« 原発のパブコメが面倒だと思っている人へ | トップページ | 業界関係者も公述した十勝川水系河川整備計画公聴会 »

2013年2月28日 (木)

福一の放射能放出の真相や被ばくの実態は解明されていない

 まもなく福島第一原発の事故が起きてから丸2年になるが、どうみても健康被害が顕在化してきている。マスコミはほとんど伝えないけれど、インターネットで情報収集している人の多くが感じていることだろう。以下のサイトでは、福島での健康被害についてまとめている。

福島で拡大している健康被害!高血圧症、中1年生で9倍 異常な数のお悔やみ記事 死亡率の上昇(正しい情報を探すブログ)

 福島県の2010年と2012年の死亡率を比べると死亡率が上昇しておりそれは交通事故死のリスクの16倍、心疾患による死因が14.6%増加、子どもの高血圧症の増加・・・。この記事ひとつ読んでみても、尋常ではない状況になっていることが分かるだろう。病気や死亡率の上昇はいくら隠そうと思っても隠しきれない。それが事故後2年経ってかなり明確になってきている。これらをすべて原発事故によるストレスで説明するのはあまりに無理がある。もちろん放射能の影響によるものだという証拠はないが、疑わないほうが不自然だ。

 いったい福島や関東地方ではどれほどの放射性物質が降りそそいだのだろう? 京都大学原子炉実験所の今中哲二氏は、大気中に放出された放射性物質の量を福島とチェルノブイリで比較し、キセノン133はチェルノブイリの2倍であるがセシウム137は20-40%程度、ストロンチウム90、プルトニウム239・240による汚染は小さい(飯館村の場合、ストロンチウム90はセシウム137の2000~3000分の1、プルトニウムは1000万~1億分の1)としている。

福島原発事故とチェルノブイリ原発事故による放射能放出と汚染に関する比較検討 

 この数値から見るなら、福島での被ばく量はチェルノブイリほど高くなく、チェルノブイリほどの健康被害は生じないということになりそうだし、実際、今中氏はそのようなスタンスのようだ。

 しかし本当だろうか? ガンダーセン氏によると、福島はチェルノブイリと違って、放射能雲(プルーム)が地表を縫うように流れたので、その分、地上にいた人々の被ばく量はチェルノブイリでみた以上に高いのではないかと指摘しているそうだ。

 http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2013/02/post-282b.html 

 火山学者で群馬大教授の早川由紀夫さんは、事故後間もない頃から同様の指摘をしていた。考えてみれば、チェルノブイリと福島では放射性物質の放出の仕方がまるで違う。チェルノブイリでは大爆発を起こして放射能が空高く舞い上がり、北半球の広い地域を汚染した。その影響で日本も土壌が汚染された。しかし、福島は状況が異なる。目に見える爆発が起きたのは12日の1号機の建屋が吹っ飛んだときと14日の3号機の爆発。14日の3号機の爆発のときには確かにかなり上空まで黒い煙が立ち上った。しかし、これ以外に目にみえない放射性物質の放出が複数回ある。

 まず、1号機ではベント開始の5時間前から10キロ圏に放射性物質が拡散されていたことが最近になって分かった。ベント直前の3月12日10時には通常の720倍が記録され、避難前の住民が高線量にさらされていたそうだ。この事実は国会と政府の事故調査委も把握していなかったという。原子炉建屋が水素爆発で吹っ飛ぶかなり前から高濃度の放射性物質が漏れていたことになる。

 http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2013/02/post-3059.html 

 15日の2号機のサプレッションチェンバーの爆発は1号機や3号機のような建屋が吹き飛ぶ大爆発にはならなかったが、確実に大量の放射性物質が漏れたはずだ。3月20日の3号機の爆発に関しては未だに東電は隠し続けている。このときもかなり放射性物質が放出されたはずだ。

2011年3月20日、隠蔽された3号機格納容器内爆発(Space of ishtarist)

 さらにガンダーセン氏は4号機の燃料プールでは水位低下によって燃料棒が大気に露出したという指摘までしている。これが事実ならかなりの放射性物質の放出があっただろう。

http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2013/02/post-7817.html 

 これらの大爆発を伴わない放射性物質の放出は、空高く噴きあげられてはいない。地表近くを流れる風によって這うように放射能雲が移動していったのではなかろうか。事故後2年経たないうちに、福島では甲状腺がんの子どもが3人、疑いのある子供が7人確認され、健康被害は関東地方にまで及んでいると思われることからも、地表を這うように移動した放射性物質を呼吸によって吸い込んでしまった人が多いのではないかと思えてならない。

 しかし、今中さんはこのような放射能プルームの動態まで考慮していないように思える。しかも、保安院の放出量の数値は過小評価している可能性も高く、そもそも信用できない。また、今中さんについては以下のような批判意見もある。私も、今中さんは内部被ばくについて過小評価しているとしか思えないし、チェルノブイリの被害者数を2万人と見積もっているところなど明らかに過小評価だ。

京大の今中哲二助教の健康被害についての言葉に要注意! (被曝後の世界に生きる)

 チェルノブイリと福島では放射性物質の大量放出の回数も、放出量も、拡散の仕方も、また放出された核種の割合も異なる。だから、今の段階では公表された放出量の比較だけで福島の方が健康被害は小さいなどと言うことはできないのではなかろうか。また以下のような見解もあり、ホールボディカウンターによる数値だけで内部被ばくはたいしたことがない、と言ってしまうのも危険だと思う。

ホールボディカウンター検査は、受ける必要はない?? (もみの木医院)

福島県から栃木県北地方の内部被ばくについて (もみの木医院)

原発事故と放射線障害に対する考え方 (もみの木医院)

~脱原発のすすめ~ (もみの木医院)

 事故から2年経った今もいったいどれほどの放射性物質が福一から放出され、人々がどれくらい吸い込んでしまったのか明確にわかっていないと言ってもいいだろう。福島のようなタイプの事故は初めてのことだし、内部被ばくや低線量被曝についてはまだ分からないことも多い。

 だから、安易に「チェルノブイリのようにはならない」などと言うべきではない。もし、これから健康被害がどんどん増えていくのなら「福島では健康被害は起きない」「内部被ばくはたいしたことはない」と言っていた人の責任は限りなく大きいことになる。

« 原発のパブコメが面倒だと思っている人へ | トップページ | 業界関係者も公述した十勝川水系河川整備計画公聴会 »

原子力発電」カテゴリの記事

コメント

謹啓、原発事故は個別に状況が異なり前例は参考にはなっても当て嵌まりません。本当に原発が安全なら東京や大阪に建設出来た筈で電力会社と利権分配に与った政治家、原子力村の乞食達、補助金に潤った方々も責任は免れません。重要な政策には国民投票で決定して貰いたくなる程、国会と有権者が断絶し国会議員の職務怠慢を痛感致します。森の石松を評した「馬鹿は死ななきゃ直らない」を実感させられます。敬具

関さん、こんばんは。

おっしゃる通り、福島とチェルノブイリではいろいろ違いがありますので、チェルノブイリの事例は参考になるだけです。しかも、日本の方がはるかに人口密度が高いので、場合によってはチェルノブイリの被害を超える恐れもあります。避難をさせないどころか、汚染地に住民を戻そうとするこの国は、もはや狂気としか思えません。

また、チェルノブイリでは、事故当初はとくに健康状態に異常がなくても、何年も経ってから健康が悪化した事例もかなりあるようです。この先どうなるのかと思うと本当に心配です。以下参照。

http://blog.goo.ne.jp/nbjc/e/2aa27ad6d2f6be6a71541bc2f08abb66

>事故後2年経たないうちに、
>福島では甲状腺がんの子どもが3人

甲状腺がんはチェルノブイリでは4年が定説だったと思うのですが、福島ではもう発生しているのでしょうか?
2011年の事故で、2011年に見つかったがんならば「晩発性」ではなく「急性症状」ですよね。
現状の一般論とかなり食い違う印象なのですが、その点についてのお考えを教えて下さい。

武田舞華さん、こんにちは。

甲状腺がんの発生時期については以下の記事で書いていますが、チェルノブイリでも事故の翌年から微増しており4、5年後から急増しています。
http://onigumo.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-e022.html

また、小出裕章さんもチェルノブイリの事故で4年後から甲状腺がんが出たという主張は誤りであると言っています。
http://hiroakikoide.wordpress.com/2013/03/02/radioforum-2013mar2/

福島の甲状腺がんの発生率は尋常ではないことからも、被ばくによる影響でしょう。現時点では3人が甲状腺がんで7人も疑いが濃厚ということですが、これは福島の子どもの一部しか検査していない段階でのことです。福島ではチェルノブイリ以上に深刻になる可能性があります。以下もご参照ください。
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2800.html

>小出裕章
ワタクシはこの方を尊敬しておりますが、残念ながら日が経つにつれて厳しい立場に置かれてきているようにみえます。
『誤り』と聞けば「4年じゃなくて1年なんだ」と主張したようなイメージですが、小出先生は『4年に見えなくもないけど、確実にそうとも分からないから“結論を出す行為については”誤り』と言ってるだけです。これでは詭弁と言わざるを得ません。
この先生はしきい値仮説に対してLNT仮説を盾に「被曝はわずかでも危険」と主張しているわけですから、こんな内容では単なる逆御用学者です。

>福島の甲状腺がんの発生率は尋常ではない
>ご参照ください。
すいません。何を比較に「尋常ではない」のかが理解できません。

>福島ではチェルノブイリ以上に深刻になる可能性があります。
この言葉は、チェルノブイリ以下の可能性を否定したことにはなりません。私もどちらの可能性も考えますが、現時点ではチェルノブイリ以上が確定するような事例は一つもないと理解しています。
「こういうデータが出た」→「(判断つかずに)分からない!」→「チェルノブイリを超える可能性があるぞー!」では、一般論にはなりえないと思います。
もちろん「一つの貴重な意見」として否定されるべきではないでしょうけど。

連投で申し訳ないのですが、個人的には小出先生の「原発は事故が起きた時、火力などと比較して被害が甚大だからやめるべき」という考え方は共感できます。
しかし発現の節々に少なからず「原子力利権者の撲滅」という“私欲”が垣間見えてしまうところに怪しさもあります。

東日本大震災を素直な目で振り返れば、今回最も反省すべきは原発ではなく、「なぜ海岸線の防波堤をもっと高くしなかったのか?」「なぜ海岸線沿いを住宅地にしたのか?」です。

原発が激しく叩かれる意味は安全性ではないと思います。それは叩きのネタであって、仮に100%安全だとしたって叩く人は理由をみつけて叩くのです。見せかけの正義感に騙されてはいけないと思います。そりゃ利権者みてれば腹立ちますけどね・・・

武田舞華さん、あなたは何を主張されたいのでしょう。「そりゃ利権者みてれば腹立ちますけどね・・・」と言いながら、「『原子力利権者の撲滅』という“私欲”が垣間見えてしまうところに怪しさもあります。」と言うのは矛盾しています。利権者の撲滅がなぜ私欲なのでしょう。

また小出さんを評価する一方で「逆御用学者」と言うのも矛盾しています。あなたの発言はまるで原発推進者(工作員?)のように感じられます。

言いたいことは簡単です。

>福一の放射能放出の真相や被ばくの実態は解明されていない

小出先生もアナタもこの言葉を担保に、全ての事象を原発に押し付けようとするのはなぜなのかなーと。
「分からないから安全」→推進派。
「分からないから危険」→小出氏。

「危険の可能性がある」を通り越している人は、推進派と紙一重ですよ。少なくとも今の3名の甲状腺がんを原発由来だなんて言い切ることは相当難しいはずで、それこそ何の証拠もないのによく言えるなーと感心します。

自ら医者にかかった患者数と、先行調査を同列に考えているのもどうかなぁと。

武田さん、甲状腺がんに関してはIAEAですらチェルノブイリ事故による被ばくとの関係を認めています。一部の子どもたちの検査結果で甲状腺がんが3人、疑い濃厚が7人という数値からは、チェルノブイリと同じかそれを上回る甲状腺がんの発生が懸念されます。

「被ばくによるものだと確信を持って言えないけれど危険と考えるべき」という意見のどこが推進派と紙一重なのでしょう。あなたの主張は支離滅裂です。

なお、あなたのコメントに関する私の意見は新しい記事に書きました。

http://onigumo.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-7b41.html

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/49716942

この記事へのトラックバック一覧です: 福一の放射能放出の真相や被ばくの実態は解明されていない:

« 原発のパブコメが面倒だと思っている人へ | トップページ | 業界関係者も公述した十勝川水系河川整備計画公聴会 »

フォト

twitter

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ