« 全国で繰り広げられている脱原発訴訟 | トップページ | 明確になった「富秋地区」国営かんがい排水事業の欺瞞 »

2012年2月 4日 (土)

投獄されたバンダジェフスキー夫妻へのインタビュー記事

 今日は、多くの方に読んでいただきたい記事の紹介をしておきたい。

 「セシウムと心臓疾患の相関関係」ユーリー&ガリーナ・バンダジェフスキーへのインタビュー(Canard Plus)

 バンダジェフスキー氏はベラルーシの医師で、チェルノブイリの原発事故のあと、ゴメリ州の人々の病状や亡くなった方の解剖によって、体内に蓄積された放射性セシウムの量と臓器の病変の関係を調べた方だ。そして、低線量であっても放射性セシウムが体内に蓄積されることは危険だとの結論を導きだした。

 ところが、1999年7月に、賄賂をもらって学生を入学させる組織をつくったという嫌疑をかけられて逮捕され、禁固8年の判決によって投獄されてしまった。アムネスティの尽力などによって5年で出所できたものの、本人は罪を否定しており、政治的冤罪であると言われている。

 このインタビューは大変貴重なものだと思う。何が真実だったのか、考えていただきたい。

« 全国で繰り広げられている脱原発訴訟 | トップページ | 明確になった「富秋地区」国営かんがい排水事業の欺瞞 »

原子力発電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/43980890

この記事へのトラックバック一覧です: 投獄されたバンダジェフスキー夫妻へのインタビュー記事:

« 全国で繰り広げられている脱原発訴訟 | トップページ | 明確になった「富秋地区」国営かんがい排水事業の欺瞞 »

フォト

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ