« 最悪の事態に備えて情報収集、判断を | トップページ | 大震災、原発事故さえ食い物にする資本の論理 »

2011年3月21日 (月)

原発に反対する理由

 以下の小出裕章さんの講演の記事をぜひ多くの人に読んでいただきたい。2007年当時のものなので若干いまとは異なっている部分もあるが、それほど大きな違いはないと思う。

これ以上のエネルギー消費拡大は犯罪 原発がすべて止まっても決して停電は起きない

 チェルノブイリの原発事故では、広島原爆の約800発分の「死の灰」が放出されたとのこと。今回の福島第一発電所の事故は、最悪の事態となった場合、チェルノブイリの何倍もの汚染になる。それだけでも、どんなに恐ろしい事故であるかが分かる。

 使用済み核燃料の再処理工場は、たとえ事故が起きなくても膨大な放射能を環境に放出しているのだ。日本の原発は「トイレのないマンション」と言われているが、そんな生易しいものではない。放射能発生装置であり、それを貯め続けているのが実態だ。

 そして、小出氏は「すべての原発が停止しても電力供給には何の問題もありません」という。日本の原発をすべて停止して火力発電で代替しても、火力発電の稼働率は7割にしかならないそうだ。もちろん火力発電は化石燃料を消費し二酸化炭素を排出するという問題はあるが、これは徐々に自然エネルギーやバイオマスに変えていくしかない。

 原発が海水をかなり温めていることは知っていたが、100万キロワットの原発1基で、1秒間に70トンもの海水を7度温めるというのだから、大変な環境破壊装置だ。

 小出氏は、贅沢をしなければ1970年代よりはるかに豊かな生活が可能だという。これは恐らく物質的に豊かとか便利というだけではなく、精神的にも豊かで健康的な生活だろう。エネルギーをふんだんに使っている今の社会は一見豊かに感じられるが、それはたぶん錯覚というものだ。生物である人間にとっての真の豊かさとは、私たちを取り囲む自然が健全であってのものだ。自然を破壊し搾取しつづける人間のありようは「豊か」とは正反対のものだ。自然に逆らうことを続けていたら、自滅が待ち受けているだけだろう。

 小出さんの話は、私たちが目指すべきものを教えてくれる。

« 最悪の事態に備えて情報収集、判断を | トップページ | 大震災、原発事故さえ食い物にする資本の論理 »

原子力発電」カテゴリの記事

コメント

署名運動していないかと探していてここにありました。
有難うございます。
あまり見る人もいないブログですが、紹介させて頂きました。

ブログを書かれている方は、どんどん広めてほしいと思います。国民ひとりひとりが意思表示しないと、この国は何も変わらないと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/39309460

この記事へのトラックバック一覧です: 原発に反対する理由:

« 最悪の事態に備えて情報収集、判断を | トップページ | 大震災、原発事故さえ食い物にする資本の論理 »

フォト

twitter

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ