« エコキャップを美談にするマスコミの危うさ | トップページ | ダム見直しへの期待と補償問題 »

2009年9月18日 (金)

民主党の公約違反とメディアの圧力

 民主党の発足と同時に、インターネットで飛び交っているのが鳩山総理の公約違反への批判。

 というのも、鳩山氏は「政府の記者会見をすべてのメディアに開放し、既存のマスメディアの記者クラブ権益を剥奪する」など、いくつかのメディア改革をマニフェスト発表の記者会見で明言していました。ところが、この「メディア改革」について、不都合な大手マスコミは黙殺してしまったというわけです。さすが、大手マスコミです。

神保哲生:検証・民主党政権で日本はどう変わるのか!<第5回>大手メディアが決して報じない、「メディア改革」という重要政策の中身

「記者クラブ開放」で日本のジャーナリズムは変われるか? 

に政府の記者会見を解放する」という民主党の公約は早くも裏切られてしまったのです。いやはや・・・。

「記者クラブ談合」を民主党は温存するのか 

 記者クラブ問題を追及してきたジャーナリストの上杉隆氏や、ビデオジャーナリストの神保哲生氏も、以下のように語っています。

非記者クラブメディアを排除した鳩山首相初会見への落胆

なぜ記者会見がオープンでなければならないのか

 見逃してはならないのは、今回の公約違反の裏には、記者クラブに加盟する既得権メディアによる民主党への凄まじい裏工作の圧力があり、党内守旧派によって公約が握りつぶされたということです。これについては以下の山口一臣氏のサイトに詳述されています。

新聞が書かない民主党の「公約破り」 

 民主党の掲げる税金の無駄遣いの見直しや脱官僚政治には大いに期待したいところですが、それと同時に大きな改革が望まれるのがメディアです。まあ、この国の大手マスコミときたら、政府の広報紙ではないかと思うような状況ですから。そのメディア改革の公約が、メディアの圧力によってはかなくも出だしから破られてしまったことに落胆せざるをえません。

 それにしても、マスコミが圧力をかけるという現実、そしてそれに屈してしまう民主党というのは何なのでしょうか。記者クラブにしがみついていたいがために圧力をかけるマスコミは、日本の恥と堕落の象徴のように見えてきます。日本のマスコミがまともになる日はくるのやら・・・。日本の新聞は世界のメディア界でも異色だそうです。

米国記者が語る「つまらない新聞が多量に売れる日本の不思議」

« エコキャップを美談にするマスコミの危うさ | トップページ | ダム見直しへの期待と補償問題 »

メディア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/31426435

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の公約違反とメディアの圧力:

« エコキャップを美談にするマスコミの危うさ | トップページ | ダム見直しへの期待と補償問題 »

フォト

twitter

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ