« 今年の家庭菜園 | トップページ | 退職者はボランティアを!若者に職場を! »

2012年7月26日 (木)

政府に原発ゼロを突き付けよう!

 昨日、関西電力が次の原発再稼働について言及し「高浜3、4号機が最有力」と言ったそうだ。

 関電社長、次の原発再稼働に言及「国は早く審査を」 

  大飯原発を動かした関電は、火力発電所を停止させ、節電目標も下方修正した。「原発がないと電気が足りない」なんて嘘でしかなかったことを自ら証明したようなものだ。その挙句、嘘の言い訳は「電力需給ではなく、我が国のエネルギーセキュリティーを考え、安全性を確認できたプラントはできるだけ早く動かしていきたい」とのこと。

  一度過酷事故を起こしたら国をも滅ぼしかねない原発を動かして「エネルギーセキュリティー」とは恐れ入る。どんな神経をしているのだろう。といっても、これは関電に限ったことではない。北電だってもちろん泊原発を再稼働させる方針だ。電気は足りているのに、日本中の電力会社が原発をなんとか稼働させようと狙っている。

 本州では猛暑が続いている。それなのに、電力が逼迫して停電寸前だという話しは聞かない。昨年も東電は電気予報を出して節電を呼び掛けていたが、大変なことは何も起こらなかった。本州にも送電している北海道電力の電気予報も毎日「安定」状態だ。

  泊原発3号機が停止したとき初めて知ったのだが、北電の電気予報は発電所が故障や事故などで一時的に停止したときの余裕を見ているのだ。だから発電量の多い原発が稼働しているときの方が、稼働していないときより大きな予備電力を見こまなければならない。このために原発稼働時の方が数字の上では「逼迫」状態になりやすい。泊原発がすべて停止したときの方が稼働しているときより「逼迫」状態になりやすくなると思ったら大間違いだ。まるでトリックではないか。

  だいたい、そんなふうに予備電力をとっておいても、雷や台風、事故などで停電することがある。「停電はあってはならない」などと考えること自体が傲慢であり、停電することがあるという前提で対策を考えておくべきだ。

  そして呆れかえるのが、政府が国民に提示した2030年までの原発依存度の3案だ。この案には「今すぐ原発ゼロ」という選択肢がない。意見聴取会での「やらせ」を見ても、原子力ムラが15%案に持ち込ませようとしているのは明らかだ。15%というのは浜岡原発、柏崎苅羽原発、志賀原発など、活断層の上にあって再稼働できる可能性がないものまで稼働させるという想定で計算されている。つまり、原発の新設が必要になるというとんでもない案なのだ。

  そのことは先日、市民と政府の意見交換会で福島瑞穂氏が追及し、福島氏は資料の書き直しを求めた。ところが政府(清水康弘審議官)は「検討するが、書き換えの確約はできない」と回答し、「増設することはありません」とは言わなかった。ということは、新設が必要であることを認めたに等しい。つまり、15%という案は、現在建設中の大間原発と島根原発3号機を完成させて稼働する必要がある。以下のグリーンピースのサイトの「会場から」を参照いただきたい。

7/19未来のエネルギーはどれ?「選択肢」に関する政府との意見交換会報告 

 以下の秋場龍一氏もこのことを指摘している。

「15%案」のワナ。再稼働とは原発を「爆発待機状態」にすることである。 

 民主党は将来的には脱原発だと言っていたのではないか。それなのに、なぜ原発を増設しなければならない「15%案」とか「20-25%案」なんていうのが出てくるのか。まるで詐欺師集団だ。

 電力会社と政府のやっていることは、あれもこれも国民を騙すためのトリックだ。こんな連中に騙されないためにも、政府のパブリックコメントに「今すぐ原発をゼロにすべき」という主旨の意見をハッキリと書き込むしかない。何しろ、意見聴取会陳述人の公募でも「ゼロ案」について意見を述べたいと言う人が圧倒的に多かった。これこそ国民の意見だ。今でも電力は足りているし、ちょっと前には原発ゼロのときがあったのに、18年後に原発ゼロにできない方がおかしい。

 パブコメを出したことがないという方は、以下のページを参考にしてほしい。別に長ったらしく書く必要はない。

8月に原発温存方針発表?!ここが変だよ、政府案 

再稼働反対な貴方へ 国が意見を募集していますので送りましょう・・・

 

« 今年の家庭菜園 | トップページ | 退職者はボランティアを!若者に職場を! »

原子力発電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/46470153

この記事へのトラックバック一覧です: 政府に原発ゼロを突き付けよう!:

« 今年の家庭菜園 | トップページ | 退職者はボランティアを!若者に職場を! »

フォト

twitter

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ