« 福一から20キロ圏内の被ばく遺体に関するコメント | トップページ | 音更川の堤防洗掘の原因は何か? »

2011年9月 7日 (水)

大江健三郎氏を批判する池田信夫氏の不見識

 大江健三郎さん、落合恵子さん、鎌田慧さん、そして宇都宮健児日弁連会長が昨日記者会見をし、「経済合理性や生産性ばかりにとらわれない理念を掲げる勇気と見識を求める」との声明を発表したというニュースが流れた。

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110907ddm012040006000c.html(毎日新聞)

 以下はその声明。

                **********

                      声明

わたしたちは、福島第一原発事故を受けて、原発社会からの脱却を願い、9月19日の「さようなら原発5万人集会」と「1000万人署名運動」をよびかけている者です。

このたび国会で選出された野田新首相とその内閣は、経済を重視する姿勢を示しています。経済生活の立て直しは、たしかに緊急の課題ですが、そのために原発の再稼働が必要であるという見解が示されていることに、わたしたちは非常に危惧を覚えます。はたして、経済活動は生命の危機より優先されるべきものなのでしょうか。

このたびの原発事故は、いったん深刻な事故が起きれば、土も空も海もすべてが汚染され、人間の生活と記憶の場を破壊する恐怖を示したばかりです。しかも、現在も続く放射能汚染が、今後長期間にわたってどのような影響を与えるのかという不安が拡がっています。

広島と長崎の記憶が深く刻み込まれたはずのこの国で、再び核がその猛威をふるうことになったことをわたしたちは深く悔やみ、ふたたびこのようなことを繰り返すまいという決意を新たにしています。経済優先をいいながら、次の原発事故が起これば、経済活動の基盤である人間の生活や自然まで破壊されてしまいます。そのような巨大なリスクを負ってまで、経済を成長させ続けなければいけない理由がどこにあるでしょうか。

この危機の時にあって、わたしたちは政治に、経済的合理性や生産性ばかりにとらわれない理念を掲げる勇気と見識をもとめます。わたしたちは野田新政権に、核の恐怖からわたしたちのいのちや国土、人類の公共財産である自然を守るという理念を明確に示し、具体化するために、下記のことを要請します。

一、停止している原発は、再稼働させない。

一、老朽化したり、危険性が指摘されている原発からすみやかに廃炉にする。

一、もっとも危険なプルトニウムを使用する高速増殖炉「もんじゅ」と、核燃料再処理工場は、運転準備を停止し廃棄する。

一、省エネルギーと持続可能な自然エネルギーを中心に据えた、新エネルギー政策への転換を早急に開始する。

2011年9月6日

                9.19集会、1000万人署名呼びかけ人

                         記者会見出席者 
                         大江 健三郎
                         落合 恵子
                         鎌田 慧
                         宇都宮 健児(賛同人)

                **********

 来る9月11日は福島第一原発の事故から半年目にあたる。そして11日から19日は「9月脱原発アクションウィーク」ということで、全国で脱原発のアクションが予定されている。大江さんらが呼びかけ人となっている「さようなら原発1000万人アクション」のサイトを参照していただきたい。

9月脱原発アクションウィーク 

 文化人がこのように率先して脱原発の行動を起こすことに、敬意を表したい。インターネット環境にない人たちは福島の原発事故の真実を知らされていない。否、インターネット環境にあっても、積極的に情報収集しない限り必要な情報を得られないのだ。著名人こそ、黙っているべきではない。

 ところで、この記者会見のネット記事を探すために検索をかけたところ、驚くべき記事を発見した。池田信夫氏による以下の記事だ。

さよなら大江健三郎 

 池田信夫氏のブログはもうだいぶ前から見るのを止めていた。罵詈雑言は多いし、内容的にも読むに堪えない記事が多々あるからだ。この記事もご多分にもれず酷かった。というより、呆れ果てた。

 池田氏は『「経済活動より生命を優先」するなら、大江氏はなぜ自動車の禁止を主張しないのだろうか。福島事故で放射能で死んだ人は1人もいないが、自動車は確実に毎年5000人を殺す。ノーベル賞の権威と「経済的合理性や生産性ばかりにとらわれない理念」をもって、自動車の全面禁止に立ち上がってほしいものだ。』というが、よくこんなことを軽々しく言えるものだ。

 福島事故で放射能で死んだ人は本当に一人もいないのか? 因果関係が疑われる事例はいろいろあるのではないか? そして今後、おそらく何万人、否、それをはるかに超える人たちが癌をはじめとする疾病にかかり命を落とすだろう。原因や危険性がまったく異なる自動車事故を持ちだして批判するなど、馬鹿馬鹿しいにも程がある。

 池田氏には、人は地球という生態系の中で生かされている生物であるという意識がないのだろう。生物の生存基盤である環境を汚染し破壊してしまったら、経済成長もなにもない。人間の生みだした放射能汚染に人類は適応できないのだ。世界中が汚染され、多くの人が病気で働けなくなったり亡くなることより、経済成長の方が大事だというのか? 偉そうなことを言っているが、そういう基本的なことが理解できていない。

 福島の原発事故は人類史上最悪ともいえる莫大な被害をもたらしており、それは今も続いている。その損害は計り知れない。今ある原発は必ず廃炉にしなければならない時がくるし、その費用も馬鹿にならない。しかも、原発を続けるというなら溜まり続ける核廃棄物をどうするつもりなのか? 私たちはとんでもなく恐ろしい負の遺産である核廃棄物を抱えている。私たちの世代は、子孫に人間がコントロールできない恐るべき負の遺産を押し付けているのだ。だからこそ大江氏らは脱原発を唱えている。子孫をこれ以上危険にさらさず、負の遺産をこれ以上押し付けないために。

 ところが池田氏は、『彼が呼びかけ人になっている「さようなら原発1000万人アクション」というサイトの平均年齢は異常に高い。先の短い彼らにとっては、もう経済活動なんてどうでもいいのだろう。彼らは合理的に行動しているのだ。』と言って大江氏を批判しているのだ。池田氏の頭の中は経済活動のことしかないらしい。

 この呆れる記事を読んだついでに久々に池田信夫氏のブログを覗いてみたが、原発関連の記事はもう開いた口が塞がらない。こういう人のブログが人気あるということ自体が恐ろしい。池田信夫氏はあちこちから批判されているが、あれだけいい加減なことを吹聴しているのだから、しごく当然の成り行きだ。

« 福一から20キロ圏内の被ばく遺体に関するコメント | トップページ | 音更川の堤防洗掘の原因は何か? »

原子力発電」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
増田美智子さんのリンクから、こちらに
たどり着きました。

いくつか御質問があります。
私は池田信夫や藤沢数希に強い説得力を感じております。
同時に、大江健三郎さんも好きです。


御質問なのですが、放射線は体細胞にしか影響を与えず、遺伝に関係する生殖細胞には影響を与えないことが、長年の研究で、常識になりつつあるのですが、それについては、いかがですか?

メールでご返事頂ければ有難いです。
無視して頂いても結構です。

ご不快になられたら、すいません。

山田くん、体細胞と生殖細胞にどんな違いがあるのかな?アルファ線ベータ線ガンマ線などは体細胞と生殖細胞を選択していると言いいたいのか?

脱原発大賛成。これからは、電気を使わないように、デモ参加の皆さんは、東京電力との契約は即解除して、電気の無い生活でがんばりましょう。そうすれば、原発の無い理想の世界が築けます。まず行動しましょう、脱電気。文句、言い訳は誰でも言えます。文句を言うなら行動してください。照明はロウソク、湯はガスを使うように徹底願います。電気を使い続けるならデモなんかに参加する権利はありません。

脱原発を唱えながら極端なことを言って脱原発派の批判をする山田さんは、工作員としか思えません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/41556811

この記事へのトラックバック一覧です: 大江健三郎氏を批判する池田信夫氏の不見識:

« 福一から20キロ圏内の被ばく遺体に関するコメント | トップページ | 音更川の堤防洗掘の原因は何か? »

フォト

twitter

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ