« 大切なものを見据え希望を持ちたい | トップページ | 無視できない汚染瓦礫問題 »

2012年1月 3日 (火)

新しい年のはじめに思うこと

 新しい年が明けた。地震や津波で家族や親戚、友人などを失った方、津波で家や財産をなくしてしまった方、原発事故で避難を余儀なくされている方、健康を損ねている方たちはどんな気持ちで新しい年を迎えたのだろう。とても「おめでとう」などという気分ではないと思うし私自身もそんな気持ちになれないので、新年の挨拶は省略したい。

 元旦から鳥島付近を震源とする大きな地震があった。その地震の影響なのか、福島第一原発の4号機の燃料プールに隣接するスキマサージタンクの水位が通常より早く減少していると報じられた。何とも落ちつかない年の始まりだ。

 この年末年始、ツイッターでは「ぬまゆ」さんのブログが話題になっていた。南相馬市に住む女性がご自身の体調について綴っているのだが、健康だった歯がボロボロになって顎に激痛が襲い、髪が束になって抜け、足の爪が外れるなど、その症状は信じがたいほど衝撃的だ。以下が「ぬまゆ」さんのブログ。

ぬまゆのブログ

 「ぬまゆ」さんの症状の原因が放射能であると断言はできない。しかし、私は彼女の姿が、チェルノブイリの事故で被ばくした方たちと重なった。もちろん福島に住んでいるすべての方が「ぬまゆ」さんのような症状になるわけではないが、チェルノブイリの悲劇が始まっているとしか思えない。

 福島には今も多くの子どもたちが住んでいると思うと、心が痛む。政府はなぜ住民を避難させないのか? あのNHKですら、ICRPの嘘を暴いたではないか。日本政府の対応が旧ソ連以下だと思うとほんとうに情けなく腹立たしい。

 いただいた年賀状の多くが、いつもと変わらない内容だった。震災や原発事故のことに触れている年賀状はごくわずかだ。お正月だからと意識して不幸なできごとに触れていないのならいいのだが、危機感がほとんどないという人が多いのであれば、そのことの方が恐ろしい。

 この国はいつどこで大地震が起こり原発事故が起こってもおかしくないことを3.11の地震は知らしめた。今、国内の原発の多くが止まっている。何としてでも稼働させてはならない。原発のない社会をつくることこそ、これほどの大事故・大惨事を起こした日本人の責務だと思う。以下は原子力資料情報室の年頭の挨拶だ。多くの方に読んでいただきたい。

制御不能から希望へむかって

« 大切なものを見据え希望を持ちたい | トップページ | 無視できない汚染瓦礫問題 »

原子力発電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/43607359

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい年のはじめに思うこと:

« 大切なものを見据え希望を持ちたい | トップページ | 無視できない汚染瓦礫問題 »

フォト

twitter

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ