« 国の方針と矛盾する日本の食品の放射性セシウム暫定基準値 | トップページ | 「わたしたちの涙で雪だるまが溶けた」を読んでほしい »

2011年10月20日 (木)

菊池誠さんの野呂美加さん批判は科学的か?

 チェルノブイリの原発事故の被害者の子供たちの保養活動をしている「チェルノブイリへのかけはし」の野呂美加さんの名前でGoogle検索したら、なんと「かけはし」のホームページではなく菊池誠さんによる野呂さん批判のページがトップに出てきて仰天した。

野呂美加さんと放射能対策(kikulog)

 私もチェルノブイリの子供たちの保養活動にちょっとだけ関わったことがあり、野呂美加さんのことは以前から存じていた。彼女はご自身の活動を通じてチェルノブイリの事故による放射能の健康被害などについてはよくご存じの方だ。一方、菊池誠さんといえば、ニセ科学批判で有名な大阪大の教授で物理学者だ。私も「ニセ科学と陰謀論」という記事で取り上げたことがある。その菊池さんがなぜ野呂美加さんをここまで批判するのか?

 菊池さんは野呂さんの主張が「かなりめちゃくちゃで、科学的にはまったく信頼できないことがわかります。そして、その科学的に信頼できないかたが、さらに怪しい放射能対策を勧めているところが問題です。放射能の知識そのものがかなりダメなので、対策ももちろんダメで、そこにEM菌やらなんやらが顔を出すわけです」と手厳しく批判している。

 どうやらその根拠は野呂さんの支持しているクリス・バスビー氏や肥田舜太郎氏の主張が、信頼できないかららしい。ここで???となった。なぜなら「バズビー氏個人はかなりめちゃくちゃなことを言う」と言っていながら、その「めちゃくちゃ」だという主張について具体的に指摘していないし、バスビー氏のめちゃくちゃさを解説している論文などを紹介しているわけでもない。いったいバスビー氏の主張のどこがどうめちゃくちゃなのだろう?

 バズビー氏はバンダジェフスキー氏の研究に基づいて意見を述べているのだが、バンダジェフスキー氏はチェルノブイリ事故で亡くなった多数の患者を解剖し、臓器などに蓄積した放射性セシウムと病変の関係を研究し、また動物実験を行って論文として発表しているのだ。菊池氏はバンダジェフスキーの研究をも否定するのだろうか? ならばその理由を科学的に説明すべきだ。

 また、肥田氏の体験にもとづく話しには一定の敬意を払うといっていながら、鼻血や下痢が内部被ばくのせいだという主張には同意できないらしい。菊池氏は、今回の福島の原発事故のあとの鼻血や下痢などの症状は低線量被ばくによるものではないと断言する。しかし、その根拠として提示している理由は意味不明だ。

 口や食道、胃腸などの粘膜は皮膚よりも放射線の感受性が強く、がんの放射線治療などでは低線量でも炎症を起こすことが知られている。以下参照。

放射線治療による副作用とその対策(がんサポート情報センター)

『原子力が答えではない』要点翻訳(2)鼻血・下痢・発疹は被曝症状、スリーマイルでも隠蔽されたα線・β線核種、IAEAとWHOの癒着で世界はおかしくなった(中鬼と大鬼のふたりごと)

 福島の原発事故後に東北や関東などで鼻血やのどの痛み、下痢の症状が増えたという話しがあるが、それは何らおかしいことではない。何しろ、原発が爆発した3月には首都圏ですら大量の放射性物質が飛散し、場所によってはかなりの汚染を受けたのだ。首都圏の深刻な汚染は小出裕章氏らの調査でも報告されているし、市民の調査でも明らかになっている。しかし、菊池氏は鼻血や下痢の症状が出るのは桁違いに多く被曝した場合だとして、東京ではありえないと言っている。そもそもその認識が甘い。自分の甘い認識のもとに、野呂さんを批判するのであればとんでもない話だ。

 さらに菊池氏はEM菌による対策を紹介する野呂さんに対し、「・・・臨床的に確認されていません。もちろん、放射能には効果ありません」と断言する。EM菌の効果については以下のような記事があり、チェルノブイリで被曝した子供たちに服用してもらって実験を行っている。これが事実であるなら、EM菌の効果を安易に否定すべきではないだろう。

EM技術による放射能被曝対策(デジタルニューディール)

 また、味噌が効果的であるという話しはよく知られている。これは長崎に原爆が落とされたときに、聖フランシスコ病院の院長であった秋月辰一郎氏が職員に塩と味噌を積極的に摂るよう命じ、職員らには原爆症の症状が出なかったことによる。この話しはインターネットではあちこちで紹介されている。以下はその一例。

被曝に対する、天然塩と味噌の力。 

 このようなことから、肥田舜太郎氏も味噌の摂取を勧めているようだ。また、放射線に対する味噌の効果についてはマウスを使った実験がある。その実験によれば確かに効果はあるようだ。

みそと放射能除去能力(医療ジャーナリスト蒲谷茂の日記)

 もちろんこれはマウスによる実験であり、人間についてその効果が明確に示されたわけではない。しかし味噌に効果がないとは断言できないし、発酵食品には何らかの効果が期待できる可能性がある。効果が科学的に立証されていないということと、デマとは違う。

 先日帯広で開かれた安藤御史医師による講演会においても、リンゴジュースの絞りかすから製造するビタペクトという錠剤が体内放射能を20-50%減少させる効果があるとの話しがあった。ビタペクトについては以下を参照いただきたいが、放射性物質に効果のあるものが存在するというべきだろう。

http://blogs.yahoo.co.jp/proneko5/20672521.html 

 野呂美加さんの発言は、こうした情報を元にしたものだと思う。彼女の勧める対策のなかには非科学的なものや、あまり効果がないものなどが含まれているかもしれない。しかし、ひとからげにして「無意味な対策」と決めつけ批判する菊池氏の姿勢こそ、私には科学的とは思えない。

 菊池氏の野呂さん批判を読み、菊池氏のニセ科学批判も場合によってはかなり危ういのではないかと思えてきた。

 ちなみに「原発業界御用学者@ウィキ」に菊池誠氏が出ており、彼のツイッターでの発言などがまとめられている。これはなかなか興味深い。

http://www47.atwiki.jp/goyo-gakusha/pages/35.html 

 菊池氏は「僕は、最初の水素爆発以降、政府発表の信頼度は劇的に上がったと考えています」と言っているそうだが、こういう認識をしていたのなら、正直いって驚くほかない。

« 国の方針と矛盾する日本の食品の放射性セシウム暫定基準値 | トップページ | 「わたしたちの涙で雪だるまが溶けた」を読んでほしい »

原子力発電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/42609847

この記事へのトラックバック一覧です: 菊池誠さんの野呂美加さん批判は科学的か?:

« 国の方針と矛盾する日本の食品の放射性セシウム暫定基準値 | トップページ | 「わたしたちの涙で雪だるまが溶けた」を読んでほしい »

フォト

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ