« 森林生態系保護地域拡大で無視されたパブリックコメント | トップページ | 福田君の弁護士さん、いくらなんでも暴走ではありませんか? »

2010年9月14日 (火)

八ッ場ダムで暴かれた過大な基本高水流量

 ダム問題に取り組んでいるジャーナリストのまさのあつこさんの以下のブログ記事をお読みください。

暴かれた国交省のウソ

 八ッ場ダムの基本高水流量を算出する際の係数が、実態とはかけ離れた低い数値になっており、基本高水流量が過大だったとのこと。まさのさんも書かれていますが、簡単に説明しましょう。

 山に降った雨は、樹木や林床の植物、落ち葉、土壌などに貯留されます。そして飽和状態になった土壌の水分や、地表をそのまま流れくだった雨水は河川に流入することになります。流域が森林でおおわれていれば、飽和雨量は大きくなって、河川への流出が少なくなりますが、裸地のようなところでは飽和雨量は少なくなり、河川への流出が大きくなるのです。

 八ッ場ダムの流域は森林でおおわれています。ところが、基本高水流量を算出する際に、森林ではなくハゲ山のような過小な飽和雨量を用いていたということが分かったのです。ですから、大雨が降れば一気に河川に雨水が流出するという計算になっており、これによって基本高水流量が過大になっていたのです。

 これについては、「八ッ場ダムをストップさせる埼玉の会」のサイトに掲載されている以下の意見書で詳細に検証されています。

治水問題の意見書 

治水問題の意見2

 国交省の基本高水が過大であるという指摘は、これまでもしてきました。

開発局の過大な基本高水流量 

十勝川水系河川整備計画への意見はどうなるのか

 上記の記事に書いたような手法のほかに、このような飽和雨量の誤魔化しもしていたわけです。

« 森林生態系保護地域拡大で無視されたパブリックコメント | トップページ | 福田君の弁護士さん、いくらなんでも暴走ではありませんか? »

河川・ダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/36734075

この記事へのトラックバック一覧です: 八ッ場ダムで暴かれた過大な基本高水流量:

« 森林生態系保護地域拡大で無視されたパブリックコメント | トップページ | 福田君の弁護士さん、いくらなんでも暴走ではありませんか? »

フォト

twitter

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ