« 原子力資料情報室からのメッセージ(4) | トップページ | 原発タレント文化人の責任と姿勢 »

2011年4月 7日 (木)

原発安全神話の宣伝に貢献した原発タレント文化人

 NHKの朝のラジオで「ビジネス展望」という番組があるが、3月29日の放送で内橋克人氏が「原発神話はいかに作られたか」という話しをしている(現時点では以下から聞くことができる)。

http://www.nhk.or.jp/r-asa/business.html

 また、要約は以下のサイトに掲載されている。

内橋克人「原子力安全神話はいかにして作られたか」/正当性を喪失したエリート支配層

 内橋氏はここでPA戦略について説明している。PA戦略とは、原発を社会に受け入れさせるための戦略で、以下の3つである。

1.電気事業連合会がメディアに抗議書を送り続ける。
2.小学校から高校まで授業でエネルギー環境教育という原発是認教育をする。
3.文化人を起用して、原発の安全性を宣伝させる。

 内橋氏はこの「原発文化人」の名前は挙げていない。NHKのラジオ放送では実名を挙げることなどできないだろう。私はテレビをほとんど見ないので、いったいどんな人物が原発の安全神話を宣伝してきたのか知らなかったのだが、佐高信氏が「週刊金曜日」(4月1日号)と「創」(5・6月号)で実名を挙げて批判していた。二つの雑誌に名前が挙げられていた原発タレント文化人は以下の人たちである。

 養老孟司、茂木健一郎、弘兼憲史、荻野アンナ、幸田真音、勝間和代、森山良子、渡瀬恒彦、吉村作治、蟹瀬誠一、福島敦子、星野仙一、金美齢、福澤朗

 とりわけ大学教授の経歴を持つ養老孟司氏や茂木健一郎氏の責任は大きいだろう。

 原発を推進する社会をつくってしまった責任は私たち一人ひとりにもあるのだが、しかし、原発の危険性を訴えてきた一部の良心的学者や市民の声を一切無視し、PA戦略なる騙しの手法を用いて原発を推進してきた「原発ムラ」の責任こそ重大だ。市民はむしろ「騙されていた」のであり、「騙していた」連中の方がよほど責任が重い。

 しかし国民も、「騙されていた」といって責任をなすりつけているだけでは何も問題は解決しない。こんな国に生きている以上、騙されないように最大限の努力をしなければならないだろう。

【訂正のお知らせ 4月10日】
 C・W・ニコル氏の名前を挙げたことについて、財団法人CWニコル・アファンの森財団から「原発の推進に協力などはまったくの事実誤認」であるとの連絡を受けるとともに、誤解を生んだと推測される仕事についてご指摘がありました。したがって、C・W・ニコル氏の名前を削除しました。ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

【追記 4月10日】
財団法人CWニコル・アファンの森財団からの文書を以下に掲載しました。
C・Wニコル氏に関する訂正とお詫び

« 原子力資料情報室からのメッセージ(4) | トップページ | 原発タレント文化人の責任と姿勢 »

原子力発電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/39526147

この記事へのトラックバック一覧です: 原発安全神話の宣伝に貢献した原発タレント文化人:

» 星野監督は原子力発電啓蒙のCMに出ているんですけど [非日乗的日乗inowe椅子人blog]
前回前前回のセリーグ野球開催日の迷走が結局パ・リーグと同じ日になりました。わたくしは讀賣関係に対する嫌悪感は否定しない。またプロ野球界の体質がああだこうだともここで論じるつもりはない。 何故かひっかかる。しっくりしなかった。昨日理解った。 楽天の星野監督…... [続きを読む]

« 原子力資料情報室からのメッセージ(4) | トップページ | 原発タレント文化人の責任と姿勢 »

フォト

twitter

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ