« 脱原発デモやアクションを妨害する警察官 | トップページ | 大量に飛散したエゾマツ花粉 »

2011年6月14日 (火)

福島原発4号機はどうなっているのか?

 このところ、原子炉の状況がちっとも伝わってこない。4号機はしばしばモクモクと水蒸気を上げている。どうやら昨夜も大量の水蒸気に覆われたようだ。以下の動画は14日午前0時から1時までの様子を3分間に短縮したものだ。

 今朝、私が「ふくいちライブカメラ」を見たときも、4号機は水蒸気でほとんど見えなかった。ところが、4号機で何が起こっているのか東電は知らせようとしない。相変わらずの隠蔽だ。

 ところで、どうやら日本国民より米国の技術者の方が福島第一原発の状況を把握しているようだ。米国のフェアウィンズ・アソシエーツ社のエンジニアであるアー二―・ガンダーセン氏は、今回の福島の事故についていろいろなところで語っている。

 以下は、アーニー・ガンダーセン氏のインタビュー(日本語訳)を紹介しているブログだ。4号機のことについても語られている。

フェアウィンズアソシエーツのアー二―・ガンダーセンインタビュー:「福島原発事故はわれわれが考えるよりはるかに危険」パート1 

フェアウィンズアソシエーツのアー二―・ガンダーセンインタビュー:「福島原発事故はわれわれが考えるよりはるかに危険」パート2 

フェアウィンズアソシエーツのアー二―・ガンダーセンインタビュー:「福島原発事故はわれわれが考えるよりはるかに危険」パート3 

フェアウィンズアソシエーツのアー二―・ガンダーセンインタビュー:「福島原発事故はわれわれが考えるよりはるかに危険」パート4 

 東電が4号機について沈黙すればするほど不気味だ。とにかく建屋の倒壊だけは何としてでも防いでほしい。

 ところで、日ごろ医者にはほとんどかからない私だが、先週は耳鼻科に行った。2、3カ月くらい前からときどき耳の奥に違和感があり、頭痛や喉のヒリヒリ感もあったのだが、先週は耳の違和感が鈍痛に変わって耳元が火照り、微熱も出てきた。食器の触れあう音なども頭に響く。もしかしたら中耳炎ではないかと耳鼻科に駆け込んだ。

 医者は「耳は何でもありません」と言う。そして喉と鼻がやや炎症を起こしているので、それからくる痛みでしょうとのことだった。薬を飲んだら耳の鈍痛は改善したが、喉のヒリヒリが治まらない。こんなことは初めてだ。

 3月下旬から4月はじめにかけて1週間ほど東京に行ったものの、私が住んでいるのは北海道だから、まさか放射線被ばくによる症状ではないだろう。しかし、何とも気になって仕方ない。

« 脱原発デモやアクションを妨害する警察官 | トップページ | 大量に飛散したエゾマツ花粉 »

原子力発電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/40393481

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発4号機はどうなっているのか?:

« 脱原発デモやアクションを妨害する警察官 | トップページ | 大量に飛散したエゾマツ花粉 »

フォト

twitter

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ