« 神戸の酒鬼薔薇事件の冤罪問題を封印してはいけない | トップページ | 石狩川源流部違法伐採合同調査での林野庁のおかしな説明 »

2010年10月15日 (金)

ニセアカシア植栽の諸問題

 先日、「札幌市のニセアカシア植樹の撤回を求める署名活動のお知らせ」という記事を書きましたが、この問題に関連し、ニセアカシア(ハリエンジュ)についていくつかの情報をいただきましたので、紹介させていただきます。

1.ハリエンジュハベリマキタマバエの問題
 ニセアカシアにつくハリエンジュハベリマキタマバエという外来種の害虫が本州から入り込み、数年で全道に広がってしまったそうです。ニセアカシアと同じ、北米原産とのこと。このハエはニセアカシアの葉の縁を巻いて虫こぶをつくり、幼虫がその中で成長します。このハエがつくと多くの葉が変形・変色または脱落するとのことですので、景観上の問題も生じるでしょう。また、札幌市では被害木の下の道路に多数の幼虫が落下してうごめき、飲食店のある道路沿いの街路樹などは不快害虫として問題になったそうですから、街路樹として植えた場合、通行人にウジ虫が降りかかることになるでしょう。

 詳しくは以下を参照してください。

最近、北海道で樹木被害が確認された外国からの侵入害虫(光珠内季報) 

2.樹木の毒性
 ニセアカシアには植物全体にシアナミドという毒性物質が含まれているそうです。シアナミドは植物・昆虫・微生物の生育阻害活性があるとのことで、生態系への影響が懸念されます。

 詳しくは以下を参照してください。

要注意外来植物ハリエンジュにもシアナミドが含まれる 

3.風倒に弱い
ニセアカシアは強風で倒れやすい、枝が折れやすい、寿命が短い、刺があるという特徴があります。街路樹が風倒被害にあえば、通行人や車への影響も大です。ですから、街路樹として適している樹木とは思えません。

 どうして、いまどき要注意外来植物でさまざまな問題のある樹木を街路樹にしようなどという計画が持ち上がるのでしょうか? 時代錯誤としか思えない計画です。

« 神戸の酒鬼薔薇事件の冤罪問題を封印してはいけない | トップページ | 石狩川源流部違法伐採合同調査での林野庁のおかしな説明 »

外来種」カテゴリの記事

コメント

国交省も札幌市もなぜ、こんなに愚かな政策決定をするのでしょうか、その原因を教えて頂けませんか。
ただただBakaということに尽きるような気がしていますけど。

ホンモノアカシア様

なぜこんな時代錯誤の植樹をしようとするのか、私も理解に苦しみます。きちんと問題点を調べず、思いつきのような発想で計画したのではないでしょうか。

じつは、私は彼等がただのBakaとは思っていませんのです(笑)。
納税者・市民の利益に反する、何がしかの利権、利益、思惑があると考えています。
私たちの社会的経験では、行政のおかしな政策決定には、そうした利権が外部からもたらされてきた例が少なからずありましたね。
政策決定までの過程では、その分野での経験と知識を持つ人達の検討がなされているのですから、今回の問題についても、それなりの問題の指摘があったはずです。
しかし、それを否定、矮小化、無視という力が決定権がある上部で働いていれば、現場、実務者のレベルでは、それを覆すことが出来ません。
これこそ内部告発でもなければ、知ることが困難と思われます。
でも、もしかして本当にただのBakaな話なのかもしれませんけど(笑)。
多くの国民市民が、即時に意味を理解できない外来語の氾濫を正すべく、高齢者や子供にとっても分り易い日常的な日本語に置き換える例を提示するなどした国の指針がありますが、これに反した札幌市広報での、一般市民の思いを無視した、自己満足的で軽薄極まる外来語の乱用を目にして、以前、これを改めるように市長や、広報係までメールをしてみましたが、ご存知のとおり今でも相変わらず「カタカナ症候群」が蔓延していますから、症状の程度は重度と思っているんですヨ(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/37246429

この記事へのトラックバック一覧です: ニセアカシア植栽の諸問題:

« 神戸の酒鬼薔薇事件の冤罪問題を封印してはいけない | トップページ | 石狩川源流部違法伐採合同調査での林野庁のおかしな説明 »

フォト

twitter

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ