« 映画「別れの曲」に込められたショパンの想い | トップページ | 小さな街の書店のゆくえ »

2010年7月11日 (日)

米軍基地は保養施設

 ジャーナリストの三宅勝久さんが、普天間問題の取材で2週間ほど沖縄に行ってきたそうで、You Tubeに「三宅勝久の普天間リポート」と題して、山岡俊介さんによるインタビューがアップされています。

 普天間基地のすぐ横に幼稚園とか小学校があり、住民は、いつ堕ちてくるかわからないという危険や不安にさらされているとか、頭がおかしくなったり難聴になるほどのすさまじい騒音についても語られています。本土では考えられないですね。

 辺野古の沖合に移設するという案は、ゼネコンと砂利屋の利権の問題だとか、基地の地代をめぐる問題にも言及されています。そして、沖縄の人たちは「思いやり予算をやめたら、みんな帰るだろう」「米軍基地は保養施設だ」などと言っているとか・・・。それこそ沖縄の人たちの本音なのでしょう。思わず、そうだそうだと頷いてしまいました。

 鳩山前首相の普天間問題での対応には、本当に失望しましたが、とにかくマスコミ報道からは沖縄の実態とか、沖縄の人たちの本心、基地にまつわる利権などが見えてきません。ぜひ、以下の動画を見て実態を知り、問題点について考えていただけたらと思います。

« 映画「別れの曲」に込められたショパンの想い | トップページ | 小さな街の書店のゆくえ »

政治・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/35714020

この記事へのトラックバック一覧です: 米軍基地は保養施設:

« 映画「別れの曲」に込められたショパンの想い | トップページ | 小さな街の書店のゆくえ »

フォト

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ