« 日本が原発推進という不合理で愚かな選択をしつづけた理由 | トップページ | 3号機の爆発の真実は? »

2011年5月 3日 (火)

4月29日の小出裕章さんの講演報告

 4月29日に明治大学アカデミーホールで開催された講演会の報告記事がJANJANBlogに掲載されていた。

1200名以上が聴き入った、小出裕章氏らの講演(三上英次)

 東電も政府も今回の事故が想定外の地震や津波、すなわち自然災害に起因すると言いたいようだが、その理由はこの記事にあるように「異常に巨大な天災地変又は社会的乱災」ということにしたいのだろう。自然災害なら事故の始末は税金で賄うのだから、電力会社のリスクを減らせる。だから、電力会社は原発が危険と分かっていても推進するのだ。しかし、もろもろの事実が分かってきた今となっては、人災であったと認めるしかないだろう。

 また、以下は小出氏の昨日の「たねまきジャーナル」の話だ。どうやら水棺作戦は失敗だったようだが、東電は水位が上がらなかった理由をうやむやにしている。きちんと説明すべきだろう。4号機の燃料プールの写真が公開されたことについても語っているが、あの写真はプールのごく一部でしかないので、全体の状態を知りたいとのこと。燃料プールが破損したうえにむき出しになっている4号機も本当に心配だ。

 4号機のプールは破損し、原子炉建屋は水浸しだ。1号機から3号機も水が漏れている。1号機ではフィルターを使って建屋内の換気をするというが、おそらく原子炉建屋の地下には汚染水が溜まっているだろうし、作業は容易ではないと思われる。原子炉の状態が悪化しないことを願うばかりだ。

« 日本が原発推進という不合理で愚かな選択をしつづけた理由 | トップページ | 3号機の爆発の真実は? »

原子力発電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/39847099

この記事へのトラックバック一覧です: 4月29日の小出裕章さんの講演報告:

« 日本が原発推進という不合理で愚かな選択をしつづけた理由 | トップページ | 3号機の爆発の真実は? »

フォト

twitter

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ