« バンダジェフスキー博士が語るセシウムの危険性 | トップページ | 「ふくしま宣言」への支持を表明する署名のお知らせ »

2012年3月21日 (水)

東電と日本政府の犯罪

 ツイッターで以下のドイツの番組を知った。告発を中心としたドキュメンタリーだ。


ドイツZDF フクシマのうそ 投稿者 sievert311

 30分程だが、内容だけ知りたいという方は以下で書き起こしが見られる。

ドイツZDFテレビ「フクシマのうそ」書き起こし(放射能メモ)

 あの原発事故から一年も経ち、未だに事故が収束しない状態のなかで暮らさざるを得ない私たち日本人の多くは危機感が薄れてきているのではないかと思うのだが、このドイツが制作した映像を見ると、嘘と隠蔽で固められた東電と、それを支えてきた日本政府に改めて怒りがこみ上げてくる。

 重大な事故や欠陥をひたすら隠し、告発者を潰してきた東電と原子力ムラはまさに犯罪者集団そのものだ。欠陥の隠蔽、文書の改ざん、告発のもみ消し、告発者つぶし・・・。なんだか推理小説のようだが、これはフィクションではない。ドイツのテレビだからこそ放映できる内容であり、日本のテレビ局ならまず流すことができないだろう。日本人こそ知らなければならないことなのに。

 福島第一原発の事故は、地震と津波が引き金になったとはいえ、起こるべくして起きた事故にほかならない。原発で大事故が起きればどんなことになるのか原子力ムラの連中はもちろん分かっていたはずだ。これほど無責任で傲慢な人たちが、危険きわまりない原発を動かしてきたのだ。そして放射能汚染の責任まで逃れようと必死になっている。ただただ見苦しい。彼らこそ、この大事故の責任をとるべく現地で作業をするべきだろう。

 ここに出てくるナカさんは4号機の危機的状況を懸念し、とても危険な状態だと明言している。地震学者の島村英紀氏は地震が活発化していると指摘し、日本の原発は大地震に耐えられないと言っている。一年前の緊迫感を忘れている人も多いと思うが、これが日本に突き付けられた現実だ。

 この番組の中で福島第一原発からの職員の撤退について、東電が菅直人前首相に打診したことが語られているが、これについては以下の記事が詳しい。

「撤退するか残るか」。東電と菅首相が直面した究極の選択。 (WEBRONZA)

 撤退を認めていたなら、日本は終わっていただろう。また、4号機の奇跡のような出来事(「震災、原発事故一年に思う」参照)があったから、大惨事を免れたのだ。しかし、危機はまだ続いている。

 とても再稼働などと言っている場合ではない。原子力ムラの連中は「懲りる」ということを知らないのだろうか。

« バンダジェフスキー博士が語るセシウムの危険性 | トップページ | 「ふくしま宣言」への支持を表明する署名のお知らせ »

原子力発電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/44580468

この記事へのトラックバック一覧です: 東電と日本政府の犯罪:

« バンダジェフスキー博士が語るセシウムの危険性 | トップページ | 「ふくしま宣言」への支持を表明する署名のお知らせ »

フォト

twitter

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ