« 渡辺勝利氏への反論 第1弾 | トップページ | 渡辺勝利氏への反論 第2弾 »

2009年2月 3日 (火)

太陽光発電と環境産業

 政府は地球温暖化防止のために自然エネルギーの利用を進めようとしており、家庭での太陽光発電にも補助金を出すようになりました。地球温暖化、環境問題、化石燃料の枯渇…どれをとっても自然エネルギーの利用を進めていかなければならないのは自明です。

 で、わが家にもしつこく電話がありました。太陽電池のメーカーである京セラからです。でも、その勧誘はかなり驚きのものでした。なんだか設置者を錯誤させて契約させようとしているのではないか…とも受け取れかねないものです。JANJANにこの体験を投稿しました。

太陽光発電の勧誘と問題点 

 まあ、メーカーにとっては契約さえとれればいいのでしょうけれど、環境問題にかこつけてこんな勧誘をやっていたならそのうち契約者からクレームがきて問題になるのではないでしょうか?

 私の記事の最後にリンクされている関連記事を読むと、補助金制度もいろいろ問題があるようです。まずは電力会社への売電価格の保証を優先すべきなのかもしれません。

 太陽光発電を広めていくのはもちろん非常に重要なことですが、どうもこの国の政策はあくまでも企業にやさしくしているようで、基本的な姿勢に問題がありそうです。

« 渡辺勝利氏への反論 第1弾 | トップページ | 渡辺勝利氏への反論 第2弾 »

環境問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/32684570

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽光発電と環境産業:

« 渡辺勝利氏への反論 第1弾 | トップページ | 渡辺勝利氏への反論 第2弾 »

フォト

twitter

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ