« 「ぬまゆ」さんに問題があったのか?(追記あり) | トップページ | 松崎道幸医師による甲状腺結節のがん化に関する見解 »

2013年4月 2日 (火)

2年以上経ってから重大事実が露呈するという現実(追記あり)

 原発事故から2年以上もたって、2011年3月20日前後の放射能の大量放出のことが報道された。

福島第1原発 1号機の注水9割漏出か 現場、水圧で認識(河北新報)

 1号機と3号機で注水がほとんどできず、炉内がカラカラの状態だった可能性が高いというのだから極めて重要な情報だ。それなのに、なぜかマスコミではそれほど大きく扱われていないようだ。

 3月20日前後の放射線量の急上昇は当初から小出裕章さんなどによる放射線量の測定で知られていたが、もちろん東電も分かっており、その原因まで知っていた。注水ができてないことを知ったときにすぐに報じて注意喚起すれば、余計な被ばくをしなくて済んだ人もたくさんいただろう。

 この事実を東電がずっと黙っていたのは、何としてでも放射性物質の放出量を小さくしておきたかったからだろう。しかし、2年も黙っていたとはあまりに酷い。複数の子どもの甲状腺がんの発症などが明らかになり、多くの人が深刻な被ばくをしたことをだんだん隠せなくなってきていることと関係しているのだろうか。

 もう一つ、アー二―・ガンダーセン氏の重要な解説を紹介している方がいる。多くの方に知ってほしいことなので、ここでも紹介しておきたい。

アー二―ガンダーセン「複数の原発が事故が起きた時に、国際事故評定のレベル8を設けるべきだ」 (まっちゃんのブログ)

 詳しくは上記の記事をお読みいただきたいが、重要ポイントだけ以下に書いておく。

・福島第一原発事故の根本原因はディーゼル発電機を冷却するために沿岸に設置しているポンプが壊れて動かなくなった(ヒートシンク喪失)ことで、福島第一だけではなく福島第二、女川、東海の各原発のディーゼル発電機も動かなくなっていた。
・水辺にあるポンプが壊れたのだから、ディーゼル発電機を高台に移すだけでは解決できない。ポンプの位置を変えるか、水中ポンプに変えるべきである。
・複数の原発で事故があった場合は、事故の国際レベルをもう一つ増やしてレベル8を設けるべきだ。
・私は福島第一はチェルノブイリより多くの放射性物質を出したと思う。

【4月4日追記】
 3月20日から23日頃にかけて放射性物質が大量に放出された件では、以下のサイトで具体的に指摘している。

2011年3月21日~23日 東京に大量降下した放射性物質の証拠データ(原発問題)

« 「ぬまゆ」さんに問題があったのか?(追記あり) | トップページ | 松崎道幸医師による甲状腺結節のがん化に関する見解 »

原子力発電」カテゴリの記事

コメント

謹啓、スピーディの速報を知らせなかった国土産業省保安院と東京電力、「直ちに健康に問題は無い」と二枚舌を使い分けた(枝野幸男公職にあるので敬称は削除します)らに対しては職務怠慢、不作為の罪で不本意なから起訴してやりたい心境です。

東電は何回にもわたって大量の放射能漏れがあったことを知っていたのに、何も言わなかったわけですね。20日前後の放射能漏れのときも、せめて「屋内退避してください」と言っていたら、被ばくを最小限に抑えられた人も大勢いたでしょう。

また、ディーゼル発電機のポンプが壊れていたことも、電力会社の人たちは知っていたのに黙っていたわけです。こんな重大なことを海外の人に言われるまで私たちは知らされないわけで、愕然とします。

東電も保安院の人たちも、犯罪者といえるでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/51069594

この記事へのトラックバック一覧です: 2年以上経ってから重大事実が露呈するという現実(追記あり):

« 「ぬまゆ」さんに問題があったのか?(追記あり) | トップページ | 松崎道幸医師による甲状腺結節のがん化に関する見解 »

フォト

twitter

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ