« ダムに殺された然別川(2) | トップページ | 理解できないNHK »

2008年11月28日 (金)

柴田晴廣氏の行方

 このブログに執拗にコメントをいれて誘導尋問のような質問をしたり、誹謗発言をした柴田晴廣氏ですが、文芸社との癒着疑惑を指摘された途端、私やαさんの質問を無視してトンズラです(この件に関しては、「魑魅魍魎の共同出版批判者」「共同出版のビジネスモデルは未完成」をお読みください)。

 このブログから逃げ出した柴田氏は、共同出版問題ではダンマリを決め込むのかと思っていたら、文芸社ビジュアルアートで出版された方のブログに、10月下旬にコメントをしているのです。

http://blogs.yahoo.co.jp/mamo_land/26532892.html 

 この記事のコメントで柴田氏は以下のようなことを書いています。  「著者が製作費(実際にはそれ以上だが)負担、書店流通のいわゆる共同出版をmamoruさんが選択したのは最良ではなかったと自覚していることだけは伝わってきます」  著者が製作費を負担するという契約でありながら、製作費以上を請求されていることを指摘しているのです。これを読めば、小学生だって契約違反の請求をしていることが理解できるでしょう。私もずっとこのことを指摘してきました。

 しかし、柴田氏はこの水増し請求自体を決して問題にはせず、常に契約した著者に責任を転嫁するのです。柴田氏のコメントは、文芸社に批判的な立場であるように感じさせるのですが、肝心な水増し請求については決して問題にしません。実に不思議です。

 ところで、同じ方の以下の記事のコメントを見るとわかるのですが、柴田氏は文芸社の著者のブログを実によくチェックしているんですね。普通の人は、いくら共同出版に関心があるといっても、こんなにこまめに共同出版した人のブログをチェックするでしょうか?

http://blogs.yahoo.co.jp/mamo_land/19388958.html 

 私には、まるで「ネット対策係」ではないかと思えてしまうのです。名前を出して自分のサイトにリンクさせ、文芸社に批判的な論調のコメントをしていれば、文芸社の関係者だと怪しむ人はいないでしょう。

*この記事へのコメント 「com081128.doc」をダウンロード  

« ダムに殺された然別川(2) | トップページ | 理解できないNHK »

共同出版・自費出版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/28724823

この記事へのトラックバック一覧です: 柴田晴廣氏の行方:

« ダムに殺された然別川(2) | トップページ | 理解できないNHK »

フォト

twitter

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ