« サホロスキー場の拡張反対を決議したナキウサギフォーラム | トップページ | ミズナラの樹上に生えたエゾマツ »

2012年10月24日 (水)

斜面からころげ落ちて狸寝入りするエゾタヌキ

 先日、林道を車で走行していたときのことだ。路肩にいた動物が車に驚いて道路脇の斜面によじ登ろうとしたのだが、あまりに急斜面だったためにあっけなくころがり落ちるのを目撃した。一瞬のことだったが、色や顔つきからエゾタヌキだ。あんな急な斜面を短足のタヌキが登れるわけがないのだが、タヌキ君は瞬時にそういう判断ができないらしい。

 ころげ落ちたタヌキはどうしたものかと車をバックさせて路肩の溝を覗き込むと、なんと水たまりの脇でうずくまってじっとしている。カメラを向けても逃げようともせず、困ったような顔をしている。

 ほかの動物なら一目散に道路の反対側にでも逃げるのだろうが、タヌキはとっさに逃げることができないらしく、完全に凍りついている。電車に駆け込み乗車しようとして目の前でドアが閉まり、ばつが悪い顔をしている人を連想してしまった。

 車に驚き、斜面からころげ落ちて動転し、ショックで立ち直れないということなのだろうか。これが例の「狸寝入り」なのだろう。これではすぐに捕まってしまうだろうに。

P10404141


P10404144


 だいぶ前のことだが、知人からずいぶんドジなタヌキの話しを聞いた。車庫にタヌキが入り込んで一夜を過ごしたらしいのだが、眠っている間に尻尾が凍りついてしまったという。屋根から落ちた水滴が尻尾を濡らし、夜の冷え込みで凍って地面とくっついてしまったようだ。知人が見つけたときには、動けないでいたそうだ。

 タヌキはマヌケなところがあるのだが、なんとも愛嬌があり憎めない動物だ。北海道ではエゾシカやキタキツネは飽きるほど見られるが、エゾタヌキはあまり見られない。だから、個体数が多いのか少ないのか、減っているのか増えているのかもよく分からない。北国の自然の中でいつまでもひっそりとそしてしぶとく生き続けてほしいと思う。

« サホロスキー場の拡張反対を決議したナキウサギフォーラム | トップページ | ミズナラの樹上に生えたエゾマツ »

哺乳類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/47575852

この記事へのトラックバック一覧です: 斜面からころげ落ちて狸寝入りするエゾタヌキ:

« サホロスキー場の拡張反対を決議したナキウサギフォーラム | トップページ | ミズナラの樹上に生えたエゾマツ »

フォト

twitter

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ