« 原発事故緊急情報 | トップページ | 原発事故の不都合な真実を隠し続けていた政府 »

2011年3月16日 (水)

放射能汚染の危機

 福島第一原子力発電所の事故については、日本のマスコミよりドイツのほうがきちんと報道している。以下のシュピーゲルのサイトに福島原発から風にのって運ばれる放射能の拡散シュミレーションが掲載されている。風向きによっては関東地方も直撃している。

http://www.spiegel.de/panorama/bild-751072-192309.html

 もし最悪の事態になったなら、日本の広範囲が放射能に汚染される。そうなる可能性は日に日に高まっている。国民はそのことを知っておくべきだ。

 また、放射線被曝については以下のサイトが参考になる。

よくわかる原子力

 原子力に反対してこられた高木仁三郎さんの最後のメッセージを、私たちは噛みしめなければならない。社会の発展のために原子力が必要だという考えは人間の驕りだ。原子力を使わない社会をつくっていかなければならないのだ。原子力なしでの生活などそれほど難しいことではない。ほんの数十年前はそうだったのだから。

友へ 高木仁三郎からの最後のメッセージ

 原子力資料情報室では、随時、今回の事故についての情報発信をしている。過去の動画も見られるので、多くの方に見ていただきたい。

原子力資料情報室 

« 原発事故緊急情報 | トップページ | 原発事故の不都合な真実を隠し続けていた政府 »

原子力発電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/39252359

この記事へのトラックバック一覧です: 放射能汚染の危機:

« 原発事故緊急情報 | トップページ | 原発事故の不都合な真実を隠し続けていた政府 »

フォト

twitter

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ