« 大雪山国立公園の石狩川源流部で驚くべき過剰伐採 | トップページ | 原発作業員ハッピーさんの疑問 »

2011年8月25日 (木)

福一から毎時10兆ベクレルが放出されているというバズビー氏

 以下のロシア・トゥデイのクリス・バズビー氏へのインタビューをご覧いただきたい。

http://www.youtube.com/watch?v=wKYZDPi5CHg&feature=player_embedded

 「フクシマ原発の“構造物”の亀裂はどのくらい危機的なんでしょうか?警戒すべき状況でしょうか?」という質問に、バズビー氏は以下のように答えている。

 今、蒸気が噴出しています。カリフォルニアの測定結果から言えることですが、この蒸気には“放射性アイソトープ硫黄35”が含まれています。このアイソトープは、塩素の中性子線をともないます。つまり、ここで起きている状況は、核分裂反応がずっと起きていて、膨大な量の中性子線の流速が出ており、そこへ海水です。膨大な量の放射性物質がどんどん産出され続けているわけです。それを、彼らはこれまでどうすることもできずにいます。
 ある人が私に教えてくれました。この人が東電の担当者から聞いた話です。その東電の人は、日本の首相に報告する担当の人ですが、「現在、毎時10の13乗ベクレル(=10兆)の放射能が原発から出ている」と言ったのだそうです。ということは、どう考えても、何かとんでもない事態がいまだ“進行中である”と言えるのです。それはしかし、完全に無視されて全く語られません。日本では、正しい報告がずっとなされていませんし、また国際原子力機関においてもそうです。

 東電も政府も国民に対して何も言わないが、バズビー氏の話が事実であれば福一はとんでもないことになっており、東電はそれをどうにもできないでいるのだ。東電や政府が国民に嘘ばかりつく理由がここにあるのではないか? 日本政府の対応はチェルノブイリ原発事故の際の旧ソ連以下だとしか思えない。本当に気が滅入ってくる。

 最近は福島県で除染に力を入れているというニュースが流れているが、このような状況で除染をすることにどれだけの意味があるのだろう? 私には「目くらまし」としか思えない。毎日大量の放射性物質が飛散している福島では、お金をかけて除染してもまたすぐに汚染されてしまうのが目に見えている。少なくとも福島では除染よりも避難を優先すべきだ。それに、飛散している放射性物質の核種の測定も必要だが、これはどうなっているのだろう?

 心配なのが、あちこちで地震が活発化してきていることだ。バズビー氏は「将来、同じような事故が必ず起こるでしょう」と言っているが、当然のことだ。地震大国に原発を建てること自体が狂気じみている。福島がこれほど恐ろしいことになっているのに、いまだに原発を推進したいと思っている人がいるのだから、末期的としか言いようがない。

 私の住む十勝地方でも、このところ続けて地震がある。各地で地震のニュースがあるたびに、原発は大丈夫かと身が縮む思いだ。こんな気持ちで過ごすのはもうたくさん。こんどまた大事故が起きたら日本はオシマイだろう。一日も早く、全ての原発を廃炉にさせなければならない。

 そのためには、電気が足りないから原発が必要だという発想を捨て、原発以外のエネルギーで間に合わせるように発想の転換をしなければならない。生活スタイルを変えたり、節電を徹底することでそれは可能だろう。

 以下のカレイドスコープの記事も参考になる。

バズビー博士:「地面の亀裂から水蒸気」、本当!?

« 大雪山国立公園の石狩川源流部で驚くべき過剰伐採 | トップページ | 原発作業員ハッピーさんの疑問 »

原子力発電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/41358615

この記事へのトラックバック一覧です: 福一から毎時10兆ベクレルが放出されているというバズビー氏:

« 大雪山国立公園の石狩川源流部で驚くべき過剰伐採 | トップページ | 原発作業員ハッピーさんの疑問 »

フォト

twitter

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ