« 青いクモ | トップページ | 沖縄の凄まじい森林伐採 »

2008年4月 1日 (火)

幻想的な幻日

 昨日は上湧別町まで足を伸ばしました。途中で遠軽町を通っていくのですが、遠軽町の駅のすぐ近くにはとても奇怪な岩が聳え立っています。「がんぼう岩」といわれるこの岩は、約730万年前に噴出した安山岩質火山角礫岩とのことで、この町のシンボル的存在です。

 アイヌ語では、この岩は「インカルシ」と呼ばれているそうで、「見晴らしのよいところ」という意味だそうです。インカルシからエンガルという町名になったようです。

 こんな岩があったら、やはり登りたくなってしまうものです。この巨岩の麓には「太陽の丘えんがる公園」があり、そこから簡単にこの岩に登ることができるので、帰りにちょっと寄ってみようと車の方向を変えたところ目の前の空に不思議な光景が出現しました。

Genjitu  沈みかかる太陽の近くに赤い光りが見えるのです。よく見ると太陽の左右に光があり、その光は虹のように太陽に近いほうが赤っぽく、外側に向かって淡くなっています。遠くから見るとまるで太陽が3つあるかのような不思議な光景です。「太陽の丘」公園に行って太陽の不思議な現象を見てしまったのですから、なんとも偶然です。

 これは幻日(げんじつ)という現象です。この光りは太陽の片側にしか見えないこともあるそうですが、昨日は条件がよかったのか両側に綺麗に見えました。よく見ると左右の光は半円を描いて繋がっているようです。幻日とは、ウィキペディアによると「太陽と同じ高度の太陽から離れた位置に光が見える大気光学現象」とのことですが、やはりこういう自然現象というのはなにやら神秘的ですね。

« 青いクモ | トップページ | 沖縄の凄まじい森林伐採 »

地学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/32482168

この記事へのトラックバック一覧です: 幻想的な幻日:

« 青いクモ | トップページ | 沖縄の凄まじい森林伐採 »

フォト

twitter

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ