« 北海道は大規模林道中止の決断を! | トップページ | ヤンバル問題ふたたび »

2008年8月 3日 (日)

巨大なウスタケ

 先日、大雪山国立公園の皆伐地に調査に行ったときのことです。

Usutake  作業道の脇の林床に、巨大なキノコの一群を見つけました。とても大きなキノコでしたので近づいてみると、傘がそっくり返って漏斗型をしています。そして中央が深くくぼんだ傘には水がたまっているのです。

 キノコの傘といえば、たいていは雨傘のような形、あるいは平たい形ですね。傘がオチョコになっているキノコも時々ありますが、このキノコはその典型ともいえるでしょう。家に帰ってから調べると、どうやらウスタケのようです。

 漏斗状の傘を天に向けて雨乞いしているかのようなウスタケ、ちょっと面白かったので記念に撮影しました。

« 北海道は大規模林道中止の決断を! | トップページ | ヤンバル問題ふたたび »

菌類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/32641492

この記事へのトラックバック一覧です: 巨大なウスタケ:

« 北海道は大規模林道中止の決断を! | トップページ | ヤンバル問題ふたたび »

フォト

twitter

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ