« 原発の調整に使われるようになった水力発電 | トップページ | 労組支部長に対し露骨な嫌がらせをしている文芸社 »

2012年9月11日 (火)

陰謀論の思考と紙一重のニセ科学批判

 先日、辻隆太朗著「世界の陰謀論を読み解く」(講談社現代新書)という本を読んだ。この本の副題は「ユダヤ・フリーメーソン・イルミナティ」となっており、本書は主としてこれらの陰謀論について解説している。

 私はつい最近までいわゆる陰謀論のことはよく知らなかったし、興味もなかった。ちょっとだけ興味を持ったのは9.11がアメリカ政府による自作自演だという陰謀論。週刊金曜日でも成澤宗男氏などが陰謀論を支持するかのような記事を書いていたが、正直いって週刊金曜日が9.11陰謀論を取り上げるのはどうかと思っていた。

 そして、呆れたのが3.11の東日本大震災を引き起こした東北地方太平洋沖地震が、地震兵器による陰謀であるという説。これは阿修羅掲示板で知ったのだが、あまりに突拍子もない話しだ。この3.11人工地震陰謀論に関しては、リチャード・コシミズ氏が震災直後から唱えていたことを辻氏の本で知った。以下が当該記事。

金融ユダヤ人の人工地震 

 コシミズ氏のブログは陰謀論のオンパレードだ。彼のブログのトップページには「多くの人に真実を知らしめ、覚醒を促すのが、本ブログの目的です」と書かれているが、悪い冗談としか思えない。

 阿修羅掲示板には陰謀論がしばしば掲載されている。そして、こうした言説を本気で信じている人が一定程度いるらしい。ブログなどでまことしやかに陰謀論を唱える人がおり、それが掲示板やツイッターで広まるのだろう。

 人工地震説に次いでツイッターなどでしばしば語られたのが、温暖化陰謀論。化石燃料の消費による地球温暖化論は、原子力ムラの人たちが原発を推進するために捏造したものだという説だ。以前から原発に反対する人たちの中に、このような説を唱えている人がいたが、福島の原発事故によって人工地震説などより遥かに多くの人がこの温暖化陰謀論を信じてしまった感がある。原発の安全神話の崩壊が、温暖化陰謀論にまで波及してしまったのだ。普通の人が陰謀論を簡単に信じて拡散してしまうインターネットの世界は怖いと思った。

 ところで、私は今までインターネットで情報収集することはそれほど多くはなかったのだが、福島の原発事故以降はインターネットでの情報収集が多くなった。東電や政府が事実を隠ぺいしたり嘘をつき、マスコミがそれをそのまま報道するので、インターネットによる情報収集が欠かせなくなったからだ。そうした中で、ときどき閲覧するようになったサイトに「カレイドスコープ」がある。福島の事故や放射能問題に関しては、それなりに参考にしていた。

 しかし、ある時このサイトが陰謀論系であることに気づいた(見始めた当初から気づくべきだったのだが、関心のないタイトルの記事は読んでいなかったし過去記事まで閲覧していなかったので気づくのが遅くなった)。もちろん陰謀論者の言っていることがすべて嘘という訳ではないし、原発事故関係の記事は「陰謀」とは直接関係がなさそうだ。しかし陰謀論者は往々にして決めつけた見方をするので要注意だし、陰謀論を振りまいているということに関しては警戒すべきだろう。

 また、福島の原発事故がらみで井口和基氏のブログにたどり着いたこともあったが、UFOやらケムトレイルやら、どうみても「陰謀論の塊」のようなサイトでドッキリした。ケムトレイルというのは有害物質や細菌などを飛行機によって空からばら撒く際の飛行機雲なのだという。人口削減のための大量殺戮という陰謀論を信じているようだが、井口氏の言う飛行機雲とは、何のことはない「大気重力波」ではないか(以下の井口氏の記事、参照)。陰謀論を信じる人には、大気重力波も飛行機雲に見えてしまうのだろう。

「ケムトレイルとHAARPと地震雲」:猛烈なケムトレイルの証拠! 

 上述したように、私は福島の原発事故が発端となってそれまでほとんど関心がなかった陰謀論サイトを知ったという経緯がある。

 さて、話しを元に戻そう。辻隆太郎氏が論じているのは主として、ユダヤ、フリーメーソン、イルミナティである。これらの陰謀論について歴史的な背景も辿りながらいかに根拠のないものであるかを丁寧に解説し、陰謀論に共通した思考などを分析しているのが本書だ。要点と思われる辻氏の主張の一部を以下に引用しておこう。

 陰謀論が流行する背景としてよく指摘されるのは、共有常識の崩壊や既存の権威構造の弱体化だ。つまり、人々に共有される世界観や現実認識のあり方、指針が失われたということ。何もかもが疑わしいもの、信頼できないものになってしまったということだ。
(中略)
 この社会がどのように動いているのか、誰がどのような目的で動かしているのか。そもそも誰かが動かしているのか、勝手に動いているのかもわからない。そのなかに存在する自分の生活や選択は、本当に自分の意志によるものなのか。本当は他の誰かの意志に踊らされているだけなのではないか、知らないあいだに社会的に構築されコントロールされているのではないか。
 そのような不安に対し、陰謀論は世界の秩序構造を明確に説明し、世界やわれわれを操作する主体を一点に集約し可視化するとともに、陰謀論者たち自身の自律性の感覚や自己の独自な存在意義を回復し保証する機能をもつ、と考えることができる。陰謀論は世界がどうなっているのか、何が正しく何がまちがっているのか、誰がどのように世界を動かしているのかを明快に説明してくれる。簡単に言えば、陰謀論はわかりにくい現実をわかりやすい虚構に置き換え、世界を理解した気になれるのだ。(253ページ)

 「わかりにくい現実をわかりやすい虚構に置き換え、世界を理解した気になれる」、まさにそれが陰謀論を信じてしまう理由なのだろう。

 福島の原発事故での東電や政府・官僚の隠蔽と嘘は、私たちに不信感を植え付け疑心暗鬼にした。そんな時にインターネットでさまざまな情報が飛び交うと、どれが真実でありどれが嘘なのかを見分けることが極めて難しくなる。うっかりすると陰謀論にはまってしまう。ツイッターによる情報の拡散は効果が絶大だが、それがデマだった場合は多くの人が嘘を信じてしまうことにもなりかねず、影響は大きい。情報がたやすくえられる代わりに、情報の取捨選択が難しいという大変な時代になってしまった。

 それでは陰謀論に陥らないために、私たちはどうしたらいいのだろう? 辻氏は本書の最後で以下のように述べている。

 世の中に流れるすべての情報を額面どおりに受け取る必要はないし、物事を疑うことは重要だ。しかし私たちの多くは、日々与えられるすべての情報について、正確に正誤の判断をつけられるほど多岐にわたる知識を身につけたり、徹底的に検証したりする能力もなければ、そんな暇もない。どこかで情報を信頼して受け入れる必要はある。その判断は難しいし、つまらない結論ではあるのだが、驚くような情報、信じたくなるような情報、自分にとって受け入れやすい情報に出合ったときは、一度立ち止まって考えるべきだろう。
 私たちには世の中すべての情報を検証する能力も余裕もないが、自分の判断が正しいかどうかをつねに問うことはできる。可能であれば、自分の信じることや意見に対する反証を求めること、自分に対する反論を自分自身で考えることが一番だろう。陰謀論はたしかに物事に対する疑いを出発点としているが、その論理は健全な疑いとは正反対のところにある。陰謀論には自らに対する疑いがない。一言でいえば、信じたいものを信じるだけでは駄目なのだ。(285ページ)

 これは例えば放射能が生物に与える害についての論争にも言えるだろう。「安全」を主張する人も「危険」を主張する人も、自分が信じている結論が先にあり、それに合致する情報だけを探して主張するだけなら陰謀論の思考と何ら変わらない。たとえ放射線の専門家ではなくても、自分の支持する見解について常に情報収集し自問自答する必要があるということだ。

 その結果、これまでの自分の主張が間違っていると判断したならば、きちんと訂正することこそ大事なのではないか。主張や意見を変えることは何も恥ずかしいことではない。自問自答や訂正がなされないからこそ、いつまでも意見対立が続き、時としてそれが罵りあいのようになり見苦しいことになるのだろう。

 ところで菊池誠氏をはじめとしたニセ科学批判の方たちも、いわゆる陰謀論は否定的なようだ。しかし原発事故による放射能汚染にまつわる議論を見ていると、ニセ科学批判の人たちの思考は、実は陰謀論者と紙一重ではないかと思えてならない。つまり、「はじめに否定ありき」「はじめに詐欺ありき」「あり得ない」というような「決めつけ」の思考パターンが強すぎて、ほとんど陰謀論者と同じ思考回路になっているのだ。スタートの時点では「健全な疑い」だったものが、批判を続けていくうちに次第に「あり得ない」という決めつけの思考が強くなり、今では「自らに対する疑い」も持てない状態に陥っているように見える。

 そう言えば、群馬大の早川由紀夫さんが以前こんな記事を書いていた。

ニセ科学批判運動の真の目的(早川由紀夫の火山ブログ)

 私はニセ科学批判の人たちの本質が「御用」だという早川さんの説には賛同しないが、「原発こそが、ほんらい彼らがもっとも力を入れて批判すべきニセ科学だったはずだ。運転で生じる毒を始末するすべをもっていない技術なのだから」という発言には大いに賛同する。

« 原発の調整に使われるようになった水力発電 | トップページ | 労組支部長に対し露骨な嫌がらせをしている文芸社 »

政治・社会」カテゴリの記事

コメント

松田さんは何を根拠として地球温暖化説を信じていますか?
IPCCの報告、日本政府の広報でしょうか。
私も科学的に地球温暖化について考えたいと思います。
以下をご参照いただき反論をお願いします。
http://www.kinokenchiku.biz/kenchikujournal_201209.pdf

江原幸壱様

地球温暖化に関する私の意見は過去記事に書いていますので、そちらを参照してください。分かりやすいのは以下の記事の中でリンクしている「海の研究者」さんの解説など。
http://onigumo.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-41a8.html
ほかにもカテゴリー「環境問題」の過去記事で触れています。
http://onigumo.cocolog-nifty.com/blog/cat35494314/index.html

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/47039363

この記事へのトラックバック一覧です: 陰謀論の思考と紙一重のニセ科学批判:

« 原発の調整に使われるようになった水力発電 | トップページ | 労組支部長に対し露骨な嫌がらせをしている文芸社 »

フォト

twitter

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ