« 隠されている4号機の危機的な実態 | トップページ | 危機感がないという恐ろしさ »

2011年7月 6日 (水)

原発事故に関する二つの署名

 木下黄太さんがブログで紹介している二つの署名についてお知らせしたい。

 ひとつは国際連合、世界保健機関およびすべての国際機関に対して福島第一原子力発電所の事故管理を引き継ぐ国体的、学際的チームを確立し、国連内にあらゆる手段を講じる対策チームを設置することを求める嘆願署名だ。詳しくは以下の木下さんの記事を読んでいただきたい。

世界にSOSを求める嘆願署名から分かる、「日本政府は信用されていない」は国際常識。(ジャーナリスト木下黄太のブログ)  

署名は以下から簡単にできる。

http://www.appealforfukushima.com/en  

もうひとつは放射能汚泥を肥料として流通させないための著名だ。放射能で汚染された汚泥を肥料にして全国にばら撒くなどという発想は信じがたい。

放射能汚泥を肥料として流通させないための動きもはじまっています。(ジャーナリスト木下黄太のブログ)  

署名は以下から。

http://www.shomei.tv/project-1785.html

« 隠されている4号機の危機的な実態 | トップページ | 危機感がないという恐ろしさ »

原子力発電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/40698849

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故に関する二つの署名:

« 隠されている4号機の危機的な実態 | トップページ | 危機感がないという恐ろしさ »

フォト

twitter

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ