« 日本環境法律家連盟が電力会社を相手に公害調停 | トップページ | 抗うつ薬に頼る治療はいい加減にやめるべき »

2011年3月 4日 (金)

入試問題投稿事件から何を考えるべきか

 ここ数日、ある予備校生が携帯電話を使ってインターネットの質問サイトに入試問題を投稿した事件がトップニュースとなっている。しかし、入試のカンニング事件をトップニュースとしてこれほどにまで大々的に報道する必要があるのだろうか? この受験生の行為はもちろんやってはならないことだが、それにしても連日大きく放送するほどのニュースとは思えない。マスコミはなぜこれほどまでに大騒ぎするのだろうか。

 カンニングなどというのは昔からあったし、替え玉受験などというのもあった。しかし、そのようなことはもちろんトップニュースにはならないし、不正が発覚したなら大学が独自に調査し対応したので全国に知れ渡るような騒ぎにはならなかった。

 今回の不正はインターネットを利用した特殊な方法であり、不正をした受験生を速やかに特定するためにはプロバイダにIPアドレスの提示を求める必要があったとはいえ、刑事事件にまでしなければ解決方法がなかったとは思えない。刑事事件にまで発展したことで、この受験生の今後の大学進学は極めて困難になるだろうし、ひとりの若者の将来に致命的ともいえる禍根を残してしまった。本人は深く反省しているそうだが、この騒ぎによって受けた心の傷は大きいに違いない。マスコミはあまりにも無神経だ。これを引き金に深刻な精神状態にならないことを願いたい。

 今回の不正は、どうしても入学したいという単純な動機からだったようだ。彼は、こんな不正を考えるほど追いつめられていたということだろう。私は、この事件で考えるべきことはこの受験生の行為というより、大学入試のあり方だと思う。

 日本では大学入試のハードルが高く、卒業のハードルはきわめて低い。このために少なくとも中学以降は入学試験をクリアするために勉強しているといっても過言ではない。試験でいい点をとることが勉強なのである。教師も生徒も入試に振り回され、人生のうちでも多感な青春時代に、クラスメートや友人との競争を強いられているのが現実だ。これでは、自ら好奇心をもって知識を吸収したり、自分で考える力を身につけるような学びはできない。

 こんな状態だから、大学に入学することが目的となり、そこで何を学びたいのかがはっきりしない生徒も多い。自分の学びたい分野というより、自分の学力レベルで大学を選ぶと者も多いというから驚きだ。入試が目的になっているから、大学入学という目的を果たしてしまったら、部活動やアルバイトに忙しく学業がおろそかになる学生も少なからずいる。第三者から見たら何のために大学に行くのかと思うことすらある。大学は学びの場という以上に、就職の先延ばしとして利用されている側面もある。

 入学試験以上に卒業を厳しくしたなら、おそらくこんな状況にはならないだろう。高い学費を払って大学に行っても、専門知識を活かしたり自分で物事を考え行動することもできないのであれば、何のための高等教育なのかということにもなる。

 それともう一つ、学生も一流大学に入ることだけを目的にするのはやめたほうがいい。もちろん、親も自分の子どもに過剰な期待をかけるべきではない。学ぶ=一流大学に入学する、ということではない。一流大学ではなくても、すばらしい研究をしている教員、人間として優れている教員はいくらでもいるだろう。逆に、一流大学の教員がみな優れているというわけでもない。本人にやる気があれば大学の名前など関係はないし、著名な大学を卒業したからといって、将来が保障されているわけでもない。大学名で大学を選ぶというのはナンセンスだ。家庭の事情などで進学したくてもできない若者もたくさんいる。出身大学や学歴で人間を評価したり判断するのも馬鹿馬鹿しい。

« 日本環境法律家連盟が電力会社を相手に公害調停 | トップページ | 抗うつ薬に頼る治療はいい加減にやめるべき »

教育」カテゴリの記事

コメント

宇宙の成り立ち、古代文明の有様、外国の実情などを知る場合にも、我々は英語を使わなくてはならない。
外国人が我々日本人を理解する場合にも、英語を通して行われている。かな・漢字を通して理解されているわけではない。
だから、英語は、我々にとって単なる一外国語ではなく、とりわけ重要な国際語というにふさわしい情報交換の手段となっている。

英語圏に行けば、片言の英語でも通じる。暮らしてゆける。
完全な英語でなくても、英語環境がととのっているから通用するのである。
英語環境がととのっていれば、そのうちに、英語も上達する。

我が国においては、どんなに英語が堪能であっても就職先に困る。
それは、人々が英語を使わないからである。これでは、暮らしがなりたたない。

日本の学校で6年間英語の授業を受けてもまず話せるようにならないのは、英語環境がととのはないからである。
一歩学校の外に出ると英語を使わないのでは、せっかく習った英語も錆ついてしまう。
日々の学習努力も賽の河原の石積みとなっている。

日本の学生のために英語環境を整えることが、語学力を増すことにつながると考えられる。
それには、英語を我が国の第二公用語にするのがよい。
国民も政治指導者も、英語の使用を日本人のあるべき姿と考えることが大切である。

国際社会において、我が国を代表する政治家にも英語の堪能さが見られない。
日本語のみを使用する社会において、実用にならない言語の学習は空しいばかりである。それにもかかわらず、我が国においては英語教育に名を借りた序列争いばかりが激しく行われている。
英語の学習を民間に奨励するだけでは充分ではなく、英語を習得したことに対する国家の強力な報奨(incentive)が必要であります。
英語を実用の言語とする政治指導者のさきを見据えた努力が大切です。
たとえば、公務員採用試験に英語の能力にすぐれた人物に優遇処置を施すなどの法的裏づけなどが効果的でありましょう。

英米人には、手先・目先の事柄に神経を集中する特技は得られないようである。かれ等は、生涯、歌詠みにはなれないでしょう。
日本人には、英語を使って考えることはきわめて難しい。しかし、これは不可能ではない。全員ではないが、知識人には為せばなる学習であると私は考えています。
わが国民の作る細工物は出来栄えが良い。なおその上、英米流の哲学にも良き理解を示す民族となれば、未来の日本人は鬼に金棒ということになるでしょう。
だから、英語を我が国の第二の公用語とすることには大きな意義があります。実現の暁には、我が国民のみならず、世界の人々に対しても大きな未来が開けることと考えられます。

一見我が国は教育大国を目指しているようであるが、大人の教育はない。つまり、子供が大人になるための教育はない。
我が国においては、教育といえば子供の教育のことを指している。目先・手先のことのみを述べる人は、子供のようである。
大人には考える教育が必要です。一人一人に哲学が必要です。
現実と非現実の間に区別を置くことなく語る人の内容には意味がない。だから、日本の知識人には価値がない。

「感情的にならず、理性的になれ」と国民に訴える指導者がいない。
「国民の感情に反する、、、、、」と言うのでは、主張の論拠にならないが、それのみを言う。
感性 (現実) あって理性 (非現実) なし。我が国は、一億総歌詠みの国にとどまっている。

大学生は入学しても、キャンパスで4年間遊んで過ごすことになる。
無哲学・能天気の大学生は、平和ボケ・太平の眠りの中にいる。
「入学を易しく、卒業を難しく」というような教育方針は現状を観察すれば空しい限りである。

日本人は、国連中心主義が好きなようだ。
国連の議場で世界の人々を説得するためには、自己の言葉が冴えわたる必要がある。
議論のできない人があえて国連中心主義を唱えるのは、自己の他力本願を表明するための手段ということになるのであろうか。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

あなたは上記コメントのサイト管理人である寺嶋さんですか? そうであれば、コメントにハンドルネームをお使いになるのはいかがなものでしょうか。なお、私は英語教育について意見を述べているのではありません。受験競争のための学習ではなく、真の学力や考える力をつける学習が必要だといっているのです。勘違いなさらないように。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/39102699

この記事へのトラックバック一覧です: 入試問題投稿事件から何を考えるべきか:

» 大学入試と不正行為,のつづき [高知に自然史博物館を]
  携帯電話を使って大学入試で不正行為をしたというニュースについて,もう少し書いておこう. 「どこへ行く日本,政治に無関心な国民は愚かな政治家に支配される」http://ameblo.jp/w... [続きを読む]

« 日本環境法律家連盟が電力会社を相手に公害調停 | トップページ | 抗うつ薬に頼る治療はいい加減にやめるべき »

フォト

twitter

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ