« Macを狙うフィッシング詐欺ウイルスMac Guardに注意 | トップページ | 興信所を使って私のことを調べていた文芸社 »

2011年6月 5日 (日)

生田暉雄弁護士による最高裁の不正を追求する訴訟の呼びかけ

 日本の裁判について関心のある方なら、この国ではお上の意向を汲んだ判決を出す「ヒラメ裁判官」のことを知っていると思う。つまり、日本の裁判においては、「はじめに結論ありき」の判決を出そうとしかしない裁判官が多数いるのだ。これでは到底、公正な裁判にはならない。

 各地で行われてきた原発裁判も然り。住民側がいくら「原発は危険」と具体的な資料を提示して主張しても、国策である原子力発電にNOをつきつけられる裁判官は、この国にはほとんどいない。だから、どんなに原告が頑張っても原発訴訟は勝てなかったのだ。福島第一原子力発電の大事故で、裁判所の判断は不適切であったことが証明されたが、事故が起こらなければ裁判所の判断の誤りが証明できないなどということは異常だし、これでは何のために裁判をやるのか分からない。

 なぜこんなことがまかり通ってしまうのかといえば、それは最高裁が恣意的な人事を行うことで裁判官統制をしているからだ。その裏にあるのが最高裁の裏金だ。このままの状態が続くなら、日本国民は公正な裁判を受けることができず、永遠に泣き寝入りをしなければならない。

 この体制をなんとかしたいと闘っているのが生田暉雄弁護士だ。生田弁護士の起こした裁判については、「犯罪者に裁かれている日本国民」で紹介したが、その高裁判決が5月31日に言い渡された。判決は、予想通りの「棄却」だ。生田弁護士にしても、はじめから勝てるなどとは思っていない。しかし、それならなぜ勝ち目のない裁判をするのか・・・。

 その理由が、以下の三上さんの記事で説明されている。

最高裁をぶっとばせ!-生田弁護士の“隠し球”-(三上英次)

 つまり、次は国民一人ひとりが原告になって、「司法行政文書の開示請求訴訟」を起こそうというのが生田弁護士の提案だ。何万人もの人たちが原告となることが、最高裁の不正を追及する有効な方法だという。訴訟に参加したい方は、上記の記事より三上さんに連絡していただきたい。

 この生田弁護士が呼び掛けている集団訴訟については、以下の大高正二さんのホームページからリンクされている「違法・不正最高裁追求マニュアル」に詳しい。

【2011年6月1日ニュース】公文書公開拒否取り消し請求事件控訴棄却される

« Macを狙うフィッシング詐欺ウイルスMac Guardに注意 | トップページ | 興信所を使って私のことを調べていた文芸社 »

政治・社会」カテゴリの記事

コメント

平成24年9月3日、【最高裁判所長官(竹崎博允)】及び【広島地方裁判所裁判官(西前ゆう子)】並びに【広島地方裁判所裁判官(衣斐瑞穂)】を被控訴人とする【控訴状】を公開しました。
【事件番号:広島地方裁判所平成24年(ワ)第1191号(Casefile#003)】
http://casefiles-casefiles.blogspot.jp/

平成24年9月9日、【裁判官上田賀代(広島地方裁判所)】を被告訴人とする【告訴状】を公開しました。
【事件番号:広島地方裁判所平成24年(ワ)第800号(Casefile#004)】
http://casefiles-casefiles.blogspot.jp/

平成24年9月13日、【広島地方裁判所裁判官】による【組織犯罪】を公開しました。
【事件番号:広島地方裁判所平成23年(ワ)第2203号(Casefile#001)】
http://casefiles-casefiles.blogspot.jp/2012/09/blog-post_13.html

平成24年9月20日、裁判官宇田川基ら【広島高等裁判所公務員】による【組織犯罪(訴訟の妨害)】の手口を公開しました。
【事件番号:広島高等裁判所平成24年(ネ)第241号(Casefile#001)】
http://casefiles-casefiles.blogspot.jp/2012/09/blog-post_20.html

平成24年9月22日、【広島地方裁判所女帝裁判官(西前ゆう子)】について、【告訴状2件】を公開しました。
(1)【事件番号:広島地方裁判所平成22年(ワ)第1436号(Casefile#005)】
(2)【事件番号:広島地方裁判所平成22年(ワ)第1126号(Casefile#006)】
http://casefiles-casefiles.blogspot.jp/

平成24年9月30日、【最高裁判所長官(竹崎博允)】を裁いた【下級裁判所裁判官(衣斐瑞穂)】について、告訴状を公開しました。
【事件番号:広島地方裁判所平成24年(ワ)第1191号(Casefile#003)】
http://casefiles-casefiles.blogspot.jp/

平成24年10月6日、最高裁判所裁判官竹内行夫ら4名による【組織犯罪】を公開しました。
【事件番号:最高裁判所平成24年(ク)第996号(Casefile#001)】
http://casefiles-casefiles.blogspot.jp/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/40272895

この記事へのトラックバック一覧です: 生田暉雄弁護士による最高裁の不正を追求する訴訟の呼びかけ:

« Macを狙うフィッシング詐欺ウイルスMac Guardに注意 | トップページ | 興信所を使って私のことを調べていた文芸社 »

フォト

twitter

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ