« 金坂滋行政書士の処分で公文書の重要部分を黒塗りにした東京都 | トップページ | ダムで砂礫を止められた札内川で砂礫川原再生はできるのか? »

2013年2月18日 (月)

不都合な真実を暴露しているブログをチェックする役人

 このブログでは、必要性のほとんどない公共事業の問題点などについてしばしば指摘している。私は、自然保護活動に関わっているために、このような事業の担当者(すなわちお役人)と話し合いをすることがしばしばある。そうした折に、「ブログ読みました」と言われることがよくある。

 森林管理署(林野庁)の職員、北海道の職員、開発建設部(国交省)の職員、帯広市役所の職員などから、「ブログを読みました」と言われたことがある。どうやらこのブログはお役人にかなり読まれているらしい。

 裏を返すなら、彼らはインターネット検索によって常に批判者をチェックしているということだ。もちろん、こうしたことはお役所だけではなく企業などでも当たり前のようにやっているのだろう。

 大型公共事業の「不都合な真実」は、自然保護活動をしている人たちはもちろん以前から分かっていた。利権にまみれたムラ社会の存在も。しかし、そうした情報は自然保護団体の会員の間では共有されるものの、それ以外の人たちにまではなかなか伝わらないのが現実だった。一部の雑誌などで紹介されることはあっても、そのような雑誌を読む人はそもそも限られている。

 しかし、インターネットの普及によって、誰もが世界に向けて発信できるようになった。今では多くのNGOやNPO、あるいは活動を行っている個人がホームページやブログを通じて、役人が隠しておきたい「不都合な真実」を暴露するようになった。原発問題もそうだが、このようなホームページやブログにこそマスコミがほとんど報道しないような「不都合な真実」が書かれている。

 税金で行っている公共事業を問題にしているのだから、誤りや違法性がない限り、記事の訂正や削除を求めることはできない。お役人がインターネットで発せられる情報をこまめにチェックするのは当然だろう。

 北海道開発局によって士幌町で行われている「富秋地区国営かんがい排水事業」についても、私の所属する十勝自然保護協会は帯広開発建設部の担当者と事業について話し合いを行ってきた。そして、私もこの事業の問題点についてこのブログで何回か発信している。帯広開発建設部の担当者は、当然すごく気にしているのだろう。

 昨年(2012年)3月のことになるのだが、帯広開発建設部の職員から十勝自然保護協会の事務局長に対して、メールで以下のような要請があった。

・・・また、士幌「富秋地区」国営かんがい排水事業調査結果報告に係わる質問書について(回答)を送付いたしました際、「希少な動物種の情報について記載していますので取扱には十分留意いただきますようお願いします。」とお願いをしていたところですが、松田様のブログ記事(鬼蜘蛛おばさんの疑問箱)で、当方からの説明に基づく希少な動物種の情報についての掲載がなされているところです。
 つきましては、松田様個人のブログ記事と承知しておりますが、貴協会において希少な動物種の情報の適切な取り扱いについてご理解とご協力をいただけますよう改めてお願い申し上げます。

 私はこのメールが届く1カ月ほど前の2月5日に以下の記事を書いている。

明確になった「富秋地区」国営かんがい排水事業の欺瞞 

 お読みいただければ分かる通り、事業者の嘘と事業の欺瞞性を暴いた記事で、開発建設部にとってはもっとも隠しておきたいことだったに違いない。だからこそ、希少な動物種の種名が書かれていることを持ち出してやんわりとクレームをつけてきたのだろう。

 このメールを発信した帯広開発建設部にはっきり言っておきたい。「あなたたちにそのようなことを言われる筋合いはない」と。

 開発局による無駄な公共事業、すなわちダムや道路建設などによって、これまでにいったいどれほどの希少動植物の生息地が破壊され、どれほどの希少動植物が消滅したり絶滅の危機に追い込まれたのか分かっているのだろうか。

 私とて、自分の知り得た希少動植物の情報を安易に公開するつもりはない。生息地を公開することで盗掘や採集などの危険にさらされることがあり得るのは十分承知している。しかし、大型公共事業による生息地破壊や生息地の改変は採集圧とは比べ物にならない大きな影響を与えるのだ。かつてはどこにでもいたような普通種が絶滅危惧種になってしまったような例はいくつもあるが、それらの原因の大半は採集ではなく開発行為だ。

 だからこそ、開発行為が希少種に大きな影響を与えると判断されるときには、種名も明らかにしたうえで保護を訴えるのである。希少種の存在を隠していては、事業の問題点や欺瞞性を突くことはできない。

 帯広開発建設部は、富秋地区で希少種の調査をしてきたが、結局、開建の考えている工法でニホンザリガニを保護できるという結論には至らなかった。ニホンザリガニが生息できなくなる可能性もあるのに、開建は事業を強行しようとしている。開建は保護をするために希少種調査をしたのではない。「希少種の保護策を検討した」というアリバイづくりのために調査をしたのである。もちろんその調査自体も税金で行っている。

 ところで、私はブログで批判的意見を発信する以上は発言内容に責任を持つべきだとの考えから、私宛にメールを送信できるよう設定している。記事に誤りがあれば訂正するし、説明を加筆することもある。私の記事に意見があるのなら、直接メールで言っていただきたい。

« 金坂滋行政書士の処分で公文書の重要部分を黒塗りにした東京都 | トップページ | ダムで砂礫を止められた札内川で砂礫川原再生はできるのか? »

自然保護」カテゴリの記事

コメント

バラマキによる失業対策にすぎないといえばそれまでだが、19世紀以降の国家像からすると。まあ発端は第二次世界大戦における国家動員や戦時研究などが発端。アメリカもそれまでは、農業国にすぎなかった、とか科学史の本で読みました。

海外だと巨大科学にばらまいたり軍事研究をしたりしているが、日本においては公共事業と原子力がこれに相当しているにすぎない。。。

結局国策で強固に推進されるから、権力による独裁体制へとつながっていく。一件平和的に見えるので大衆は騙される。真の洗脳とは自分が洗脳状態にあることを気づかせない。田中正造の鉱毒の時代から変わらない。

原発も公共事業も典型的なムラ社会。どんなに正論で批判しても、国策ということで強行されます。人の命も自然破壊もお構いなし。ムラ社会の人たちは何よりも「お金」が大好き。

もう、いい加減に国民も目覚めないと、と思うのですが・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/49489605

この記事へのトラックバック一覧です: 不都合な真実を暴露しているブログをチェックする役人:

« 金坂滋行政書士の処分で公文書の重要部分を黒塗りにした東京都 | トップページ | ダムで砂礫を止められた札内川で砂礫川原再生はできるのか? »

フォト

twitter

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ