮らしたい むしむし通信Fukushima)

 そしてこの汚染水漏れについてガンダーセン氏は漏出を止めるのは無理であり、少なくとも20年か30年の間、放射性物質を海に放出し続けることになる、と言っている。

「史上最悪の高濃度汚染水、今後30年以上太平洋へ」「日本政府、節約のために対策を2年以上放置」米専門家が指摘/ヴォイス・オヴ・ロシア(8月7日) (フランスねこのNews watching)

 小出さんやガンダーセン氏の提案を無視したことが大変なツケとなって、廃炉をさらに困難にさせているのだ。これほどの高濃度汚染水を海に流しつづけたなら、太平洋は死の海となるのではないか。もちろん海は地球全体に広がっているから、汚染はどんどん拡散されていくだろう。

 地球上の生命を育んできたのは海である。その海が放射性物質によってこれから何十年と汚染されていくことになるだろう。海では当然、生物の体内に放射性物質が取り込まれて体内濃縮が起きる。魚は回遊するからいずれ日本だけの問題ではなくなる。そう遠くない将来、漁業被害をめぐって太平洋沿岸の国々から損害賠償請求が起こされるのではなかろうか。

 汚染は海だけに留まらない。たとえば、サケは産卵のために河を遡上して一生を終える。川で一生を終えたサケはヒグマやキツネなどの餌となり動物によって、あるいは野鳥によって汚染は陸地に運ばれるのだ。海と陸を結ぶ生態系によって、汚染は海から陸へも拡散されるだろう。日本は、いったい世界に対してどのようにこの責任をとるというのだろう。

 はじめの対処を間違ったがゆえに、取り返しのつかない事態になっている。東電にこのまま処理を任せたら事態は悪化する一方だろう。事故処理に税金を投じるというのなら、その前に東電を解体させるべきだ。事故処理に世界の叡知を結集させなければ、さらなる困難が待ち受けるだけだろう。

福島原発汚染水流出 原因は事故直後にある[慶大教授 金子勝の天下の逆襲] (「日々坦々」資料ブログ)

« 信じがたいほど深刻な福島の子どもの甲状腺検査結果 | トップページ | タクシードライバーになったノルウェー首相 »

原子力発電」カテゴリの記事

コメント

謹啓、毎時100ミリシーベルトにせよ作業員の許容時間は1時間以下で現実的に垂れ流しになる可能性が濃厚です。「宇宙船地球号」の滅亡は早まり死の惑星が公転と自転を繰り返す日の到来が早まりました。若し落選、辞職、最悪の場合暗殺を覚悟して地球を救う救世主が総理に降臨されれば政治主導で不要不急の公共事業を凍結、東電を国家管理として超法規的に決死隊、特攻隊を募りタンクの補修、ステンレス製の強化タンクの増設を突貫工事で為させると存じます。チェルノブイリでは3万人の軍人と30万人の志願者が作業に当たり石棺化したと存じますが現在の私利私欲の猿山のボス猿争いに明け暮れる議員様では捨て石になる意欲が湧きません。敬具

福島の事故はチェルノブイリとは比べ物にならないくらい収束、廃炉が困難であることが露呈してしまいました。2年半たった今でも大気へ、海へと放射性物質はダダ漏れです。東電や政府は分かっていながら隠しきれなくなるまで隠し続けたのでしょう。今検討されている凍土壁というのも、その場しのぎとしか思えません。この国の隠蔽体質、そして危機管理能力のなさにはうんざりします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/52981067

この記事へのトラックバック一覧です: 海を殺す東京電力:

« 信じがたいほど深刻な福島の子どもの甲状腺検査結果 | トップページ | タクシードライバーになったノルウェー首相 »

フォト

twitter

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ