« アー二ー・ガンダーセン氏の稲わら汚染に関する指摘 | トップページ | 共同出版・自費出版のトラブルと私のスタンス »

2011年7月24日 (日)

行政書士が私の個人情報を不正に取得していたことが判明!

 文芸社が興信所を使って私とかJANJANのことを調べていたことについては、以下の記事に書いた。

興信所を使って私のことを調べていた文芸社 

 つまり、以下の記事で興信所の調査を知ったわけだ。

【 文芸社Vs鬼蜘蛛おばさん松田まゆみ氏の東京地検ほかでの争闘 其の壱(通算No23)】(文芸社・幻冬舎R・日本文学館等自費出版(出版費用著者負担エディション)よろず相談室 クンちゃんのエディタールーム)

 興信所を利用して素行などを調べることは違法ではないのでどうしようもないのだが、気になるのは個人情報だ。いったいどこまで調べられているのだろう?

 そこで「クンちゃん」に、「クンちゃんブログに表紙が掲載されたまま頓挫している興信所調査書の件ですが、調査対象には私の家族が含まれているのでしょうか」と問い合わせてみた。すると「Yes」とのこと。さらに、「興信所調査の際に、戸籍や住民票などの公的個人情報を行政書士等の資格者が違法に職務上請求しているケースがしばしばある」との示唆も受けた。

 うむむ・・・。違法性のない調査なら致し方ないが、違法な手法で個人情報を取得しているのならこれは問題だ。で、とりあえず自分の住民票などが勝手に取得されていないかどうか役場に確認してみたが、文書の保存期間内では違法と思えるような申請はないようだった。では戸籍はどうか・・・。たまたま7月に東京に行く用事があったので、自分が含まれる戸籍の情報開示を試みてみた。これは本人が身分証明を提示して申請しなければならないのだ。

 つい先日その結果が通知された。なんと、予想は大当たり! 開示された資料によると、Kという行政書士が「職務上請求書」を利用して戸籍謄本(家族も含む)を勝手に取得していたのだ。いやはや、依頼者の名前は私になっている。使用目的は「遺言状作成資料」だとさ。それを「作成後依頼者に渡す」となっている。もちろん、私は遺言状の作成なんぞ依頼していない!

 こういうのを見ると、やはりびっくり仰天だ。何せ、身に覚えがない申請が勝手になされているのだから、だんだんと腹が立ってきた。戸籍には死亡や婚姻など極めてプライベートな内容が記載されており、場合によっては重大な人権侵害になりかねない。これは明らかに戸籍法133条違反であり、行政書士法10条違反だ。

 申請の日時は平成20年8月22日。「クンちゃん」のブログに掲載された調査報告書の日付にも符合する。このことから、取得された個人情報が興信所の手に渡ったのはほぼ間違いないだろう。だとしたら行政書士に依頼した興信所だって、違法を知っていながら依頼したことになる。共謀だろう。というか、行政書士が興信所の職員という可能性だってあるかもしれない。

 そもそも、行政書士や興信所が不正行為を行うのは、依頼者がいるからだ。依頼者が何のために私の情報を入手したかったのかということに繋がってくる。文芸社が私を提訴するつもりだったのなら住民票の取得で十分であり、戸籍まで必要ないはずだ。

 このような不正取得についてインターネットで調べてみると、類似した違法行為が横行していることが分かった。きっと発覚するのは氷山の一角なのだろう。

http://www.n-t-c.org/h-4-ki.html 

 上記のページを読んで呆れた。どうやら行政書士の「職務上請求書」というのは住民票や戸籍の違法取得の温床になっていると思われる。依頼者の委任状もなしに住民票や戸籍が入手できるような制度はどう考えたっておかしい。もっとも委任状が必要だとしたなら、それも偽造するのだろう。

 とにかくこの件では然るべき対処をする。K行政書士の名前も、いずれ明らかにしたい。

« アー二ー・ガンダーセン氏の稲わら汚染に関する指摘 | トップページ | 共同出版・自費出版のトラブルと私のスタンス »

共同出版・自費出版」カテゴリの記事

コメント

なに甘っちょろいこと言ってんの?
自費出版の会社に逆らったら、徹底的に攻撃されるのは当たり前よ。
悔しいんなら、文芸社の社長の素行調査でもしてここで公表すればいいでしょう。
うちに関するいい加減な記事を書かないでください。いちいち、著者・・・獲物を攻撃するのがめんどうくさいの。

中山真由美様

あなたは幻冬舎ルネッサンスの編集者の方のようですね。大金を支払った著者を「獲物」呼ばわりとは・・・。著者が激怒するのも当然でしょうね。

中山さん、がっかりだよ。。。

私はなんだかんだ言って、あんたのことは少し同情していたのに。。。

洋子ちゃんにも、虎ノ門にも、私のブログ読者にも、みんなに私は

「戦争だの裁判だのは悲しいから、みんな笑おうよ、ねっ??」

って話していたし、洋ちゃんの過激なあなた攻撃を見て少なからず同情も沸いていたけど。

でも、著者さんを

「獲物」

呼ばわりするような方なのだと知ったら、洋ちゃんがあそこまで怒るのも無理ないのかもね。。。

中山さん。

確かに、私たちの原稿はひどいかも知れません。

拙くて、読むに耐えない小説とか、エッセイとかを読ませた挙句に、自分に都合のいい夢を押し付けるあたしたち著者も、いけないのかも知れない。

でも、福沢諭吉は言った。

「天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず」

と。

自費出版を標榜するのなら、もっと価値のないものも愛してほしい。

うんこみたいな原稿を持ってくる人にも、持ち込まざるを得ない切実な思いがある。

それを汲み取るまではいかなくても、せめて馬鹿にしたり、侮辱したりするような言動だけは謹んでいただきたいです。

幻冬舎ルネッサンスは、そういうところがダメなんです。

私は社長の小玉さんにも、N澤さんにも弁護士事務所で監禁まがい行為をされたときに言いましたよね??

「カネ返してって、いつ言いましたか?」

と。

誰にも泣いて欲しくないからこそ、おたくらに素晴らしい会社になって欲しいだけ。

それを言っているだけなのに、あなた方は自己反省もなにもないのですか??

ならば、いずれ遠からずおたくらは立ち行かなくなるでしょう。

私は遠くから見守り続けます。

すみません。。。

N澤さん、中山さんへのコメントを書いたのが誰なのか、わかりませんよね。

酒井日香です。

本人です。

何かあったら松田さんに文句を言うのではなく、私のほうにメールでも電話でもしてください。

本当に悲しいです。いろんなことがね。。。

酒井日香様

中山さんのコメントを読んで、本当に悲しくなりました。

「自費出版の会社に逆らったら、徹底的に攻撃されるのは当たり前」、「悔しいんなら、文芸社の社長の素行調査でもしてここで公表すればいい」、「いちいち、著者・・・獲物を攻撃するのがめんどうくさい」

これらの言葉がどれだけ人を怒らせ、自分自身でトラブルの解決を困難にしているのか、ご本人はおわかりになっていないのでしょうか? それともヤケになって書いているのでしょうか。

自費出版会社の方からこのような言葉が発せられるとは、本当に残念なことです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/40936277

この記事へのトラックバック一覧です: 行政書士が私の個人情報を不正に取得していたことが判明!:

« アー二ー・ガンダーセン氏の稲わら汚染に関する指摘 | トップページ | 共同出版・自費出版のトラブルと私のスタンス »

フォト

twitter

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ