« トムラ三原則を反故にしてトンネル工事を強行した北海道電力 | トップページ | クスサンが目につく今年の夏 »

2010年8月31日 (火)

奥日光のシカ食害とクリンソウ

 奥日光のミズナラの巨木の記事でも触れましたが、西ノ湖から千手ヶ浜までの林床の様子には驚きました。かつてこのあたりはササに覆われていたらしいのですが、今はササは全くありません。一番目立つ植物はシロヨメナで、林床全体がシロヨメナで覆われているところもあります。このシロヨメナはシカが食べないのだそうです。食害のひどいところでは、ほとんど裸地化しています。あまりにもスカスカな状態で、とても日本の森という雰囲気ではありません。

P10109141

 西ノ湖から千手ヶ浜への遊歩道を歩いていると、黄色い花の群落が見えました。マルバダケブキ(下の写真)です。これもシカが食べないそうです。キオンも咲いていましたが、キオンもシカは食べないのでしょう。

P10109212

 奥日光のシカは冬には標高の低いところに移動するとのことですので、主に夏にササを食べたのでしょうか。北海道でもエゾシカが増えましたが、ササを食べるのは普通は冬です。餌のとぼしい冬に雪を掘ってササを食べたり樹皮を齧ったりしますが、夏にはまずササは食べません。奥日光ではシカの食害が深刻だという話しは聞いていたものの、これほどまでササが消えているとは思いませんでした。

 千手ヶ浜のあたりはハルニレが多く、ハルニレの樹皮を好むシカがこのあたりに集まってきたようなのですが、それにしてもこれほど大面積にササがなくなってしまうとはちょっと驚きです。今回は西ノ湖の近くで雄のシカを一頭目撃しましたが、近年はシカの数は減ってきているようです。

P10109053

 ところで、千手ヶ浜といえばクリンソウの群落が広がっていると、8月18日に放映されたNHKの「ちょっと変だぞ 日本の自然 大ピンチふるさと激変スペシャル」で紹介されていました。クリンソウもシカが食べないので広がっているというのです。しかし、その番組に出てきたクリンソウの花を見て驚いてしまいました。白やピンクの濃淡の花は、野生のクリンソウの花の色ではありません。園芸種を誰かが持ち込んだものが、増えてしまったのでしょう。今はすっかり千手ヶ浜のクリンソウが有名になり、観光客が観賞や写真撮影のために大勢訪れるそうですが、国立公園の中に外来種が繁茂しているのであれば駆除すべきです。ところがそういう声はちっとも聞こえてきません。

 環境省はエゾシカの食害で苦慮しているようですが、外来種の除去には関心がないのでしょうか? この番組では宮城県石巻市でアサリに壊滅的な被害を与えているサキグロタマツメタという外来種の貝のことも報じていました。同じ外来種なのになぜクリンソウのことは外来種として報じないのか? まったくもって不思議です。もはや観光資源となってしまっているクリンソウを駆除すべきだと報じたら、クレームがくるからでしょうか?

« トムラ三原則を反故にしてトンネル工事を強行した北海道電力 | トップページ | クスサンが目につく今年の夏 »

自然保護」カテゴリの記事

コメント

猪や鹿などの獣害対策に日本オオカミ協会ホームページの"Q&A"にあるように狼の導入を! http://japan-wolf.org/content/faq/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/36466001

この記事へのトラックバック一覧です: 奥日光のシカ食害とクリンソウ:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/09/01 09:07) [ケノーベル エージェント]
石巻市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« トムラ三原則を反故にしてトンネル工事を強行した北海道電力 | トップページ | クスサンが目につく今年の夏 »

フォト

twitter

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ