« 越境伐採の隠蔽工作? | トップページ | ガラス蜘蛛とメーテルリンク »

2009年2月16日 (月)

やっぱり次々商法では

 ちょっと古いのですが、こんな記事を見つけました。

「自費出版」は美味しい商売! 

 お断りしておきますが、この方の意見に私が賛同しているというわけではありません。自費出版であっても、中には商業出版と変わらない編集をしている本もあるでしょうし・・・。

 ただ、ここに紹介されている事例って、次々商法ではないでしょうか。販売の費用って、会社持ちのはずでは? 本の仕様が変われば費用が変わるのはわかりますが、それにしてもこういうやり方は悪質でしょう。最初の見積もりってどうやって計算していたのか? この記事、契約した著者の心理も伝わってきますねえ。

 今はこんなことをやっていなければいいのですが・・・。

 余談ですが、「えりもの森裁判」で札幌に出かけた際、とある文芸社の提携書店に立ち寄ってみました。すると、文芸社の専用棚の上に例の「自費出版失敗しないための心得」が置かれていました。なんで文芸社の専用棚の上なんでしょうね? 文芸社の棚には、相変わらず「売れるのか?」と大いに疑問に思う本が並んでいましたが・・・。

« 越境伐採の隠蔽工作? | トップページ | ガラス蜘蛛とメーテルリンク »

共同出版・自費出版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/32685764

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり次々商法では:

« 越境伐採の隠蔽工作? | トップページ | ガラス蜘蛛とメーテルリンク »

フォト

twitter

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ